fc2ブログ
 
  

未曽有の高み・・・アンドラーシュ・シフ・ピアノ・リサイタル_最終版@東京オペラシティ コンサートホール 2017.3.23

一昨日のリサイタルも一生に何度聴けるかという素晴らしいものでしたが、今日のリサイタルは歴史に残ると言っても過言でない圧巻のコンサートでした。最近のsaraiはクララ・ハスキルの実演が聴けなかったことを最も残念に思っていましたが(saraiが10歳のときにクララは他界したので仕方がないことですが)、今日のアンドラーシュ・シフのリサイタルが聴けて、生きていて本当によかったと感じ、クララ・ハスキルが聴けなかった思いを払拭することができました。それほど素晴らしいリサイタルでした。

最初に演奏されたモーツァルトは一昨日の不満を解消してくれる会心の演奏。モーツァルトの最後のピアノ・ソナタの深さを初めて分からせてもらえるような演奏でした。そして、シューベルトはあり得ないような最高の演奏。一昨日演奏されたピアノ・ソナタ第20番 イ長調 D959でシューベルトは音楽的には最高点に達したかも知れませんが、今日のピアノ・ソナタ第21番 変ロ長調 D960で精神的に最高点に達したと確信させてくれるような魂のこもった演奏でした。ここでsaraiは集中力を使い果してしまし、いったん集中力が落ちてしまいます。ハイドンの素晴らしい演奏が始まっても一向に身が入りません。美しい響きと躍動感に満ちたハイドンのソナタが頭の上を通り過ぎていきました。そして、ベートーヴェンの最後のソナタが始まってもその状態が続きます。部分的にはその素晴らしい演奏に聴き入りますが、すぐに集中力が途切れます。そして、第2楽章の後半に至って、まさに神が舞い降りてきました。あまりの素晴らしい演奏によって、再び、集中力が戻ってきたんです。シフが奏でる驚異的とも思える究極の演奏にじっと耳を傾けます。ベートーヴェンがその最後のピアノ・ソナタで人間としての苦悩の末に自ら神の域に達したことを悟らせてくれるようなシフの超絶的な(技巧ではなく精神的に)演奏の前にsaraiはただただ、感動するのみでした。ベートーヴェンとシフが作り出した音楽の力によって、神の世界を垣間見せてもらった思いです。

素晴らしい音楽作品、たゆまない努力と才能でとことんまで音楽を表現し尽くす演奏者、それを受容する聴衆の心と体力、それらが一体になったときに歴史的な芸術事件が起きるのだと思いました。奇跡のようなコンサートでした。

今日のプログラムは以下です。

  ピアノ:アンドラーシュ・シフ
 
モーツァルト:ピアノ・ソナタ第18(17)番 ニ長調 K.576
シューベルト:ピアノ・ソナタ第21番 変ロ長調 D960
ハイドン:ピアノ・ソナタ第62番 変ホ長調 Hob. XVI: 52
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第32番 ハ短調 op.111
  ※休憩なし

  《アンコール》

J.S.バッハ:ゴールドベルク変奏曲BWV.988~アリア
J.S.バッハ:パルティータ第1番変ロ長調BWV.825~メヌエットとジーグ
ブラームス:3つの間奏曲Op.117~第1番 変ホ長調
バルトーク:「子供のために」BB53,Sz.42~第2巻40番《豚飼いの踊り》・・・昨日記載の情報は誤りでした。訂正します。
モーツァルト:ピアノ・ソナタ第16(15)番ハ長調K.545~第1楽章 アレグロ ハ長調
シューベルト:即興曲集D899~第2曲変ホ長調
シューマン:『子供のためのアルバム』Op.68~第1部第10曲 楽しき農夫


まず、最初はモーツァルトのピアノ・ソナタ第18(17)番 ニ長調 K.576です。一昨日はモーツァルトの響きに多少なりとも不満が残ったんですが、今日は実に粒立ちのよい響き。それでいて、円熟したシフらしい温かく、まろやかな響きも兼ね備えています。モーツァルトのピアノ・ソナタを聴くときはどうしてもペダルの踏み方が気になって、そちらに視線がいってしまいます。もちろん、シフはほとんど、ペダルを踏みません。足を離していることも多いです。しかし、ここぞという響かせところでは躊躇なく、軽くペダルに触れています。実に微妙な感じです。第1楽章は歯切れよく、あまり弱音効果は狙わない明快な演奏です。それでも、明るさの中にある種の哀しみの翳を感じさせる深みのある表現にぐいぐい惹き込まれます。第2楽章は最高のモーツァルトでした。やはり、シフは緩徐楽章の表現力が抜群です。その美しい演奏は形容ができません。中間部のメロディアスな表現はアイロニーに満ちています。第3楽章にはいると、一転して、軽快に弾むような演奏に変わります。実に愉悦感に満ちた演奏です。やはり、モーツァルトは最後までモーツァルトであり続けます。円熟したには違いありませんが、永遠の青年像のまま、モーツァルトは最後のピアノ・ソナタを締めくくりました。シフの見事なモーツァルトでした。若い頃のCDに聴くシフのモーツァルトも素晴らしいですが、ここには巨匠となったシフでしか描き出せないモーツァルトがありました。

次はいよいよ、シューベルトの最後のピアノ・ソナタを聴きます。シフは来日前のインタビューで、シューベルトの最後の3つのソナタは同時に書かれたもので、内容的に最後のピアノ・ソナタと感じるのは一昨日弾いたピアノ・ソナタ第20番 イ長調 D959であるという趣旨の発言をしていました。確かに音楽的なレベルで言えば、そうかなとも思いますが、今日のピアノ・ソナタ第21番 変ロ長調 D960は誰でも心の奥底に響いてくる、特別なものという感覚はあると思います。音楽を超えた何かです。ですから、予習しているときにも感じましたが、この曲を愛奏しているピアニストが多いのもそういうことかなとも思います。ということで、この曲がシューベルトの最後のソナタであるかどうかは別として、シューベルトの特別のピアノ・ソナタを聴くという緊張感を持って、シフが弾き始めるのを待ちます。意外に抑えた響きではなく、少しくぐもってはいますが、はっきりした響きであのタ・タ・タ・タータ・ターンという何とも言えない素晴らしいメロディーが弾かれ始めます。そして、あの不可解なトリルが弾かれますが、あまり、ぼんやりした響きではなく、しっかりと明確な響きです。もちろん、これらは一般的な演奏と比べての話であって、全体的には抑えた表現ではあります。そして、次第に音楽ははっきりとした姿を現してきます。この長大な第1楽章はここから圧巻の展開を果たします。この第1楽章は難しい音楽だと思うんです。シフは実に精神性の高い見事な音楽を聴かせてくれました。フォルテ、あるいはフォルテシモの圧倒的な響きには震撼させられましたし、何よりもシューベルトの打ち震えるような心の機微を完璧に表現し尽くしてくれました。大変な感銘を受けました。そして、大好きな第2楽章が始まります。いつもは水墨画的に感じる楽章ですが、今日の演奏は光も色も感じます。心は感動に満たされます。いつまでも終わらないでほしいと願ってしまうような美しい音楽が続きました。第2楽章が感動のうちに終わり、一体、この後にどういう音楽が続けられるんだろうと思ってしまいます。シフはちょっとためらったように時間をおいて、そっと第3楽章を弾き始めます。いつも終楽章へのつなぎの音楽に感じますが、この日の演奏は際立って、美しい演奏です。第2楽章の残照を忘れさせてくれるような輝くような音楽に心が浮き立ちます。この比較的短い楽章が終わり、すぐに第4楽章の冒頭のバーンという響きが打ち鳴らされます。紆余曲折して、最強音の頂点にいったん上りつめます。圧倒的な演奏に感動します。そして、また沈静化した音楽はフィナーレに向かって、シューベルトの心の襞を紡いでいきます。シフが最後に作り出した強烈な音楽のインパクトは如何ばかりのものだったでしょう。圧倒的なフィナーレにsaraiの魂は感動するのみです。これ以上、何も言うことはありません。

ある意味、放心状態に陥りました。普通なら、この曲でリサイタルを終わるところでしょう。これ以上、音楽を聴き続ける耳も体力もありません。それでも、無情にハイドンの最後のソナタ、ピアノ・ソナタ第62番 変ホ長調 Hob. XVI: 52が素晴らしい響きで始まります。しかもその活き活きとした表現は見事です。しかし、残念ながら、saraiはその音楽についていけませんでした。この曲って、こんなに長かったっけと思うほど、第1楽章がいつまでも続きます。別のシテュエーションで聴きたかったですね。アドレナリンの切れたsaraiの頭上をハイドンの素晴らしい音楽が通り過ぎていきました。

さあ、最後はベートーヴェンの最後のピアノ・ソナタです。気持ちを立て直して、ピアノ・ソナタ第32番 ハ短調 op.111に耳を傾けましょう。第1楽章は激しく、堂々たる演奏で展開されていきます。シフはまさにヴィルトゥオーソ的に圧巻の演奏です。しかし、saraiはここに至っても、なかなか音楽に入り込めません。素晴らしい音楽を耳で聴いているのに主情的な聴き方ができません。まだ、シューベルトで燃やし尽くされた心が戻ってきていません。ベートーヴェンが自らのものとした素晴らしいフーガをシフが描き尽していきます。バッハを最も得意にするシフならでは見事なフーガです。saraiはそれを放心の体で眺めているだけです。そして、遂にベートーヴェンが到達したピアノ音楽の最高峰とも思える第2楽章のアリエッタが始まります。何と美しい音楽でしょう。しかし、saraiの心は冷めきっています。そのまま、第3変奏まで進行します。素晴らしい音楽が目の前に展開されているのに、どこか遠くの風景でも見るように感じています。第4変奏が始まります。ふっと、saraiの心が明晰になり、ぱぁーっと音楽が流れ込んできます。まるで音楽の神が降りてきたような奇跡です。そして、シフの演奏する音楽の高貴さたるや、驚異的な高みにあります。連続するトリルが圧倒的に心に響きます。静かに音楽が終わるとき、大変な名演を聴いてしまったことを悟りました。会場もシーンと静まり返っています。シフも長い間、その弾き終えた姿のままでいたようです。saraiの視覚は凍り付いていたので見ていませんが、会場の静かな様子でそう感じました。お陰で素晴らしい音楽をかみしめることができました。拍手を控えてくれた素晴らしい聴衆に感謝するしかありません。

ベートーヴェンはその生涯において、ピアノ・ソナタをこの曲で完璧に完結したことを完全に理解することができました。これ以上、何を付け加えることがあるでしょう。
そして、若くして突然の死に見舞われたシューベルトもどうしてだか、彼のピアノ・ソナタを完璧な形で書き終えたことを完全に理解しました。
今日のピアノ・リサイタルはその二人の天才の偉業を完璧に聴衆に示してくれる究極の演奏が展開された、これ以上はないリサイタルになりました。アンドラーシュ・シフが到達した圧倒的な高みには目がくらむほどです。生涯、これ以上のピアノ・リサイタルは望むべくもないでしょう。

正直、アンコールは不要でした。一瞬、シフもその気になったかなと思いましたが、気持ちの優しいシフはアンコールをせずにいられないようです。それにしても、これだけの音楽を演奏した後に何を弾いても無粋になるでしょう。あっ、シフが静かに弾き始めたのは、バッハのゴールドベルク変奏曲です。saraiの心を嘲笑うかのごとく、西洋音楽の最高峰とも思える音楽を弾き始めました。バッハを忘れてもらっては困るねと言わんばっかりです。あれだけの音楽を弾き切ったシフはどこにエネルギーが残っているのか、超絶的に美しいアリアを弾き続けます。もしかしたら、この人はこの長大な音楽を弾き続けるのかと思っていると、アリアだけで弾くのを止めます。こんな素晴らしいものを日本人の聴衆に垣間見せたからには、いつか、日本でゴールドベルク変奏曲全曲を聴かせてくれるんでしょうね。→シフと関係者の方へ
まだ、アンコールは続きます。何と、saraiの一番好きな鍵盤音楽のバッハのパルティータです。これも素晴らしいです。これもいつか全曲聴かせてくださいね。→シフと関係者の方へ
何と次はブラームスの後期のピアノ曲です。saraiの知る限り、CDでもシフはブラームスのピアノ曲は《ヘンデルの主題による変奏曲》しか録音していない筈です。因みにあれは素晴らしい演奏でした。これを聴かせてくれるんだったら、次の企画はシューベルトとブラームスの後期ピアノ曲にチクルスってことでお願いしたいものです。→シフと関係者の方へ
あと、念願のシューベルトの即興曲も聴かせてもらえて、満足。モーツァルトのソナチネも一昨日のアンコールのときに比べて、格段の素晴らしさでした。

バルトークとシューマンの続きは、夏のザルツブルク音楽祭で聴かせてもらいます。もちろん、バッハもね。



↓ 音楽を愛する同好の士はポチっとクリックしてsaraiと気持ちを共有してください

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       シフ,  

ランス大聖堂&シャンパーニュ地方:サン・エティエンヌ大聖堂の美しきステンドグラス

2016年7月23日土曜日@パリ~ランス&シャンパーニュ地方/21回目

シャロン=アン=シャンパーニュChâlons-en-Champagneのサン・エティエンヌ大聖堂Cathédrale Saint Etienneの中に入ったところです。パリに戻るTGVに乗るために駅に向かう途中なので、あまり、時間がなく、急いで内部鑑賞をすませましょう。
身廊の中央に出ます。白く美しいゴシック空間が広がります。西側の正面には大きなパイプオルガンがあります。

2017032501.jpg



そして、内陣のほうを振り返ります。おおーっ!! 内陣奥のステンドグラスがとっても美しいです。

2017032502.jpg



素晴らしい内陣ですね。

2017032503.jpg



今度は横を眺めます。側廊の窓は美しいステンドグラス。聖母子などが描かれています。

2017032504.jpg



あまりの美しさに側廊に並ぶステンドグラスを見入ってしまいます。

2017032505.jpg



で、もう一度、内陣の上方のステンドグラスを眺めます。聖人たちがずらっと描かれています。何て綺麗なんでしょう。

2017032506.jpg



再び、身廊内に目をやります。見事な説経壇があります。

2017032507.jpg


身廊をずっと後ろのほうに歩いていきます。そこから、大聖堂内を見渡します。林立する柱、天井の4分ヴォールト、壁中に並ぶステンドグラス、白を基調とした美しいゴシック空間です。

2017032508.jpg



側廊に並ぶステンドグラスの極上の美しさにただただ魅了されます。

2017032509.jpg



身廊を前方に進みながら、南側廊のステンドグラスを眺めます。

2017032510.jpg



素晴らしいステンドグラスが続きます。

2017032511.jpg



説経壇の真向かいには十字架のキリスト像が色鮮やかなステンドグラスを背景に飾られています。何と言う美しさなんでしょう。

2017032512.jpg



クロッシングまで進んできました。北翼廊の出入り口の上方には大薔薇窓、ランセット窓のステンドグラスが見えています。

2017032513.jpg



聖母子像のある礼拝堂があります。

2017032514.jpg



一部の床はガラス張りになっていて、その下に綺麗な石組みの床面が見えます。古い昔のままの床面なのでしょうか。

2017032515.jpg



あまりに美し過ぎるステンドグラスに酔いしれながら、大聖堂の内部を後にします。北翼廊の出口を出て、大聖堂の北側面の前に立ちます。彫像があります。戦争の慰霊碑でしょうか。

2017032516.jpg



マルヌ通りRue de la Marneを歩いて、照りつける夕陽を浴びながら、駅に向かいます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR