FC2ブログ
 
  

アムステルダムで美術三昧:美味しいシーフードランチを食べて、いざ、国立美術館へ

2015年6月25日木曜日@アムステルダム/3回目

シーフードレストランSeafood Barでランチをいただこうとしているところです。白ワインを飲みながら料理を待っていると、まず美味しいフランスパンが出てきます。白ワインにとっても合いますね。ところでこのフランスパンはお洒落に袋に入れて出されました。余ったパンはそのまま持ち帰れますね。実際、ホテルに持ち帰りました。

2016021301.jpg



とっても豪華なシーフードの盛り合わせが運ばれてきます。蟹や海老が満載でとても美味しいです。

2016021302.jpg



かなり高価なランチになりましたが、シーフードを満喫できました。人気のレストランであることも納得です。
お店を出る際に、食材が並べられている冷蔵ケースを覗きます。いかにも新鮮そうなシーフードがいっぱいです。

2016021303.jpg



シーフードレストランSeafood Barの入口です。入店の際は急いでいたので写真を撮り逃していました。

2016021304.jpg



お店の前はファン・バールレ通りVan Baerlestraat。トラムの線路もあります。通りの両側に見えている緑の木々はフォンデル公園Vondelparkです。フォンデル公園は、このファン・バールレ通りを挟んで両側に広がっています。

2016021305.jpg



ファン・バールレ通り沿いには小さなお店が並んでいます。建物は低層のものが多いですね。これはアムステルダムの街の特徴でもあります。

2016021306.jpg



ちょっと所用のためにホテルに寄っていきます。これがホテル ピート ヘインHotel Piet Heinの正面の全景です。美しいファサードですね。

2016021307.jpg



ホテルの前にはファシウス通りVossiusstraatが続いています。通りの両側にはびっしりと車が駐車しています。まるで駐車場みたいですが、これはヨーロッパのどの街でもお馴染みの風景です。

2016021308.jpg



この駐車場もどきのファシウス通りは、緑濃いフォンデル公園に沿った通りです。公園は柵で隔てられているので、直接入れないのが不便ではあります。

2016021309.jpg



これはホテルの入口。通りから高い階段を上って入ります。

2016021310.jpg



部屋の窓から下を見下ろすと、中庭にはソファが並べられています。寛ぐのによさそうですね。中庭の先にあるガラス屋根の建物が、先程のシーフードレストランSeafood Barかな?

2016021311.jpg



いよいよ3度目の正直で、フェルメールやレンブラントを観賞しに国立美術館Rijks Museumに向かいます。並木の綺麗な裏通りを歩きます。裏通りも両側に車が駐車しています。

2016021312.jpg



表通りに出ると、通りの先に国立美術館の建物が見えてきます。

2016021313.jpg



ミュージアム広場Museumpleinに入ると、広場の向こうに国立美術館の建物が威容を誇っています。

2016021314.jpg



広場は多くの人たちで賑わっています。お疲れモードでベンチで休んでいる人もいますね。

2016021315.jpg



国立美術館の建物に近づいてきましたが、この大きな建物はその全容を写真に収めきれません。

2016021316.jpg



国立美術館の建物の真ん前まできました。煉瓦で装飾された壁面、柱に埋め込まれたような芸術家の彫像、アーチの連なる入口空間・・・さすがに歴史ある建造物です。

2016021317.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。

2016021318.jpg



建物の入口を入ると、美術館ロビーが下に見下ろせます。吹き抜け構造の明るい空間です。

2016021319.jpg



上を見上げると、ドームのような屋根がガラス張りになっていて、燦々と光が降り注いでいます。

2016021320.jpg



この国立美術館は本当に長い間、改装のために閉館してたのです。それで、これまでに2回訪問しましたが、その度にに入れませんでした。今日は意外にそんなに人が多くはないようです。

2016021321.jpg



混み合っているだろうと思いネットでチケットを購入してありますが・・・空いてる! チケット売り場には1人も並んでいません。館内はそれなりに賑わっていますけどね。システムがよいのかしら。

2016021322.jpg



これがネットで購入したEチケットです。

2016021323.jpg



インフォメーションカウンターで館内の案内ガイドをもらって入場します。案内ガイドは日本語版があります。

2016021324.jpg



さて、入口はどっちでしょう。いくつかの入口があるようです。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR