fc2ブログ
 
  

北海沿岸のポール・デルヴォー美術館:オステンドのビーチ

2015年7月2日木曜日@ブルージュ~オステンド~シント・イデスバルド/8回目

シント・イデスバルドSint-Idesbaldでポール・デルヴォー美術館Museum Paul Delvauxでの観賞と北海のビーチ初体験を終えて、オステンドOostendeに戻るために停留所でトラムの到着を待ちます。

2016061501.jpg



この停留所は珍しく有人の停留所です。手売りのチケットが買えそうですが、saraiはブルージュ、ゲント、アントワープで共通に使えるトラム・バス会社De Lijnの3日間乗り放題のチケットを所有していますから、購入不要です。

2016061502.jpg



すぐにトラムはやってきます。1時間以上トラムに揺られ、saraiは気持ちよくお休みです。来るときに景色は十分に楽しみましたから、お疲れ休みの方がいいでしょう。トラムのルートを地図で確認しておきましょう。

2016061503.jpg



オステンドが近くなったところで配偶者と相談して、少しオステンドの街を見学していくことに決めます。ということで、オステンドの駅まで行かずに手前のマリー・ジョゼ広場Marie-Josépleinの停留所で下車します。と、また急な雨が降ってきました。しばらく停留所の屋根の下で雨宿りをしていると、さほどのこともなく雨は止み、街歩き開始です。オステンドはなかなか大きな町です。繁華街を歩き、アンソールの家James Ensorhuisの前に出ます。

2016061504.jpg



オステンドは画家ジェームズ・アンソールが愛してやまなかった町です。この町で生まれ育ったアンソールは、この町で亡くなります。亡くなるまで住んでいた家がこのアンソールの家です。1階のショーウィンドウを覗き込みます。これは、彼のおじとおばが営んでいた土産物店を復元したものだそうです。雑多なものが並べられています。

2016061505.jpg



2階から上にはリビングルームやアトリエがあるそうですが、外から眺めるだけにしておきましょう。

2016061506.jpg



オステンドは夏の海水浴で賑わう町です。海辺の方に向かいます。

2016061507.jpg



北海の海辺に出ます。この海辺はさすがに賑わっていますね。

2016061508.jpg



ブルージュ辺りからも海水浴客が大勢出かけてきているのでしょう。夏のバカンスの中心地なんですね。

2016061509.jpg



砂浜の一画には大きな砂の芸術があります。見事な作品です。

2016061510.jpg



海岸沿いには大きなマンションが立ち並びます。北海のビーチにはお馴染みの風景です。

2016061511.jpg



海辺というよりもまるで繁華街といった風情です。

2016061512.jpg



海辺沿いの道をぶらぶらと歩きます。

2016061513.jpg



砂浜では若者がサッカーなどに興じています。賑やかなビーチですね。

2016061514.jpg



ビーチ用品を売っているお店があります。ビーチ花盛りといった感じです。

2016061515.jpg



おや、ここでもビーチ遊びはカート乗りなんですね。

2016061516.jpg



港の入口付近まで来ると、防波堤上の道を多くの人が歩いています。ちょっと行ってみたくはありますが、かなり歩くことになりそうなのでやめておきます。

2016061517.jpg



港の入口には、海を見つめる男の像が立つ塔があります。

2016061518.jpg



裏に周ると、十字架の下でうな垂れる男性像があります。何かの冥福でも祈っているのでしょう。

2016061519.jpg



水浸しの広場で子供たちが遊んでいます。世界のどこでもよく見る光景ですね。

2016061520.jpg



そろそろ夕食をいただきたいところです。港に面したフィッセルスカーイ通りVisserskaaiでレストランを物色しましょう。

2016061521.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2016061522.jpg




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR