fc2ブログ
 
  

今年はアンドラーシュ・シフのピアノを聴く年:シューベルト予習編

シューベルトの最晩年の遺作ソナタ3曲、第19~21番(D.958~D.960)のうち、ピアノ・ソナタ第20番 イ長調 D959とピアノ・ソナタ第21番 変ロ長調 D960の2曲について、集中的に聴きます。シューベルトのピアノ・ソナタ集(全集含む)や後期ピアノ・ソナタ集でこの2曲を録音したCDが多いのですが、第21番単独のものも結構あります。以下が聴いたCDです。計32枚(内、第21番D.960が20枚)です。


第21番D.960単独

クララ・ハスキル 1951年録音 スタジオ録音 モノ
クララ・ハスキル 1957年録音 ザルツブルク音楽祭 ライヴ録音 モノ
クララ・ハスキル 1957年録音 エジンバラ 第1楽章欠落 ライヴ録音 モノ
クリフォード・カーゾン 1972年録音 スタジオ録音
スヴャトスラフ・リヒテル 1972年録音 ザルツブルク ライヴ録音
マリア・ジョアン・ピリス 1985年録音 チューリッヒ スタジオ録音
ウラディミール・ホロヴィッツ 1986年録音
グリゴール・ソコロフ 1992年録音 ヘルシンキ音楽祭 ライヴ録音
マリア・ジョアン・ピリス 2011年録音 ハンブルク スタジオ録音
アンドラーシュ・シフ 2014年録音 1820年製作のウィーン製フォルテ・ピアノ使用


第20番D.959単独

マレイ・ペライア 1987年録音 ロンドン・ヘンリー・ウッド・ホール


ピアノ・ソナタ集(第20番D.959、第21番D.960)

ヴィルヘルム・ケンプ  1967年録音
アルフレード・ブレンデル 1971年録音
クラウディオ・アラウ  第20番 1982年
            第21番 1980年
マウリツィオ・ポリーニ 第20番 1983年 ウィーン楽友協会 
            第21番 1987年 ミュンヘン・ヘルクレスザール
アルフレード・ブレンデル 1987年/1988年録音
アンドラーシュ・シフ 1993年録音
田部京子 第20番 1997年 岐阜サラマンカ・ホール 
     第21番 1993年 秋川キララ・ホール
内田光子 1997録音 ウィーン楽友協会
アルフレード・ブレンデル 第20番 1999年 アムステルダム・スネイプ ライヴ録音
             第21番 1997年 ロイヤル・フェスティヴァル・ホール ライヴ録音
マレイ・ペライア 2002年録音 ドイツ・ノイマルクト


ご覧の通り、巨匠、名人たちが揃っています。いずれの演奏も素晴らしいものばかりですが、そろぞれの持ち味が異なるので、これだけ聴けばよいというものではありません。いずれも聴き逃がせない名演ばかりです。作品が作品だけに演奏者も持てる技術・精神力のありったけを注ぎ込んでいます。それにしても第20番D.959の音楽的完成度の高さ、第21番D.960の水墨画を思わせるような枯れた成熟度は30歳を少しだけ超えた青年の作品とは到底思えません。音楽史上に燦然と輝く素晴らしい傑作です。昔、最初に聴いた頃は何て長い作品なんだろうと思いましたが、今では短く思えて、もっと長くてもいいのにと思ってしまいます。

まず、第21番D.960で一番好きな演奏は何と言ってもクララ・ハスキルの3枚のCDです。第2楽章以降の素晴らしさは言葉では表せないほどです。中でも1951年のスタジオ録音はモノラルながら音質もよく、ハスキルならではのピアノの響きに感動してしまいます。第20番D.959もいかにもハスキルに向いた作品なので、彼女が演奏を残してくれなかったのがとっても残念です。saraiの頭の中では彼女の演奏する様子が想像できるのですが、実際の音がなければ何にもなりません。

クリフォード・カーゾンの演奏も素晴らしいです。何度も聴きたくなるような魅力があります。世評に高いリヒテルはいくらなんでもテンポが遅過ぎの感でもうひとつ琴線に触れません。ただ、ユニークな演奏なので一度は聴いておかねばなりません。巨匠ホロヴィッツはよほど、この第21番D.960がお好みだったようで、晩年に録音を残してくれました。愛情あふれる演奏です。マリア・ジョアン・ピリスの第21番D.960も好きな演奏です。新しい録音のほうが聴き応えがありました。マレイ・ペライアも美し過ぎる演奏です。彼のピアノの響きを聴いているだけでも天国に上る心地になります。そして、天才ポリーニの演奏はやはり素晴らしいです。昔から手元に置いている愛聴盤ですが、その冴えた演奏は誰にもまねができません。その素晴らしさを再認識しました。昔から聴いていると言えば、ヴィルヘルム・ケンプもその一人です。彼のドイツ的な演奏は心がなごみます。
さて、日本人演奏家ですが、内田光子はさすがの演奏。今回初めて聴いた田部京子にはびっくりです。こんなに弾ける人がいたんですね。ともかく、ロマンティックな雰囲気が醸し出される演奏に聴き惚れます。
そして、やっぱり、アルフレード・ブレンデルのシューベルトは素晴らしいです。1970年代、1980年代、1990年代の3種類を聴きましたが、1970年代、1980年代の演奏はとってもいいです。これって、saraiがシューベルトのピアノ・ソナタを初めて聴いたレコード(1970年代)だったんです。当時、シューベルトのピアノ・ソナタに夢中になったことを思い出しました。一時、ブレンデルの実演を聴いて、その退屈さに心が離れていましたが、今回、久しぶりに聴き直して、その素晴らしさを再認識しました。なお、1990年代の演奏はライヴ録音で、緊張感はありますが、音楽的な完成度では、1970年代、1980年代には及びません。資料的な価値はあります。

肝心のアンドラーシュ・シフですが、今日は第20番D.959までしか聴いていません。第21番D.960はリサイタルの前日に予習します。第20番D.959は明日の演奏が待ち遠しくなるような美しい演奏でした。現在のシフはもっと完成度の高い演奏を披露してくれるでしょう。



↓ 音楽を愛する同好の士はポチっとクリックしてsaraiと気持ちを共有してください

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       シフ,  

今年はアンドラーシュ・シフのピアノを聴く年:ベートーヴェン予習編

ベートーヴェンのベートーヴェンの後期3曲、第30~32番(Op.109~Op.111)のうち、ピアノ・ソナタ第31番 変イ長調 op.110とベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第32番 ハ短調 op.111の2曲について、集中的に聴きます。本当はピアノ・ソナタ第30番 ホ長調 op.109も合わせて聴くべきですが、ほかにシューベルトやモーツァルトも聴かないといけないので、絞り込んで聴くことにします。
ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集や後期ピアノ・ソナタ集でこの2曲をまとめて聴くことができます。聴いたCD、LP、DVDは以下です。計17枚です(ギレリスは31番のみ)。


ピアノ・ソナタ集(第31番 変イ長調 op.110、第32番 ハ短調 op.111)

アルトゥール・シュナーベル 1932~35年録音 セッション録音 モノ
イーヴ・ナット 1951~55年録音 パリ、サル・アディアール セッション録音 モノ
ソロモン  1951/56年録音 セッション録音 モノ
ヴィルヘルム・ケンプ  1951~56年録音 セッション録音 モノ
ヴィルヘルム・ケンプ  1964~65年録音 ハノーファー、ベートーヴェンザール セッション録音 ステレオ LP
ヴィルヘルム・バックハウス 1959-69年録音 セッション録音 ステレオ
クラウディオ・アラウ 1962~66年録音 セッション録音
クラウディオ・アラウ 1984年~90年録音 セッション録音
フリードリヒ・グルダ 1967年録音 セッション録音
アルフレード・ブレンデル 1970~77年録音 セッション録音
アルフレード・ブレンデル 1992~95年録音 セッション録音
マウリツィオ・ポリーニ 1975~77年録音 セッション録音
エミール・ギレリス 1985年録音 セッション録音 ベルリン、イエス・キリスト教会 第31番のみ、第32番は彼の死により録音できず、残念!
スヴャトスラフ・リヒテル 1991年録音 ルートヴィヒスブルク ライヴ録音
内田光子 2005年録音 Snape Maltings セッション録音
アンドラーシュ・シフ 2007年録音
アンドラーシュ・シフ 2011年録音 紀尾井ホール ライヴ NHK録画


シューベルトは巨匠、名人たちが揃っていましたが、ベートーヴェンもそうであるにしても、いわゆる、ベートーヴェン弾きが並んでいます。彼らはベートーヴェンの後期ソナタを弾くという気概に満ちているので、いずれの演奏も悪かろう筈がありません。極めて凝縮した作品だけにシューベルトに比べて、その演奏の違いはそう多くはありません。しかし、その違いは精神性の違いと言っても過言ではないでしょう。諦念、希望、平安、悲しみ、心の救済など崇高とも思える人間の感情の究極がそれぞれのピアニストによって表現されています。

まず、アルトゥール・シュナーベルですが、これは初めてのベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲録音です。1930年代の録音とは思えないほど、音質もよく、演奏も現在の我々が聴いても違和感がなく、惹き込まれる演奏です。しかし、本当に驚嘆したのはイーヴ・ナットの録音を聴いたときです。何と言うか、新鮮な演奏に接したときの喜びと感動を覚えました。今まで、こんな素晴らしい演奏を聴き逃がしていたなんて信じられません。落ち着いたところでピアノ・ソナタ全曲を聴いてみましょう。ソロモンはまあ、素晴らしい演奏ではありますが、名人の中では普通かな。

ヴィルヘルム・ケンプのステレオ録音は昔からよく聴いてきた演奏です。何と言いうか、しっくりとくる演奏です。しかし、1950年代のモノラル演奏のほうがよい演奏に思えました。ヴィルヘルム・バックハウスは何となく敬遠してきたピアニストですが、今回、聴き直して、見直しました。とても繊細で美しい演奏です。

ベートーヴェンと言えば、何と言っても、クラウディオ・アラウの新旧録音がsaraiが一番好きな演奏です。第31番 変イ長調 op.110は新録音が最高の名演。第32番 ハ短調 op.111は意外に旧録音のほうがよい演奏です。いずれにせよ、彼の演奏を聴いていれば、満足できます。溜めのきいた、美しい響きの演奏には、いつも唸らされます。

フリードリヒ・グルダも昔から聴いてきた演奏で、これもしっくりとくる演奏で何の文句もありません。アルフレード・ブレンデルですが、シューベルトのときもそうでしたが、今回、聴き直して、その素晴らしさを再認識しました。2回目の1970年代の演奏も素晴らしいのですが、3回目の全集となる1990年代の演奏は彼の集大成とも言える最高の演奏です。アラウに肉薄する演奏に思えます。そして、天才ポリーニは何を弾かせても凄い。今更ながら、ポリーニの凄さを痛感しました。後期ソナタしか聴いていませんが、全ソナタを聴いてみたくなりました。さらにエミール・ギレリスの第31番 変イ長調 op.110もとっても素晴らしい演奏。これが最後の録音で第32番 ハ短調 op.111の録音が残されなかったのが残念でたまりません。彼は本当に素晴らしいベートーヴェン弾きだったんですね。

リヒテル、内田光子も当然、レベル以上に演奏です。

最後にシフですが、これは後期第30番以降を聴きました。ただし、2007年録音のCDはまだ最後の第32番は明日、最後の予習で聴きます。演奏は・・・うーん、凄いね。彼はベートーヴェン弾きではないと思いますが、深い精神性のある音楽、そして、何よりも美しい響きでシフの世界を作っています。ただただ、その音に耳を傾けるだけです。

これから、最初のリサイタルに出かけます。

モーツァルトとハイドンの予習についてはまた、明日にでも、書きましょう。



↓ 音楽を愛する同好の士はポチっとクリックしてsaraiと気持ちを共有してください

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

 

感動と楽しさ・・・アンドラーシュ・シフ・ピアノ・リサイタル@東京オペラシティ コンサートホール 2017.3.21

今日のアンドラーシュ・シフのピアノ・リサイタルは期待通りの素晴らしさで感動(これは本編)と楽しさ(これはアンコール)が交錯しました。まるで本編(1時間半ほど)とアンコール(何と40分ほど)の2部構成みたいなもので、アンコールはシフと聴衆が一体化して、まさにファンの集いのような雰囲気になりました。ともあれ、本編でのベートーヴェンのピアノ・ソナタ第31番 変イ長調 op.110が感動的に素晴らしく、さらにシューベルトのピアノ・ソナタ第20番 イ長調 D959は超絶的な素晴らしさ。こんなピアノ・リサイタルは人生で何回も聴けるものではありません。満足の極みでした。

今日のプログラムは以下です。

  ピアノ:アンドラーシュ・シフ
 
モーツァルト:ピアノ・ソナタ第17(16)番 変ロ長調 K.570
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第31番 変イ長調 op.110
ハイドン:ピアノ・ソナタ ニ長調 Hob. XVI: 51
シューベルト:ピアノ・ソナタ第20番 イ長調 D959
  ※休憩なし

  《アンコール》

シューベルト:3つの小品(即興曲)~第2曲 D946-2
バッハ:イタリア協奏曲BWV.971~第1楽章 アレグロ ヘ長調
バッハ:イタリア協奏曲BWV.971~第2楽章 アンダンテ ニ短調、第3楽章 プレスト ヘ長調
ベートーヴェン:6つのバガテル~第4曲 プレスト ロ短調 Op.126-4
モーツァルト:ピアノ・ソナタ第16(15)番ハ長調K.545~第1楽章 アレグロ ハ長調
シューベルト:楽興の時D780~第3番ヘ短調


今日のリサイタルは《最後から2番目のソナタ》と銘打ったものです。ウィーンで活躍した古典派の大作曲家4人の作品が取り上げられました。
まず、モーツァルトのピアノ・ソナタ第17(16)番 変ロ長調 K.570です。因みに第17番は新全集での番号で、第16番は旧全集での番号です。冒頭から、いかにもシフらしい柔らかく、あたたかい響きです。モーツァルトにしては少し厚みがあるかなと思いますが、決して重厚な響きではありません。ただ、saraiの好きなピュアーな響きのモーツァルトではありません。古くはハスキル、最近では若い頃のピリス、エッシェンバッハの純度の高い響きのほうがしっくりとします。それでもシフ流のモーツァルトもそれなりに説得力があります。特に第2楽章の美しい演奏には魅了されました。

そのまま、弾き続けるのかなと思っていたら、いったん、ここで切って、拍手。ちょっと間を取って、次のベートーヴェンのピアノ・ソナタ第31番 変イ長調 op.110に入ります。シフのピアノの響きは理想的なベートーヴェンの響きです。第1楽章のパーフェクトな演奏に惹き込まれます。パーフェクトというのは決してミスタッチがないというような低次元の話ではなく、音楽的な表現の話です。実に心に沁みてくるような演奏に感銘を受けます。上昇音型の憧れを感じさせるようなところでは、心が奪われそうです。でも、本当に素晴らしかったのは第3楽章です。大規模な序奏の後、『嘆きの歌』の演奏が始まります。まさにその言葉通りの演奏で、人間の深い悲しみがシフの演奏で綴られていきます。ここに至り、シフとベートーヴェンが一体化し、saraiの心は感動でいっぱいになります。それも束の間、すぐにフーガが始まり、宗教的とも思える救済に音楽は昇華していきます。狂おしく音楽は上りつめていきます。シフの激しいピアノの響きがホール中に満たされます。そして、響きが収まり、再び、『嘆きの歌』に戻ります。さきほど以上に切なく悲しい音楽に心が耐えきれないほどになります。『嘆きの歌』が終わり、再び、素晴らしいフーガが高揚していきます。単なる魂の救済ではなく、人間の究極の悲しみと明日への希望がアウフヘーベンされたような素晴らしい芸術表現のフィナーレに熱い感動を覚えました。ベートーヴェンの最高の音楽、そして、シフのあくなき芸術的な追及が合わさることで、奇跡のような音楽が生み出されたと感じました。

いったんは拍手で休止ですが、正直、休憩なしにこのまま、演奏を続けられると聴く側もつらい感じです。大きな感動の心の持っていくところがありません。しかし、よくプログラムが考えれており、次はハイドンのピアノ・ソナタ第61番 ニ長調 Hob. XVI: 51です。5分ほどの短い曲ですが、とても心地よく聴ける曲で、気持ちの切り替えになります。このハイドンもとても素晴らしい演奏でした。シフもハイドンのピアノ・ソナタ全集を録音してほしいと感じます。(よく知らないのですが、既に録音しているのかな?)

ハイドンが終わると、そのまま、続けて、シューベルトのピアノ・ソナタ第20番 イ長調 D959の演奏が始まります。まるでハイドンが序奏のようです。シューベルトは第1楽章から、全開モードでとっても素晴らしい演奏です。第2楽章の美しいメロディーが始まると、saraiの心は感極まります。中間部の凄まじい音響も素晴らしく、その後に美しいメロディーに戻ると心がとろけそうです。短い第3楽章を経て、終楽章に入ります。もう、これは言葉での表現ができそうにもありません。最高のシューベルトとしか、形容のしようがありません。フィナーレに入るころには心がずたずたです。歩を止めるように、何度も休止を繰り返すところは、まるでシューベルトが美しいこの世から去り難く思っているような心情が見事に表現されています。そして、圧巻のフィナーレ。先ほどのベートーヴェンも素晴らしかったのですが、それをはるかに超える感動を覚えます。
ベートーヴェンの後期ソナタ3曲は超えることが不可能とも思える傑作群でしたが、シューベルトはその天才的な才能で最晩年に至って、途轍もない別の峰々を築き上げたことを実感させてくれるようなシフの素晴らしい演奏でした。

アンコールについては特に記述しなくてもいいでしょう。ただただ、楽しかったんです。バッハのイタリア協奏曲は前回聴いたリサイタル(2014年3月、紀尾井ホール)でもアンコール曲でしたが、そのときは第1楽章だけで残念な思いでした。今日もいったんは第1楽章で演奏を止めたので、またかと思ったところ、再度の登場で再び、第2楽章に続けて第3楽章まで聴かせてくれて大満足。素晴らしい演奏でした。ソナチネアルバムにあるモーツァルトのソナタですが、これは最後から3番目のソナタなので演奏したんでしょう。決して、手抜きして、簡単な曲でお茶を濁したんではないと思います。2日後のリサイタルでは、アンコールでシューベルトの3つの小品 D946の残りの2曲を期待したいところです。


↓ 音楽を愛する同好の士はポチっとクリックしてsaraiと気持ちを共有してください

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       シフ,
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

たかぼんさん、初めまして。saraiです。

嬉しいコメント、ありがとうございます。ブッシュ四重奏団は素晴らしいですよ。とりわけ、第14番は最高です。
もっとも、ブッシュ

09/17 02:04 sarai

とても素晴らしいお話をお聞かせ頂き感謝いたします。
私は今まで、後期の4曲はブダペスト四重奏団できまり!と思っておりました。
ブッシュ四重奏団は別なレコード(死

09/16 13:52 たかぼん

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR