FC2ブログ
 
  

ルーアン大聖堂&ル・アーヴル:ル・アーヴルのランチは超美味な魚介料理

2016年7月22日金曜日@パリ~ルーアン大聖堂&ル・アーヴル/7回目

ル・アーヴルLe Havreの町を散策中です。サン・ジョセフ教会Église Saint-Josephの現代的な美に衝撃を受けて、思わず、足が止まってしまいました。予定外の時間を費やしてしまいました。教会を出て、大急ぎでランチを予約したレストラン、ラ・ヴォワール・ブルーLa Voile Bleueに駆け込みます。もう、帰りの電車までそんなに時間がありません。またまた配偶者の出番です。お店のスタッフ(若い男性)に、時刻表を示してこの電車に乗りたいのと状況を説明すると、横から例の予約を受け付けてくれたおばさんが、急ぐのねと聞き入れてくれます。朝の交流が役に立ちます。状況を理解してもらい、メニュー選びをアドバイスしてもらい、アントレとメインの2皿を選択。お店のスタッフは早速、オーダーを整理中です。

2017022001.jpg



まずは、よく冷えた白ワインをいただきます。もちろん、フランスのワインで美味しいです。

2017022002.jpg



天井が高く、明るい店内では、お客さんたちがランチを楽しんで、談笑中です。

2017022003.jpg



15分ほどの超特急でアントレの魚介のスープが出てきます。

2017022004.jpg



これが素晴らしかったんです。とても美味しいこと、この上なしです。それに量もたっぷりあります。下手なブイヤベースよりもよほど美味しいです。

2017022005.jpg



続いて、メインのサーモンの蒸し焼きです。

2017022006.jpg



サーモンには魚介のスープで炊き込んだライスが添えられています。これが超美味です。

2017022007.jpg



このサーモンの蒸し焼きはとっても美味しかったのですが、当然たっぷりの量で残念ながら完食できませんでした。手際よくこれらの料理を出してくれ、無事に予定時間内に食事を終えることが出来ます。無理でも、お願いはしてみるもんですね。皆さんありがとう。このお店のオーナーは、格闘技K-1のトレーナーで日本にも来ているとのこと。食事後、慌しくおしゃべりしました。いろいろアドバイスしてくれた若いスタッフはオーナーの息子さんでした。

そうそう、白ワインを美味しくいただいたのはいいのですが、お腹が空いていたところですいすい飲んだためにsaraiは酔っぱらってしまいました。ふらつく足で配偶者に助けられながら、トラムの停留所まで歩きます。来るときに利用した海岸沿いの停留所ラ・プラージュLa Plageです。すぐにトラムもやってきます。

2017022008.jpg



トラムが出発するとすぐ、車窓にサン・ジョセフ教会が見えます。

2017022009.jpg



えっ、車窓に見えているのは、何でしょう。どうやら、人間の足の部分だけの彫刻のようです。

2017022010.jpg



トラムが走るフォッシュ大通りAvenue Fochはまるで公園のように広くて、緑が多い通りです。

2017022011.jpg



並木の緑が涼し気です。

2017022012.jpg



市庁舎Mairie du Havreの前までやってきます。

2017022013.jpg



市庁舎の前には広々とした市庁舎前広場Place de l'Hôtel de Villeがあります。

2017022014.jpg



市庁舎を過ぎて、ストラスブール大通りBoulevard de Strasbourgにはいると、左手に綺麗な建物が見えます。郡庁Sous-préfectureの建物です。ル・アーヴルはセーヌ=マリティーム県Seine-Maritimeに属し、県庁はルーアンにありますが、それに次ぐ行政単位の群を治める郡庁があります。

2017022015.jpg



しばらく進むと、左手にいかめしい建物が見えます。大審裁判所Tribunal de grande instanceです。日本の地方裁判所にあたります。

2017022016.jpg



やがて、駅に到着。ぎりぎり、2時発の電車に間に合います。駅舎の時計は1時54分を指しています。

2017022017.jpg



駅までの移動ルートを地図で確認しておきましょう。

2017022018.jpg



電車に飛び乗ると、すぐに電車は発車します。

2017022019.jpg



慌ただしいル・アーヴル訪問ですが、来てよかったと思います。モネが描いたル・アーヴルの海岸も見られたし、現代的な美を感じさせるサン・ジョセフ教会も素晴らしかったし、ランチの魚介料理も美味しかったし、いいこと尽くしでした。
次はルーアンを目指します。旅のテーマ、フランスのノートルダム大聖堂巡りでルーアン大聖堂を訪れます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR