FC2ブログ
 
  

レジス・パスキエ&金子陽子 デュオ・リサイタル@横浜上大岡ひまわりの郷 2016.5.15

音楽とは不思議なものです。今日のコンサートは本編の演奏よりも短いアンコール曲のほうが心に響いてきました。それも名も知らぬ作曲家の作品だったんです。アンコールの前にヴァイオリンのレジス・パスキエからアンコール曲についてのコメントがありました。それも彼自身の思い出話を含むもので、異例なことですね。その話をかいつまんで紹介しましょう。まずは聴衆は英語は分かるか、フランス語は分かるかという自明の問から始まります。もっともフランス人としては自明な問いかけではなかったのかも知れません。ゆっくりした英語で彼はさらに問いかけます。自分の音楽教師はナディア・ブーランジェだが、彼女のことをみなさんは知っていますか? 実はsaraiも初めて聞く名前だったのですが、ほとんどの聴衆も知らなかったようです。すると、パスキエは自分が小さな子供の頃にナディア・ブーランジェのもとをレナード・バーンスタインが訪れた思い出を語ります。ナディア・ブーランジェはそれほど著名な音楽教師だったことを言いたかったようです。実際、後で調べてみると彼女に師事した音楽家は実に多彩な顔触れです。特にピアソラへの影響が知られているようです。ともあれ、アンコール曲はそのナディア・ブーランジェの作った曲かと思っていると、そうではなく、彼女の妹のリリ・ブーランジェの短い作品だということで彼のお話は終わります。もちろん、saraiはその作曲家の名前も初耳です。
そのアンコール曲ですが、フォーレを思わせるようなフランスの香り高い音楽です。パスキエの演奏と言ったら、それまで本編で弾いていたウィーンの作曲家の作品とはうって変わって、実にナイーブな感覚の演奏です。思い入れの深い作品のようです。とても素晴らしい演奏にうっとりと聴き入ってしまいました。こういう演奏をするんだったら、本編もラヴェルとかドビュッシーとかフォーレとか言ったフランス音楽を聴かせてくれたらよかったのにと思ってしまいました。この作品を作曲したリリ・ブーランジェはとても才能に恵まれた作曲家で若くしてパリ音楽院で女性として初めてローマ大賞を受賞した人でしたが、幼い頃から臓器不全に冒されていて、24歳で夭折してしまったそうです。パスキエは日本の聴衆にこういう素晴らしい作曲家がいたことを紹介しようとしたんでしょう。素晴らしいアンコール曲の演奏に本編の演奏のとき以上に熱くなって拍手を送りました。きっと、パスキエはリリ・ブーランジェの姉のナディアから直伝でこの曲を学んだに違いありませんね。とてもよいものが聴けて、満足です。

肝心の本編の演奏ですが、モーツァルトもベートーヴェンも真面目できっちりした演奏で文句の付け所はありませんが、saraiとしてはもっと柔らかいウィーン風の演奏が好みです。シューベルトも同じ感想ですが、それでも、最後の幻想曲は名曲ですから、第2楽章の美しさには聴き入ってしまいました。それにしても幻想曲は演奏上、大変な難曲であることも分かりました。それに晩年のシューベルトはどれも長いですね。

今日のプログラムは以下です。

  ヴァイオリン:レジス・パスキエ
  ピアノ:金子陽子

  モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ 第41番 K.481
  ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第7番 Op.30-2

   《休憩》

  シューベルト:ヴァイオリンとピアノのためのソナチネ 第1番 D.384
  シューベルト:幻想曲 D.934

  《アンコール》

  リリ・ブーランジェ:ヴァイオリンとピアノのための夜想曲 ヘ長調

実はレジス・パスキエの演奏はこの同じホールで5年ほど前に聴いています。そのときのブログの記事を読んでみると、まったく今日と同じような感想だったので思わず笑ってしまいました。やはり、フランスものがよいようです。それに硬質な演奏はバルトークにむいているようです。そのときの記事はここです。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR