fc2ブログ
 
  

楽隊の熱狂・・・アルトリヒテル&プラハ交響楽団@東京芸術劇場 2017.3.16

正直言って、ナショナリズムは苦手というか、嫌いだし、それでも、スポーツでは、つい熱狂してしまう自分を恥じているという屈折したものがあります。音楽では幸いにも日本にはナショナリズムを喚起するものがありませんが、海外には結構、愛国的な作品、例えば、シベリウスの《フィンランディア》とか、チャイコフスキーの《1812年》とか、今日の《わが祖国》があります。ナショナリズムが嫌いなsaraiでも、海外の愛国ものは別に抵抗感はありません。何の屈折もありませんからね。で、今日はそのスメタナ作の《わが祖国》全曲を初めて生で聴きます。演奏はやはり、本場の音楽家たちじゃないといけません。チェコの指揮者アルトリヒテルとチェコを代表するオーケストラのひとつ、プラハ交響楽団の演奏です。有名な音楽祭、《プラハの春》はスメタナの命日の5月12日にこの《わが祖国》で毎年、オープニングを飾りますが、もちろん、このプラハ交響楽団がオープニングを飾ったこともあるようです。そして、このプラハ交響楽団の本拠地はプラハ市民会館の中のスメタナホールです。saraiは残念ながら、スケジュールが合わず、このスメタナホールに入ったことはありませんが、市民会館で開かれていたアルフォンス・ミュシャ展の際にこっそり、スメタナホールでリハーサル中のプラハ交響楽団を覗いたことはあります。そのときの記事はここです。プラハ交響楽団自体は4年前、2013年1月の来日公演を聴いています。そのときの記事はここです。

今日の演奏ですが、お国ものということで大変に熱い演奏でした。音楽的なレベルはこの際、横に置いておくとして、よい意味で《ローカル楽隊》の熱狂を聴いて、こちらまで熱くなった感ありです。指揮者のアルトリヒテルは風貌も仕草もまさにローカル楽隊の楽長然としていました。こういう《わが祖国》の演奏もありでしょう。アンサンブルの揃った精密な演奏は秋に聴く予定のチェコ・フィルに期待することにします。

今年は本場ものの演奏を2回も聴くので、ちょっと力を入れて、予習しました。キーワードはクーベリックとチェコ・フィルです。

 1954年録音 ヴァーツラフ・ターリッヒ指揮チェコ・フィル LP
 1963年録音 カレル・アンチェル指揮チェコ・フィル LP
 1971年録音 ラファエル・クーべリック指揮ボストン響
 1975年録音 ヴァーツラフ・ノイマン指揮チェコ・フィル LP
 1990年録音 ラファエル・クーべリック指揮チェコ・フィル 《プラハの春》ライヴ
 1990年録音 イルジー・ビエロフラーヴェク指揮チェコ・フィル
 1991年録音 ラファエル・クーべリック指揮チェコ・フィル 来日公演、サントリーホール・ライヴ

一番、しっくりと聴き応えがあったのはターリッヒ指揮チェコ・フィル。安定感があり、ツボにはまった演奏です。引退していたクーベリックが1889年のビロード革命後にハヴェル大統領に請われて復帰した《プラハの春》ライヴは聴き逃がせない熱気に満ちた演奏です。音楽的に一番完成度が高く、手元に置いて聴きたい演奏はクーべリック指揮ボストン響の演奏です。クーベリックのサントリーホール・ライヴは彼の最後のコンサートだったようです。クーベリックのファン(saraiも)には聴き逃がせません。アンチェル指揮チェコ・フィルは世評に高い演奏で、これも見事な演奏。ノイマン指揮チェコ・フィルもびっくりするほど素晴らしい演奏です。

今日のプログラムは以下です。

  指揮:ペトル・アルトリヒテル
  管弦楽:プラハ交響楽団


  スメタナ:連作交響詩《わが祖国》
   第1曲 高い城(ヴィシェフラト)
   第2曲 モルダウ(ヴルタヴァ)
   第3曲 シャールカ

   《休憩》

   第4曲 ボヘミアの森と草原から
   第5曲 ターボル
   第6曲 ブラニーク

   《アンコール》 なし
  


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR