FC2ブログ
 
  

ハーレム~ライデンの1日:ハーレムの路地散策を開始

2015年6月26日金曜日@アムステルダム~ハーレム~ライデン/2回目

ハーレム駅前のコーヒーショップで楽しい一時を過ごした後、ハーレム駅前からハーレム散策の開始です。

駅前の広場にはバスがずらりと並んでいます。バスに乗ってもいいのですが、街の中心までは歩いても10分強なので、ぶらぶら歩いていくことにします。

2016021901.jpg



バスターミナルの先にはちょっとした広場のスタションス広場Stationspleinがあります。広場の真ん中に男女の彫像が立っています。これは、スペインからの独立のために戦った80年戦争で活躍したハーレムの英雄達です。男性は、スペイン軍によるハーレム包囲戦(1572年~1573年)の折にオラニエ公ウィレムに忠誠を尽くして、8か月もの間ハーレムを守り抜いた市民軍のリーダーのWigbolt Ripperdaです。この包囲戦は結局、食料も物資も尽きてスペイン軍に降伏し、彼は囚われの身になった数日後にこれから向かうハーレムのグローテ・マルクト広場で打ち首になりました。女性は、材木商を営む傍ら、ハーレム包囲戦で女性グループのリーダーとしてスペイン軍と英雄的に戦ったKenau Simonsdochter Hasselaerです。2人は今でもハーレムで大切な存在のようです。

2016021902.jpg



駅前から伸びるバス通りのクライス通りKruisstraatを歩きます。なかなか素敵な街並みです。

2016021903.jpg



このクライス通りは、まるで自転車専用の道のように見えます。先程バスは走っていきましたけどね。

2016021904.jpg



クライス通りに交差するランゲ・ヘーレン通りLange Herenstraatを見ても駐車している車は見えますが、やはり走っているのは自転車だけ。歩行者は我々だけです。

2016021905.jpg



ようやく歩行者とすれ違います。先の交差点ではバスも見えます。自転車以外が見えるのが稀です。

2016021906.jpg



パルクラーン通りParklaanとの交差点にさしかかります。樹木の生い茂っている公園通りです。

2016021907.jpg



交差点の信号が青になるのを待って横断します。バスも歩行者もいますね。

2016021908.jpg



通りの真ん中まで来ると、綺麗いなフラワーボックスもあり、まさに公園です。

2016021909.jpg



次にぶつかるのはオランダらしく運河です。

2016021910.jpg



運河にかかる橋を渡ります。

2016021911.jpg



これが左手の方に見えるニーウェ運河Nieuwe Gracht。運河沿いには立派な建物が並んでいます。

2016021912.jpg



こちらが右手に続くニーウェ運河。橋もいっぱい架かっています。

2016021913.jpg



橋の上から運河を眺めます。美しいですね。

2016021914.jpg



運河を渡って、さらにクライス通りを進みます。街の中心が近くなって、だんだんと賑やかになっていきます。

2016021915.jpg



オランダではお馴染みのスーパーのアルバート・ハインAlbert Heijnです。オランダ国内に700店舗ほどあるそうです。

2016021916.jpg



通りの右側にレンガ造りの古い切妻屋根の建物があります。こういう切妻屋根の建物がハーレム名物なんだそうです。美しい建物です。

2016021917.jpg



左手には美しい路地があります。ニーウェ・クライス通りNieuwe Kruisstraatです。路地にはオープンテラスのテーブルが並んでいます。

2016021918.jpg



オランダではデートも自転車ですね。

2016021919.jpg



ここでクライス通りを振り返ります。この辺りはタイル張りの綺麗な道になっています。古都の中心らしい町並みです。

2016021920.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2016021921.jpg


街の中心のグローテ・マルクト広場ももうすぐです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR