FC2ブログ
 
  

アムステルダムで美術三昧:ホテルへ到着・・・早速、シーフードランチ

2015年6月25日木曜日@アムステルダム/2回目

スキポール空港Luchthaven Schipholに到着しましたが、まずは足の確保です。アムステルダムAmsterdamとオランダ国内の移動はすべて、プリペイドカードのOVチップカールトを使います。一昨年来たときに作ったOVチップカールトを、しっかり持ってきました。これにお金をチャージして使います。そのために空港内の鉄道駅近くにやってきました。空港内は人であふれかえっています。

2016021201.jpg



自動チケット販売機の前も長蛇の列です。OVチップカールトにチャージする機械を見つけられず、インフォメーションで教えてもらいます。OVチップカールトにチャージする機械の前はそれほど混んでいないので、少し並んで待ちましょう。

2016021202.jpg



それなりに列は進み、もうすぐsaraiの番です。

2016021203.jpg



saraiの番になりますが、案の定苦労します。なかなかチャージできません。

2016021204.jpg



後ろに並んでいたお姉さんが痺れを切らして、助けに入ります。おかげで無事にチャージ完了。ご迷惑をおかけしました。ごめんなさい。
さて、中心部のホテルに向かいましょう。空港内のバスターミナルに移動。一昨年も経験しているので、それなりに様子が分かります。

2016021205.jpg



十分な金額をチャージしたOVチップカールトを持って、バスを待ちます。

2016021206.jpg



前回利用した197番のバスを利用します。乗り換えなしで行けるので、大荷物を持っているときは便利なんです。バスの到着予定表示板を見ると、もうすぐ197番のバスがやってくるようです。

2016021207.jpg



待ち行列のほぼ先頭に立って、バスを待ちます。

2016021208.jpg



到着した197番のバスに乗り込みます。まずは忘れずにOVチップカールトでチェックインします。バスは、乗客が乗り込むとすぐに発車。座席は十分空いています。空港周辺の道路を走っていきます。

2016021209.jpg


広大な空港の周りをしばらく走ります。

2016021210.jpg



滑走路の飛行機が見えます。

2016021211.jpg



なかなか空港から離れられませんね。しばらくは空港関連のバス停を巡るようです。

2016021212.jpg



空港内の大駐車場の前にやってきます。おびただしい数の車が駐車しています。

2016021213.jpg



駐車場前のバス停に停車。KLMのキャビンアテンダントのお姉さんは、逆向きの空港に向かうバスを利用するようですね。空港関係者もここに車を停めて、バスを利用するようです。

2016021214.jpg



バスはようやく空港から抜け出して、下に見える高速道路に向かうようです。

2016021215.jpg



ところが高速道路に乗らずに一般道路を走り続けます。それでも一般道路にはしっかりバスレーンがあるので、バスは順調にビュンビュン飛ばせます。

2016021216.jpg



電車の線路と並行してアムステルダム市内に向かって走ります。

2016021217.jpg



やがて、アムステルダムの市内に近づきます。

2016021218.jpg



市内の住宅地を抜けていきます。

2016021219.jpg



低層の建物の間の並木道をバスは進みます。

2016021220.jpg



ようやく、ゴッホ美術館Van Gogh Museumや国立美術館Rijks Museumのあるミュージアム広場Museumpleinのバス停に到着です。saraiの降りるバス停はもうすぐです。

2016021221.jpg



ミュージアム広場の前をバスは走ります。広場の奥には国立美術館の建物も見えています。後で訪問する予定です。

2016021222.jpg



広場の前の通り、ファン・バールレ通りVan Baerlestraatを挟んだ向かいには、世界を代表するコンサートホールであるコンセルトヘボウHet Concertgebouwの建物も見えています。今回はここでのコンサートが聴けないのが残念です。

2016021223.jpg



最寄りのバス停(国立美術館前Rijksmuseum)に到着です。しっかりとOVチップカールトでチェックアウトしてバスを降車します。
バス停付近は、高層ではない3階建てくらいの可愛い街並みです。もちろん、ここオランダでは自転車がガンガン走っています。並木は美しいです。でも、路地に散らかるゴミが気になります。スペインの街の清潔さとは対照的ですね。少し歩いて、緑豊かなフォンデル公園Vondelpark前の環境のよいホテルに到着です。今日から4泊するホテル ピート ヘインHotel Piet Heinです。アムステルダムの建物は、入り口が階段を数段上ったところにあります。これがなかなか大変です。エレベーターもないしね。荷物を持ちあげて、よっこらしょとホテルのロビーに入ります。お洒落なバーカウンターが目に入ります。

2016021224.jpg



レセプションのお姉さんは、なかなかきびきびした愛想のよい人で、楽しいおしゃべりをしながらチェックイン完了です。

2016021225.jpg



宿泊する部屋はやや狭いですが、窓からは寛ぎの中庭が見え、なかなかよい感じです。ベッドも広くて気持ちよく寝られそうです。

2016021226.jpg



デスクもしっかりしていてPCでの作業もはかどりそうです。もちろん、無線LANもばっちりつながります。

2016021227.jpg



バスルームは綺麗でバスタブもちゃんとあります。

2016021228.jpg



荷物を部屋に放り込んで、すぐにお昼を食べに行きます。お隣が、シーフードのお店なんです。ホテルの受付のお姉さんも美味しさに太鼓判です。シーフードレストランSeafood Barです。本当に真っ白で明るい店内は今風で、大いに賑わっています。何とか席を確保できました。

2016021229.jpg



店内は奥に細長く続いており、その広い店内にぎっしりとお客さんがつめかけています。評判のお店のようです。期待できますね。

2016021230.jpg



お店のスタッフのお兄さんお勧めのシーフードの盛り合わせを、贅沢にもお願いします。
まずは白ワインを飲みながら料理を待ちます。

2016021231.jpg



だんだんとお腹が空いてきて、料理が待ち遠しいなあ。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

天野さん

saraiです。初めまして。コメントありがとうございます。ブログを書く励みになります。当日は快晴で素晴らしい日でしたが、夏の陽光がまぶしいほどで暑さに悩ま

09/27 14:15 sarai

充実した心豊かなご様子に励まされます.
情報、有り難うございました.
いつか、ふらっと訪ねてみたいです.

09/27 09:23 天野哲也

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR