FC2ブログ
 
  

若きヴァイオリンの逸材・・・日下紗矢子&ペーター・ブルンズ デュオ・リサイタル@横浜市磯子区民文化センター杉田劇場 2015.7.25

最近、名前を見ること多いヴァイオリニストの日下紗矢子の演奏を一度、聴いてみようと思って、チェロとのデュオリサイタルに足を運んでみました。聴いてみた結果、その卓抜した演奏にすっかり魅了されました。まず、テクニックがしっかりしていること、これは当たり前かも。芸大を首席で卒業し、読売日本交響楽団のコンミスをやっているほどですからね。それに安定した演奏・・・音楽を十分に把握していることをうかがわせます。そして、最大の美点は超高音の響きの美しさです。ヴァイオリンはやはり、これが一番のポイントですね。スローなパートで美しい高音を響かされると、うっとりとしてしまいます。

最初のラヴェルはそこそこの演奏。ピアノとのソナタと違って、同じ弦楽器のチェロとのソナタなので、同質性の高い弦の響きが美しいアンサンブルになります。綺麗な演奏なのですが、もう一つ、インパクトが感じられませんでした。

次のシュルホフの二重奏曲は素晴らしい演奏。第1楽章からぐっと惹き付けられて、集中して聴いてしまいました。シュルホフの作品を聴くのは初めてです。シュルホフは20世紀前半に活躍したチェコの作曲家。ユダヤ人で左翼的な思想を持っていたために弾圧の対象になり、ソ連に脱出する直前にナチスに囚われて、強制収容所で結核で亡くなりました。そのため、彼の作品はずっと埋もれていて、演奏されるようになったのは最近のことだそうです。このシュルホフの作品はちょっとノントナール風にも聴こえますが、しっかりとトナール音楽です。当時は前衛的だったと思われる響きですが、日下紗矢子は見事に表現します。特にゆったりした部分を実に美しく演奏します。よいものを聴かせてもらいました。シュルホフの曲もよく、日下紗矢子もよしという演奏でした。今日のリサイタルで一番の聴きものでした。

休憩後、コダーイの二重奏曲です。この曲は演奏者がヴィルトオーソ的に弾きまくるような曲の作りになっています。ヴァイオリンもチェロも思う存分、自在な演奏で弾きまくります。演奏者も気持ちよく演奏しているようです。こちらも十分に楽しませてもらいました。日下紗矢子は素晴らしいテクニックで衒いのない演奏。まあ、芸術性を云々するような曲ではありませんが、素晴らしい演奏に耳を楽しませてもらいました。

今日のプログラムは以下です。

  ヴァイオリン:日下紗矢子
  ピアノ:ペーター・ブルンズ

  ラヴェル:ヴァイオリンとチェロのためのソナタ
  シュルホフ:ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲 

   《休憩》

コダーイ:二重奏曲Op.7
    
   《アンコール》
     グリエール:ヴァイオリンとチェロのための8つの小品 Op.39~第4曲《カンツォネッタ》

庄司紗矢香の輝くような個性とはまた違ったタイプですが、室内楽では安定した演奏が素晴らしく、今後、とても期待できそうです。ちなみに庄司紗矢香よりも4歳年上ですが、パガニーニ国際コンクールで庄司紗矢香が1999年に史上最年少で優勝した翌年の2000年に惜しくも第2位になり、キャリア的には遅い登場となりました。ヒラリー・ハーンとは同い年。ユトレヒトで聴いたジャニーヌ・ヤンセンは1歳上。国内外、この世代のヴァイオリニストは才能がひしめいています。saraiはまた、楽しみな逸材を見つけた感じで嬉しいリサイタルになりました。


↓ 音楽の好きなかたはポチっとクリックしてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR