fc2ブログ
 
  

シャルトル大聖堂と古きシャルトルの街歩き、そして、パリのノートルダム大聖堂の鐘楼の上に!!

今日から早速、ノートルダム大聖堂巡りの開始。まずはシャルトルブルーのステンドグラスで有名なシャルトル大聖堂です。
まだ時差で頭がおかしく、saraiらしくなく朝早く起き出して、予定にない早い電車に乗って、朝9時にはシャルトル駅に到着。駅で軽く朝食を済ませ、駅から見えているシャルトル大聖堂に向かいます。なるほどこれがシャルトルブルーなのねって納得のステンドグラス群に魅了されます。

2016072101.jpg


大聖堂を出て、ランチ予定のお店で予約し、ツーリストインフォメーションで街の地図を貰い、街を散策します。サンテニャン教会、サン・ピエール教会と古くて鄙びた教会を巡り、まるでベルギーの運河のようなユール川の河畔に出ます。河畔沿いの道からは高く聳えるシャルトル大聖堂の姿が素晴らしいです。河畔沿いの散策で街の人がバゲットを抱えてパン屋さんから出てくるのを発見。いかにも美味しそうなパン屋さんですが、ここからバゲットを抱えて、パリまで帰るわけにはいかず、代わりに小さな菓子パンを求めます。とても美味しいパンです。シャルトルで一番愛されているようなパン屋さんでした。
ユール川からは大聖堂に上る長い石段を上がりますが、その途中にあるレヴェシェ庭園からの絶景に圧倒されます。ユール川越しの街の景色、そして、大聖堂を見上げる景色が素晴らしいです。

2016072102.jpg


ランチの時間になり、予約したお店へ入り、黒板に書かれたフランス語のメニューと格闘して、何とかランチを注文。アントレとメインだけのシンプルな料理ですが、それだけでも量が多く、お腹いっぱい。美味しいランチに満足。早めの電車に乗って、パリに戻ります。そして、今回、パリで唯一になるであろう観光はシテ島のノートルダム大聖堂訪問です。ノートルダム大聖堂巡りが旅のテーマなので、一応、再訪しようということです。モンパルナス駅から地下鉄でシテ島まで移動して、ノートルダム大聖堂に着くと、驚くべき長い行列が待っています。配偶者は尻込みしますが、その行列に並び、何度目かの訪問を果たします。やはり、バラ窓は大きくて素晴らしいですね。そして、初めての挑戦となるのが鐘楼の上に上ることです。高いところに上るのが大好きなsaraiですからね。延々と1時間ほどの大行列に並び、長い長い螺旋階段を上って、鐘楼の上に上がりました。足はがくがくになります。パリの街が一望できる素晴らしい眺望です。これは高さを競って屹立するエッフェル塔(324m)とモンパルナスタワー(209m)の風景です。パリを代表するランドマークが同時に見えるのは嬉しいですね。

2016072103.jpg


螺旋階段を下るのも一苦労。ふらふらしながら、地下鉄を乗り継いでホテルに戻り、ベッドの上に倒れ込みます。ひと寝入りした後で起き出してブログを書きます。可哀相に配偶者はまだベッドの上で寝込んでいます。

明日はルーアン大聖堂を訪れます。帰りにル・アーヴルの町にも立ち寄ってきます。



↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

通りすがりさん

コメント、ありがとうございます。正直、もう2年ほど前のコンサートなので、詳細は覚えておらず、自分の文章を信じるしかないのですが、生演奏とテレビで

05/13 23:47 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR