FC2ブログ
 
  

モンマルトル散策:賑やかな通りの先にサクレ・クール寺院

2015年7月8日水曜日@パリ/4回目

モンマルトル・バスMontmartrobusでピガール広場Place Pigalleからモンマントルの丘の上のバス停、レ・ヴィーヌLes Vignesにやってきました。
バスを降りたところはソル通りRue des Saulesの坂道です。迷わずにこの坂道を上っていきます。坂道の頂点にサクレ・クール寺院Basilique du Sacré-Cœurがある筈です。

2016120801.jpg



坂道の途中にピンク色の印象的な建物があります。これはラ・メゾン・ローズLa Maison Roseというレストランで、ユトリロが描いた絵に登場する建物です。その絵はオランジェリー美術館にあるそうです。ところで店の名前からすると、建物の色はピンク色ではなくて、バラ色なのか・・・。

2016120802.jpg



このアングルからユトリロはラ・メゾン・ローズを描いています。

2016120803.jpg



このラ・メゾン・ローズの前で道が二手に分かれています。緑も綺麗ですね。

2016120804.jpg



前を行く若いカップルは左に曲がっていきます。そっちに行くのかな。

2016120805.jpg



おや、その左手の道からプチトランがやってきます。観光ルートのようです。が、案内板の説明を見ると、こっちはモンマルトル博物館Le Musée de Montmartreへ行くコルト通りRue Cortotで、サクレ・クール寺院へはまっすぐに進むようです。

2016120806.jpg



まっすぐに坂道を進むと右側にゴッホのパネルがあります。何故か、オーヴェールで描いた絵画が主題です。まあ、ゴッホはモンマルトルゆかりの画家ですから、そんなにおかしなことではありませんけどね。

2016120807.jpg



後ろを振り返ります。ソル通りの坂道をかなり上ってきました。結構、疲れます。

2016120808.jpg



おや、また、ゴッホのパネルがあります。今度こそ、モンマルトルを描いた絵画ですね。ムーラン・ド・ラ・ギャレットMoulin de la Galetteとタンギー爺さん。ムーラン・ド・ラ・ギャレットはルノワールの作品でも有名ですね。後で是非、行ってみましょう。タンギー爺さんはモンマルトルで小さな画材屋を営んでいて、ゴッホも親しくしていました。

2016120809.jpg



ソル通りの坂道をどんどん上っていくと、だんだんと賑やかな一画が近づいてきます。

2016120810.jpg



ソル通りの突き当りまでやってきました。ノルヴァン通りRue Norvinsです。お店が増えて、観光客も一気に多くなります。

2016120811.jpg



突き当りで左に折れて、ノルヴァン通りを進みます。大観光地ですね。

2016120812.jpg



すぐにテルトル広場Place du Tertreに出ます。

2016120813.jpg



このテルトル広場には似顔絵を描く画家が集まっています。あまり、品のいい場所ではありません。似顔絵描きに客引きされる前にさっと通り過ぎましょう。

2016120814.jpg



テルトル広場を横目に見ながらノルヴァン通りを進むと、モン・スニ通りRue du Mont Cenisにぶつかります。前方にはサクレ・クール寺院の塔も見えてきます。

2016120815.jpg



右手に折れて、モン・スニ通りを進みます。左側にはサン・ピエール・ド・モンマルトル教会Église Saint-Pierre de Montmartreの高い壁があります。

2016120816.jpg



最初の角でモン・スニ通りを左に折れて、サン・ピエール・ド・モンマルトル教会の建物の壁沿いにアゼ通りRue Azaisを進んでいくと、サクレ・クール寺院が近くなります。

2016120817.jpg



素敵な撮影ポイントが多過ぎて、寄り道ばかりでなかなか進めませんでしたが、ようやくサクレ・クール寺院に到着です。素晴らしい白亜の教会ですね。

2016120818.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2016120819.jpg



これから、モンマルトルの丘の上からのパリの街の眺めを楽しんで、サクレ・クール寺院を見学します。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR