FC2ブログ
 
  

アルデンヌでの1日:シタデル(要塞)からのディナンの絶景

2015年7月6日月曜日@ブリュッセル~ディナン/6回目

ディナンDinantのシタデルCitadelle de Dinant(要塞)を見学します。城門の長く堅固なアーチのトンネルを抜けて、城塞内に入ります。

2016101201.jpg



シタデルの城塞内に入りました。城壁に囲まれた細長い敷地は石畳が敷き詰められています。大砲以外はほとんど何もない広場です。どうやら、城塞内の設備や部屋は分厚い城壁の中にあるようです。

2016101202.jpg



大砲の砲弾と思しきものが展示されています。

2016101203.jpg



シタデル(城塞)内を歩いていると、上空に轟音。空を見上げると、2機のジェット戦闘機が飛んでいます。要塞に戦闘機。出来過ぎたシテュエーションですね。(高速で飛行する機体なので、写真撮影できたのは1機だけです。)

2016101204.jpg



シタデル(城塞)内は、ガイドツアーによる見学があるようですが、どうせ説明は分からないので自分たちだけで適当に見学します。城壁内に入ると、兵士の人形や銃などのコレクションが展示されています。

2016101205.jpg



女性兵士の人形は可愛いですね。

2016101206.jpg



しかし、城壁内はここから先へは進めません。どうやらガイドツアーに参加しないと自由には歩けない区域があるようです。仕方がないので、途中から見学ツアーに参加します。やはり、フランス語によるガイドです。と、我々が参加したのを見たガイドがご親切に日本語のパンフレットをくれます。しかし、これは単なる親切ではないことが後で判明するんです。

2016101207.jpg



ところで日本語のパンフレットをわざわざ作るほど、そんなに日本人の観光客が来るのでしょうか。もちろん、今日はこのディナンの町では全く日本人には会っていません。

見学ツアーの一行はシタデルの見晴らし台に行きます。ここからの景色は見事です。ムーズ川の流れがずっと見通せます。

2016101208.jpg



真下にはノートルダム教会Collégiale Notre-Dameの鐘楼が間近に見えます。

2016101209.jpg



真正面に見えるムーズ川の景色です。川の両岸には古い建物が立ち並んでいます。

2016101210.jpg



見晴台からはガイドツアーに参加している面々が我々同様に絶景に見入っています。

2016101211.jpg



見晴台の左側には33mの高さを誇る有名なバイヤールの岩が鎮座しています。

2016101212.jpg



右手の対岸には、ブーヴィーニュの中世の街並みとクレーヴクールの城跡が眺められます。

2016101213.jpg



シタデル(城塞)の城壁内も見学します。大部屋にある兵士たちの2段ベッドが並んでいます。兵士たちの日常が垣間見れる場所が展示されています。

2016101214.jpg



最後は地下にある復元された待避壕を見学。丸太で補強されただけの待避壕は崩壊しかけたような感じです。長居は無用と感じる場所です。早々に地上に戻ります。城壁内はいろいろ整備されていました。見学終了です。丁寧なガイドでした。もっとも最後にお礼のチップを徴収されましたけどね。道理でご親切に日本語パンフレットをくれたわけです。きっと、ガイドはこのチップだけが収入のすべてなんでしょう。見学コースを出ると、城壁内への通路は鎖で封鎖されます。見学ツアーに参加して正解ではありました。

2016101215.jpg



シタデルを出て、ロープウェイ乗り場に移動。そこからの眼下の眺めです。

2016101216.jpg



ゴンドラの到着を待ちます。

2016101217.jpg



すぐにゴンドラがやってきます。

2016101218.jpg



ゴンドラに乗って、降下します。ぐんぐん町が近づいてきます。

2016101219.jpg



地上駅がすぐそこに見えてきます。

2016101220.jpg



やがて、地上駅に到着です。

2016101221.jpg



たった2分ほどの降下でロープウェイの地上駅に降り立ち、上を見上げると先ほどのシタデルの城壁が見えています。

2016101222.jpg



次はロープウェイ乗り場のすぐ前にあるノートルダム教会を覗いてみましょう。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR