fc2ブログ
 
  

ブルージュ散策:早朝散歩、最後は美しい運河沿い

2015年7月3日金曜日@ブルージュ~ブリュッセル/5回目

ブルージュの街を早朝散歩しています。運河沿いから、ブルグ広場Burg、マルクト広場Grote Markt、シモン・ステヴィン広場Simon Stevinpleinと歩き、救世主大聖堂Sint-Salvatorskathedraal、聖母教会Onze-Lieve-Vrouwekerk Bruggeを見て周りました。どこもまだ、観光客の姿がなく、狙い通りに写真が撮れます。
聖母教会、聖ヨハネ施療院Sint-Janshospitaalの間のマリア通りMariastraatを歩き、今日もまたマリア橋Mariabrugの上から、運河の眺めを楽しみます。もちろん、運河クルーズはまだ始まっていません。運河沿いの聖ヨハネ施療院の建物が美しいです。

2016062401.jpg



マリア橋からのもう一方の運河の眺めも楽しみます。昨日の夕刻にも見たばかりですが、朝の景色はまた違って見えます。

2016062402.jpg



橋の上からマリア通りを振り返ります。通り沿いの聖ヨハネ施療院の建物が見えます。通りには自転車に乗った女性が1人見えるだけです。

2016062403.jpg



橋を渡り、最初の角で左に曲がります。カスタンジェボーム通りKastanjeboomstraatを歩きます。古い建物が並ぶ雰囲気のある路地です。すぐ横に運河が流れているはずですが、左側の建物が邪魔になって見えません。

2016062404.jpg



朝の静けさに包まれた路地を進みます。

2016062405.jpg



路地の突き当りで路地を振り返ります。煉瓦造りの建物、切妻屋根の建物が続いています。人っ子1人いません。

2016062406.jpg



路地の突き当りで左に曲がります。グルーニング通りGroeningeです。この路地も古い建物が続く雰囲気のある路地です。少し進むと、路地沿いの鉄柵の向こうに運河が見えます。

2016062407.jpg



鉄柵の間に手を入れて、写真を撮ります。運河の先には先ほど渡ったマリア橋が見えています。

2016062408.jpg



路地の反対側にも運河が見えます。古い建物、緑が運河の穏やかな水面に映り込んで美しい風景を作っています。

2016062409.jpg



グルーニング通りを進んでいくと、路地が右に折れています。その先も綺麗な路地が続きます。

2016062410.jpg



ここで路地を離れ、正面の塀のアーチをくぐってアーレンツホフArentshofという庭に出ます。ブランギン美術館アーレンツハイスBrangyn Museum Arentshuisの裏庭です。正面左手の建物がアーレンツハイスです。18世紀の貴族の館に英国人の芸術家フランク・ブランギンの作品を展示しています。

2016062411.jpg



庭の中には、「黙示録の4騎士」のブロンズ像が飾ってあります。「死」、「戦争」、「饑餓」、「革命」をテーマにしているそうです。4つとも同じような騎士のブロンズ像でそれぞれの違いはあまり分かりませんけどね。

2016062412.jpg



ここでsaraiは大きなミスを犯してしまいました。このアーレンツホフは運河にも面しているんですが、運河の方はまったく見ずに通り過ぎてしまったんです。実はここには美しい石橋、ボニファティウス橋Bonifaciusbrugがあるんです。早朝の観光客のいないボニファティウス橋の写真撮影という絶好のチャンスを逃してしまいました。結局、このボニファティウス橋は運河クルーズでちらっと見ただけになってしまいました。大いに残念です。

アーレンツハイスの横を通り抜けて、ダイフェル通りDijverに出ます。そこには美しい運河風景が広がっています。ダイフェル運河Dijverです。

2016062413.jpg



ダイフェル運河はトンネルの中に入っていきます。その後アーレンツハイスの下を抜けて、その裏庭のアーレンツホフの横を流れ、ボニファティウス橋に達します。それを見逃してしまったんです。

2016062414.jpg



対岸には運河クルーズの観光船乗り場があります。船頭のおじさんがクルーズの準備中です。そろそろ運河クルーズも始まりそうです。

2016062415.jpg



ダイフェル運河は緑の並木と相まって、美しい景色になっています。

2016062416.jpg



運河沿いの並木道も綺麗ですね。

2016062417.jpg



運河には緑の並木と古い煉瓦造りの建物がとてもマッチしています。ブルージュならでは景色です。

2016062418.jpg



煉瓦塀に覆いかぶさるような柳の緑が見事です。

2016062419.jpg



やがて、運河の先に早朝散歩の出発点のネポムク橋Nepomucenusbrugが見えてきます。

2016062420.jpg



だんだんとネポムク橋が大きくなってきます。

2016062421.jpg



橋の袂にはまた観光船乗り場があります。ここはまだクルーズの準備も始まっていませんね。

2016062422.jpg



最後に運河沿いを散策して早朝散歩も終了です。運河沿いは呆れるほど絵になる景色になっています。運河と並木の織り成す美しさは朝ならではです。

ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2016062423.jpg



ホテルに戻って、遅くなった朝食をいただきます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

たかぼんさん、初めまして。saraiです。

嬉しいコメント、ありがとうございます。ブッシュ四重奏団は素晴らしいですよ。とりわけ、第14番は最高です。
もっとも、ブッシュ

09/17 02:04 sarai

とても素晴らしいお話をお聞かせ頂き感謝いたします。
私は今まで、後期の4曲はブダペスト四重奏団できまり!と思っておりました。
ブッシュ四重奏団は別なレコード(死

09/16 13:52 たかぼん

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR