fc2ブログ
 
  

最後のパリ散策:バガテル公園の薔薇園訪問は終了

2015年7月9日木曜日@パリ/10回目

ブーローニュの森Bois de Boulogneのバガテル公園Parc de Bagatelleで薔薇の中での夢のようなひと時を過ごしました。もう、そろそろ、お暇しましょう。
でも、配偶者がまだ、去り難そうに薔薇を眺めています。薔薇が匂い立っていますから、さもありなんです。

2017010501.jpg



少し場所を変えるだけで、様々な薔薇の花が目に入ってきます。

2017010502.jpg



赤い色の変わった薔薇です。一重の花びらですね。

2017010503.jpg



配偶者は一心に薔薇を眺めていますが、saraiは心は薔薇の花を去り、ベンチに座って、次に行くところの検討を始めています。どうしても最後に訪れたいところがあるんです。

2017010504.jpg



さて、薔薇園の出口のほうに向かいます。薔薇園の先にはオランジェリーの建物があります。

2017010505.jpg



薔薇園の先の花壇で向日葵の花が咲いています。

2017010506.jpg



オランジェリーの建物の前を通り過ぎます。綺麗な建物です。

2017010507.jpg



バガテル公園の出口のほうに向かいます。薔薇園の先にも蔓薔薇のアーチが続きます。

2017010508.jpg



公園の塀に沿って、色んな草花が植えられています。緑が豊かでとっても綺麗です。

2017010509.jpg



蔓薔薇のアーチが続きます。

2017010510.jpg



アーチを抜けていきますが、薔薇以外の緑のアーチもありますね。

2017010511.jpg



アーチは塀沿いに続いています。塀やその周りにも花が植えられて、あたり一帯は規模の大きな花園になっています。

2017010512.jpg



花園の散策は気持ちがよいものです。

2017010513.jpg



花園もここまでです。生垣の向こうの大きな建物はレストランのようです。

2017010514.jpg



バガテル公園の出口に着きます。正装した紳士・淑女のみなさんが集まっています。きっと何かのイベントでレストランにやってきた人たちでしょう。

2017010515.jpg



バガテル公園を見終わってもまだ夕方5時頃。最後は、saraiのお楽しみの時間にしましょう。旅の最後はオルセー美術館Musée d'Orsayで締めくくりましょう。こんな時間からオルセー美術館と思われるかもしれませんが、今日は木曜日。木曜日は運よく夜間展示の日で、なんと9時45分まで鑑賞できるんです。帰国便が11時20分出発ですから、ゆっくり鑑賞できます。それに6時以降は割引料金で見られるというおまけもつきます。
バガテル公園を出て、バス停に向かいます。今度はちゃんとバス停の場所が分かっていますから、一目散にバガテル公園の塀に沿って、歩いていきます。

2017010516.jpg



バガテル公園を探しているときに道を尋ねたお店があります。時間はそんなにありませんが、ちょっと喉を潤していきましょうか。

2017010517.jpg



さて、バス停に無事に到着。ここからバスとメトロを乗り継いで、オルセー美術館に向かいます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR