fc2ブログ
 
  

アヴデーエワの圧倒的なグリーグに感銘!読売日本交響楽団@みなとみらいホール 2017.4.23

いやはや、今回もアヴデーエワは圧巻の演奏を聴かせてくれました。こういう演奏を期待して、思わず、読売日本交響楽団のみなとみらいホリデー名曲シリーズの年間会員チケットを購入しましたが、見事に期待に応えてくれました。あの伝説的なリパッティにも匹敵する天才的なひらめきに満ちた演奏です。ひとつ間違えれば、崩壊するかもしれないような奔放さでしたが、最後まで集中力を持続して、熱い魂の燃焼を聴かせてくれました。ロマンティックであり、ヴィルトゥオーソ的でもある、鉄壁の演奏です。いくら褒め称えても褒め過ぎにならない素晴らしい演奏でした。些細なミスなど何の意味もありません。しかし、グリーグのピアノ協奏曲って、こんなに充実した音楽だったんですね。実はsaraiはこの曲に対して、苦い記憶を持っていたんです。それはsaraiが子供のときに遡ります。小学校(あるいは中学校?)で毎朝、ひどい音のスピーカーで流されていたのがこの曲だったんです。冒頭の妙に張り切ったようなフレーズがいやでいやでたまりませんでした。これがある意味、トラウマになっていました。今日のアヴデーエワの演奏でそれがようやく払拭されました。もちろん、いかにアヴデーエワに期待していたと言っても、グリーグのピアノ協奏曲を聴くかどうかは迷いに迷った挙句のチケット購入だったんです。しかし、トラウマは払拭されたものの、今後、このアヴデーエワの会心の演奏を上回る演奏をを聴けるような気がしないのも事実です。新たな壁ができて、結局、グリーグのピアノ協奏曲はsaraiに縁のない曲なのかもしれません。

指揮のサッシャ・ゲッツェルですが、昨年、神奈川フィルでマーラーの交響曲第5番の迷演を聴いて、今日もまったく期待していませんでした。ところが冒頭のプログラム、ウェーバーの歌劇「魔弾の射手」序曲がとても素晴らしい演奏でびっくり。オーケストラが変わっただけで、こうも変わるものかと驚かされます。読売日本交響楽団の独特の響き、特に低弦の充実ぶりには魅力を禁じ得ませんが、そのオーケストラを見事にドライブするゲッツェルの指揮も魅力的です。あの悪夢のようなマーラーはゲッツェルと神奈川フィルのあまりの相性の悪さ故の結果だったんでしょうか。グリーグのピアノ協奏曲でも見事なサポートぶりで、奔放なアヴデーエワの演奏にぴったりと寄り添ったオーケストラの演奏を聴かせてくれました。
圧巻だったのは後半のドヴォルザークの交響曲第7番です。終始、素晴らしい響きで魅了してくれました。まるでブラームスの交響曲第2.5番という感じです。これは褒め言葉ですよ。美しい響きのドヴォルザークにすっかり満足してしまいました。とりわけ、第3楽章と第4楽章に感銘を受けました。次は是非、ブラームスを聴かせてほしいところです。

今日のプログラムは以下です。

  指揮:サッシャ・ゲッツェル
  ピアノ:ユリアンナ・アヴデーエワ
  管弦楽:読売日本交響楽団 長原幸太(コンサートマスター)

  ウェーバー:歌劇「魔弾の射手」序曲
  グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調 Op.16
   《アンコール》チャイコフスキー:瞑想曲(18の小品 Op.72 第5曲)

   《休憩》

  ドヴォルザーク: 交響曲第7番 ニ短調 Op.70




アヴデーエワの演奏に感激するあまり、CDを買い求め、彼女のサインをいただきました。(割と素直なサインですね。)

2017042299.jpg




素晴らしい演奏でしたと感想を述べると、彼女はにっこりしながら、Thank you!という言葉をかけてくれました。今や、彼女はsaraiのお気に入りピアニスト(海外)のベスト3の一人です。残りの二人はアンドラーシュ・シフとマレイ・ペライアです。それにしても今年はピアノの当たり年。既にシフとアヴデーエワの最高の演奏を聴き、今後、アンジェラ・ヒューイット、グリゴリー・ソコロフも初聴きの予定です。あっ、田部京子のシューベルトも聴きます。なんだかんだ言っても、saraiはピアノが大好きなんです。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       アヴデーエワ,
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR