FC2ブログ
 
  

ハーレム~ライデンの1日:美しい路地の先にフランス・ハルス美術館

2015年6月26日金曜日@アムステルダム~ハーレム~ライデン/6回目

とても狭い路地オンヴァルスポールトOmvalspoortから、グローテ・ハウト通りGrote Houtstraatに戻ります。煉瓦造りの建物が並ぶ美しい通りです。

2016022301.jpg



右手に伸びる美しいラフェリング通りRavelingsteegが現れます。ここは路地の入口から眺めるだけにします。

2016022302.jpg



グローテ・ハウト通りにも煉瓦造りの切妻屋根の建物があります。20世紀初頭にできたようですね。

2016022303.jpg



フランス・ハルス美術館Frans Hals Museumに到着です。

2016022304.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2016022305.jpg



あれっ、入口の扉が閉まっています。オープン時間の11時は、既に5分過ぎています。

2016022306.jpg



???と思っていると、扉が開きます。待っていた人たちがぞくぞくと入っていきます。我々も入りましょう。

2016022307.jpg



チケット窓口でMuseumkaartを提示して、無料のチケットをゲットします。

2016022308.jpg



これがゲットしたチケット。料金が0ユーロとプリントされています。

2016022309.jpg



これは案内パンフレット。オランダ語と英語の併記です。

2016022310.jpg



これは館内マップもゲット。これもオランダ語と英語の併記です。マップによると、美術館は中庭を中心にしてグルリと展示室が配置されています。

2016022311.jpg



入口の横にはミュージアムショップがあります。帰りに覗くことにしましょう。オランダらしくチューリップも飾ってありますね。

2016022312.jpg



館内には花が綺麗に飾ってあります。美術館に花って結構珍しいですね。花の絵なら普通ですけど。

2016022313.jpg



カフェもありますが、まだ開店してませんね。

2016022314.jpg



さて、絵画鑑賞を始めましょう。ところで、この美術館は写真は撮り放題です。ヨーロッパの美術館は半数以上は写真が自由に撮れます。いいですね。

フランス・ハルス美術館はその美術館の名前からしても、ハルスの作品だけかと思っていましたが、同時代の別の画家のものもあります。

ゲリック・アドリアーンズ・ベルクハイドの《ハーレムの聖バフォ教会》です。 1688年頃、ベルクハイド58歳頃に描かれました。これは現在、クリスチャン・ミューラー作製の有名なパイプ・オルガンが配置されている西側の方を描いていますが、この絵が描かれたときはまだパイプ・オルガンはなく、代わりに素晴らしいステンドグラスがありました。パイプ・オルガンは1735年から3年間かけて作られました。この絵が描かれた約50年後ですね。その違いを除くと、驚くほど先ほど見た教会の内部と変わりがありません。

2016022315.jpg



コルネリス・ファン・ハーレムの《ハーレム市警団鉄砲隊の宴会》です。 1583年頃、コルネリス21歳頃に描かれました。ハーレム市から初めて依頼を受けて描いた集団肖像画です。彼はその後、ハーレムのマニエリスム派の主要なメンバーとなります。

2016022316.jpg



いよいよ、次はフランス・ハルスの集団肖像画です。この後、まとめて見ていきます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

天野さん

saraiです。初めまして。コメントありがとうございます。ブログを書く励みになります。当日は快晴で素晴らしい日でしたが、夏の陽光がまぶしいほどで暑さに悩ま

09/27 14:15 sarai

充実した心豊かなご様子に励まされます.
情報、有り難うございました.
いつか、ふらっと訪ねてみたいです.

09/27 09:23 天野哲也

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR