FC2ブログ
 
  

超混雑!!でも必見!!若冲展@東京都美術館 2016.4.27

うかつにも、生誕300年記念の物凄い若冲展が開催されることを直前まで気が付かなかったsaraiです。配偶者が友人から聞き付けてきたので、半信半疑でチェックしたところ、空前絶後の規模の展示会です。これは何としても大型連休に入る前に駆けつけないといけないと思い、夕方の混雑が少しでも緩和される時間帯を狙って、東京上野の東京都美術館の出かけました。着いたのは午後3時半頃ですが、入場は30分待ちでした。ほぼ予想通りです。いやはや、大変な人出です。しかし、本当に大変だったのは入館後の大混雑です。作品の前に大勢の人が群がっていて、全然動きません。後ろの方から作品の6~7割の部分だけを見るのがやっとですが、それでも何とか全作品を見ることができました。素晴らしい作品群です。特に初めて見た動植綵絵30幅の見事さには圧倒されました。
特に印象的だった3つの作品をご紹介しましょう。

《群鶏図》です。凄まじい構図です。そして、あふれかえるような色彩です。さらに、若冲の特徴である徹底した精密な写生が素晴らしいです。

2016042701.jpg



《芦雁図》です。これは驚くような構図ですね。芸術性では動植綵絵中、随一かもしれません。それにとても美しい!


2016042702.jpg



《牡丹小禽図》です。鮮やかな花の色彩の乱舞に魅了されます。

2016042703.jpg



雪と鶏を描いた作品もまとめて見られます。夢のようです。

細見美術館所蔵の《雪中雄鶏図》です。以前、京都の細見美術館を訪れた際、よそに貸し出し中で見られずに悔しい思いをした作品ですが、遂にここで見ることができました。構図も素晴らしいですが、何といっても若冲の描く鶏は美しいですね。

2016042704.jpg



京都・両足院所蔵の《雪梅雄鶏図》です。これは両足院の特別公開で見た作品です。これも雪と梅と鶏、いずれも素晴らしいです。配偶者は鶏の鶏冠の赤と梅の花の赤の色彩が見事にマッチしていると感心していました。

2016042705.jpg



岡田美術館所蔵の《雪中雄鶏図》です。saraiはこれらの3枚中、最高の一作と感じました。鶏冠の赤の色彩が見事に際立っています。それに鶏のうねるような形状の美しさに感嘆します。

2016042706.jpg



最後に、米国から再びプライス・コレクションがやってきたことにびっくり。2013年9月に東日本大震災復興支援で開催され、これが最後の来日だというプライス・コレクションの若冲展に、saraiはわざわざ車を飛ばして福島県立美術館まで出かけたんです。その折にたっぷりと《鳥獣花木図屏風》を拝見しました。ここで再会するとはね。さっと見ましたが、やはり素晴らしいですね。以前紹介済なので、ここではこれ以上触れません。そのときの記事はここです。

超混雑でゆっくりと見られなかったのはとても残念でしたが、若冲の素晴らしい作品群に接してsaraiは大満足です。図録を購入して、今でも今日見た作品を振り返って、楽しんでいます。
ちなみにシニア料金でとてもお得に見られたのも嬉しいことでした。5月10日に一部の作品の入れ替え展示があるので、体力と暇があれば、混雑にめげずにもう一度出かけたい気持ちです。




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR