fc2ブログ
 
  

今年はアンドラーシュ・シフのピアノを聴く年

明日、3月21日と1日置いた、3月23日はオペラシティでアンドラーシュ・シフのピアノ・リサイタルがあり、両日ともsaraiは聴きに出かけます。そのリサイタルのテーマは《The Last Sonatas》すなわち、最後のソナタです。4人のウィーンで活躍した作曲家、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルトの最後のピアノ・ソナタ、最後から2番目のピアノ・ソナタが演奏されます。欧米でのリサイタルでは最後から3番目のピアノ・ソナタも演奏されたそうですが、日本ではそれはカットして、2日間に圧縮したリサイタルになったそうです。3日間のリサイタルが聴きたかったところです。ちょっと残念です。
それにしても、特にシューベルトの最晩年の遺作ソナタ3曲、第19~21番(D.958~D.960)、ベートーヴェンの後期3曲、第30~32番(Op.109~Op.111)はピアノ・ソナタの最高峰とも言える超名曲です。それに敢然と挑むアンドラーシュ・シフに敬意を表して、saraiも万全の準備、すなわち、予習を行うことを決意しました。シューベルトとベートーヴェンの名演の数々を聴き尽すという企てです。
その前にまず、今回のリサイタルのプログラムを確認しておきましょう。


■3月21日(火) 東京オペラシティ コンサートホール
 
モーツァルト:ピアノ・ソナタ第17(16)番 変ロ長調 K.570
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第31番 変イ長調 op.110
ハイドン:ピアノ・ソナタ ニ長調 Hob. XVI: 51
シューベルト:ピアノ・ソナタ第20番 イ長調 D959
  ※休憩なし

■3月23日(木) 東京オペラシティ コンサートホール
 
モーツァルト:ピアノ・ソナタ第18(17)番 ニ長調 K.576
シューベルト:ピアノ・ソナタ第21番 変ロ長調 D960
ハイドン:ピアノ・ソナタ 変ホ長調 Hob. XVI: 52
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第32番 ハ短調 op.111
  ※休憩なし


凄いプログラムですね。
実は今年は夏のザルツブルク音楽祭でもアンドラーシュ・シフの3夜にわたるピアノ・リサイタルを聴きます。今年だけでシフのリサイタルが5回。これまでsaraiはシフの実演は2014年の紀尾井ホールで一度だけ聴いただけ。その頃まではsaraiはシフと言えばバッハだけを聴いていましたが、今や、バッハだけでなく、モーツァルトからシューベルトまで広く聴くようになり、お気に入りのピアニストの一人になっています。今年のザルツブルクで聴くのはバッハ、シューマン、ヤナーチェク、バルトークの4人の作曲家です。ザルツブルク音楽祭のプログラムも確認しておきましょう。いずれも前半はバッハとバルトークを交互に演奏し、後半はヤナーチェクとシューマンというプログラムです。


■7月27日(木) ザルツブルク・モーツァルティウム大ホール

J.C.バッハ:2声のインヴェンション, BWV 772–776
バルトーク:子供のために~10の小品, Sz. 42
J.C.バッハ:2声のインヴェンション, BWV 777–781
バルトーク:民謡の旋律による3つのロンド, Sz. 84
J.C.バッハ:2声のインヴェンション, BWV 782–786
バルトーク:3つのブルレスク, Sz 47
ヤナーチェク:『草かげの小径にて』(第1集)
シューマン:ダヴィッド同盟舞曲集, Op. 6

■7月29日(土) ザルツブルク・モーツァルティウム大ホール

J.C.バッハ:3声のシンフォニア, BWV 787–791
バルトーク:組曲, Op. 14 Sz. 62
J.C.バッハ:3声のシンフォニア, BWV 792–796
バルトーク:戸外にて - 5つの小品, Sz. 81, No. 1–3
J.C.バッハ:3声のシンフォニア, BWV 797–801
バルトーク:戸外にて - 5つの小品, Sz. 81, No. 4–5
ヤナーチェク:ピアノソナタ 変ホ短調『1905年10月1日 街頭にて』
シューマン:ピアノ・ソナタ 嬰へ短調, Op. 11

■8月2日(水) ザルツブルク・モーツァルティウム大ホール

J.C.バッハ:カプリッチョ『最愛の兄の旅立ちに寄せて』変ロ長調, BWV 992
バルトーク:ミクロコスモス~『ブルガリアのリズムによる6つの舞曲』 (第6巻), Sz. 107, No. 1–3
J.C.バッハ:4つのデュエット第1番 ホ短調, BWV 802(クラヴィーア練習曲集第3部)
J.C.バッハ:4つのデュエット第2番 ヘ長調, BWV 803(クラヴィーア練習曲集第3部)
バルトーク:ミクロコスモス~『ブルガリアのリズムによる6つの舞曲』 (第6巻), Sz. 107, No. 4–6
J.C.バッハ:4つのデュエット第3番 ト長調, BWV 804(クラヴィーア練習曲集第3部)
J.C.バッハ:4つのデュエット第4番 イ短調, BWV 805(クラヴィーア練習曲集第3部)
バルトーク:ピアノ・ソナタ, Sz. 80
ヤナーチェク:霧の中で
シューマン:幻想曲 in C, Op. 17


これでことしはアンドラーシュ・シフのピアノで8人の作曲家の作品を集中的に聴くことになります。
シューベルト、ベートーヴェンの晩年の作品の予習については稿を改めて、アップしますね。


↓ 音楽を愛する同好の士はポチっとクリックしてsaraiと気持ちを共有してください

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       シフ,
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

たかぼんさん、初めまして。saraiです。

嬉しいコメント、ありがとうございます。ブッシュ四重奏団は素晴らしいですよ。とりわけ、第14番は最高です。
もっとも、ブッシュ

09/17 02:04 sarai

とても素晴らしいお話をお聞かせ頂き感謝いたします。
私は今まで、後期の4曲はブダペスト四重奏団できまり!と思っておりました。
ブッシュ四重奏団は別なレコード(死

09/16 13:52 たかぼん

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR