fc2ブログ
 
  

ブルージュ散策:運河クルーズを満喫

2015年7月1日水曜日@ブルージュ/5回目

ブルージュBruggeの運河クルーズも終盤にさしかかります。美しい聖母教会Onze-Lieve-Vrouwekerkを過ぎて、マリア通りMariastraatにあるマリア橋Mariabrugをくぐり抜けると、聖ヨハネ施療院Sint-Janshospitaalの古色蒼然とした建物が右手に鎮座しています。この聖ヨハネ施療院内の一部はメムリンク美術館Hospitaalmuseum Memling in Sint Janになっており、メムリンクの傑作が展示されています。ブルージュに来た目的はヤン・ファン・エイクの作品を見ることと同じくらいメムリンクの作品を見ることが楽しみなんです。後でここを訪れる予定です。

2016052401.jpg



運河が左に湾曲していきます。左に見える建物には白い花が美しく壁を覆って咲き誇っています。

2016052402.jpg



後ろを振り返ると、その白い花の建物の向こうに聖母教会が見えています。

2016052403.jpg



やがて、運河クルーズの終着点、ベギン会修道院Begijnhuisjeにやってきます。観光船を白鳥が出迎えてくれます。美しい一画です。

2016052404.jpg



白鳥と別れを告げて、元来たルートを戻ります。

2016052405.jpg



白鳥は水面だけでなく、水辺でも遊んでいます。ベギン会修道院と言えば、白鳥なんですね。もっとも隣にある愛の湖公園Minnewaterparkから遊びに来ているだけかもしれません。

2016052406.jpg



ベギン会修道院橋Begijnhofbrugに戻ってきました。このあたりは観光客で凄く混み合っています。

2016052407.jpg



ベギン会修道院橋をくぐり抜けました。この橋は名前の通り、ベギン会修道院の入口に通じています。

2016052408.jpg



また、白い花が満開の美しい庭を持つ建物の前を過ぎていきます。

2016052409.jpg



聖ヨハネ施療院の先に聖母教会が見えてきます。

2016052410.jpg



ダイフェル通りDe Dijverの美しい並木の前を過ぎていきます。木陰のベンチにはカップルが座っています。絵になりますね。

2016052411.jpg



やがて、出発地点近くまで戻ってきました。ローゼンフートカーイRozenhoedkaaiのあたりです。運河はクランクのように折れ曲がっていますが、ちょうど正面にマルクト広場Grote Marktに立つ鐘楼Belfortが見えています。昔は運河がマルクト広場近くまで延びていたそうですが、現在はここで途切れています。

2016052412.jpg



左手の我らがホテル(ホテル ブールゴンシュ ホフHotel Bourgoensch Hof)の横を通り過ぎます。

2016052413.jpg



これで運河クルーズは終了。30分ほどでブルージュの町のほとんどを体験しました。
ここまでの運河クルーズのルートを地図で確認しておきましょう。

2016052414.jpg



観光船乗り場からハイデンフェッテルス広場Huidenvetterspleinに出ると、いかにも美味しそうなお菓子がショーウィンドウに並んでいます。ベルギーもスイーツの美味しいところのようです。

2016052415.jpg



しかし暑い。ガンガン気温が上がっています。ひとまず美術館に行きましょう。グルーニング美術館Groeningemuseumです。運河沿いのダイフェル通りDijverを歩いていきますが、建物の日陰を選んで歩きます。しばらく歩くと旗の立っているところが見えてきます。グルーニング美術館のようです。

2016052416.jpg



入り口こっちという案内に従い、庭園の中に足を踏み入れます。

2016052417.jpg



花の美しい庭園を抜けていきます。

2016052418.jpg



アジサイが咲いています。

2016052419.jpg



煉瓦塀に綺麗な入口があります。

2016052420.jpg



緑が目に沁みます。こんなに庭が美しい美術館も珍しいですね。

2016052421.jpg



ようやく美術館の建物に到着。

2016052422.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2016052423.jpg



これから楽しみにしていたヤン・ファン・エイクの傑作を鑑賞します。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

たかぼんさん、初めまして。saraiです。

嬉しいコメント、ありがとうございます。ブッシュ四重奏団は素晴らしいですよ。とりわけ、第14番は最高です。
もっとも、ブッシュ

09/17 02:04 sarai

とても素晴らしいお話をお聞かせ頂き感謝いたします。
私は今まで、後期の4曲はブダペスト四重奏団できまり!と思っておりました。
ブッシュ四重奏団は別なレコード(死

09/16 13:52 たかぼん

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR