FC2ブログ
 
  

束の間のアントワープ:フランダース地方の車窓を楽しみながら、ゲントに到着

2015年6月29日月曜日@アムステルダム~アントワープ~ゲント/15回目

アントワープ中央駅Antwerpen-Centraalを出発した電車は、ゲントGentを目指してアントワープAntwerpenの街並みを走り抜けていきます。

2016041201.jpg



線路沿いには大きな建物も建っています。

2016041202.jpg



アントワープ市内の停車駅アントワープ・ベルヘムAntwerpen-Berchemに5分もせずに到着。線路沿いの低い塀には、アントワープAntwerpenの文字が描かれています。

2016041203.jpg



アントワープ・ベルヘム駅を出ると、すぐにフランダース地方の田園地帯に抜け出ます。風力発電ユニットも並んでいます。お馴染みの風景です。

2016041204.jpg



畑には作物が青々と育っています、何でしょう。ベルギーもオランダと同様に農業国なんですね。

2016041205.jpg



ベルギー国鉄の車内では、いかにもベルギーって感じの制服の可愛い車掌さんが改札にやってきて、saraiはニコニコです。この旅ではシニアチケットを利用しているので年齢確認の出来るパスポートをしっかり持っていますが、またまた提示を求められずsaraiはガッカリ。年相応に見えるようです。

また街の中に入ってきます。電車も速度を落とします。教会が見えますから、この町の中心のようです。

2016041206.jpg



次の停車駅に滑り込んでいきます。

2016041207.jpg



シント=ニクラース駅Sint-Niklaasに停車。アントワープ中央駅から20分ほどです。

2016041208.jpg



シント=ニクラース駅を出ると、また車窓には田園風景が広がります。牛が放牧されています。牧畜も盛んなようです。

2016041209.jpg



次の停車駅のローケレン駅Lokerenに到着。アントワープ中央駅から30分ほどです。

2016041210.jpg



ローケレン駅を出るとすぐ、風車が見えます。ベルギーで初めて見る風車です。青空を背景にどっしりと構えています。絵になりますね。

2016041211.jpg



豊かな緑の畑が続きます。

2016041212.jpg



牛たちが放牧されています。よほど牧畜が盛んなんですね。

2016041213.jpg



これは麦畑ですね。ヨーロッパの麦秋です。

2016041214.jpg



またまた牛たちがいます。

2016041215.jpg



緑の田園地帯の中、ゲントはもうすぐです。

2016041216.jpg



ゲントに到着。ゲントの中央の駅はセント・ピータース駅Gent-Sint-Pieters。この駅は、そのひとつ前のゲント・ダンボールト駅Gent-Dampoortです。予約しているホテルへはこの駅の方がずっと近いので、ここで下車します。アントワープ中央駅から50分弱の鉄道旅でした。

2016041217.jpg



ここまでの鉄道ルートを地図で確認しておきましょう。

2016041218.jpg



これがここまで乗ってきた電車、ICです。落書きがひどいですね。

2016041219.jpg



まだ停車しているようなので、先頭車両に回って記念に電車の写真をパチリ。

2016041220.jpg



すぐに電車は駅を離れていきます。電車のいなくなったホームは寂しいですね。

2016041221.jpg



何故、電車が発車するまでホームをうろうろしていたかと言うと、下りのエスカレーターが見つからなかったんです。大きな荷物をエイヤって持ち上げて階段を降りるのは大変ですからね。と、巨大なエレベーターを発見。荷物運搬用でしょうか。ともかく、このエレベーターを利用します。

2016041222.jpg



無事に1階まで楽して降りることができました。エレベーターの扉は手動なので、ちゃんと閉めておきます。

2016041223.jpg



これから今日のホテルまで歩いていきます。地図では600mほどの筈です。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR