FC2ブログ
 
  

シューベルト&ショスタコーヴィチ ツィクルス III:ハーゲン・カルテット@トッパンホール 2017.7.5

ハーゲン・カルテットの〈ハーゲン プロジェクト 2017〉と銘打った3夜連続のコンサート・シリーズの3夜目(最終日)です。シューベルトとショスタコーヴィチの後期の作品を並べたものですが、今日は2人の最後の弦楽四重奏曲、第15番が演奏されました。

前半のショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲第15番は何という張り詰めた緊張感の演奏でしょう。saraiも聴衆も息をひそめるような雰囲気です。この作品は作曲した翌年にショスタコーヴィチがこの世を去りますが、彼は自分の死を悟って、最後の弦楽四重奏曲を作ったようです。そのため、弦楽四重奏曲というよりもモノトーンのレクイエムといったほうがふさわしい作品です。この作品を聴くときはいつも、ショスタコーヴィチを偲ぶ会に参列しているような気分になりますが、今日もまさにそんな感じです。ハーゲン・カルテットの集中力のある演奏には感銘を受けるばかりです。単なる音楽を超えた何かが心に響いてきました。演奏者も聴衆も最後は魂のぬけがらのようになってしまうくらい、緊張感の持続を強いられました。ふーっ、疲れた!!

そして、真の意味で音楽に魅了されたのは後半のシューベルトです。このシューベルトの作品は同じく最後の弦楽四重奏曲とは言え、ショスタコーヴィチと違って、シューベルトは死の予感などはなく、彼の創作力の頂点で作られた傑作中の傑作です。最晩年の室内楽作品を別にすると、室内楽の高みを極め、さらに上を目指していくというものです。ハーゲン・カルテットの演奏はアーティキュレーションの限りを尽くして、シューベルトの魂の奥底に迫る絶対的な名演を聴かせてくれました。とりわけ、第4楽章の精妙さとダイナミズムを兼ね備えた演奏はただただ、惹きつけられるものでした。ハーゲン・カルテットのメンバーも力を出し尽くした感のある究極の演奏でした。どのフレーズもパーフェクトで心のこもった演奏で、saraiはその演奏に頭が下がる思いです。音楽を演奏する行為は大変な労苦を強いられることが間近で聴いて実感できました。これまた、聴いているこちらも疲れました!! でも充足感に満ちた演奏に大満足。もちろん、力を出し尽くした彼らはアンコールなし・・・当然です。

今日のプログラムは以下のとおりです。

 〈ハーゲン プロジェクト 2017〉シューベルト&ショスタコーヴィチ ツィクルス III

ハーゲン・カルテット Hagen Quartett
    ルーカス・ハーゲン Lukas Hagen (ヴァイオリン)
    ライナー・シュミット Rainer Schmidt (ヴァイオリン)
    ヴェロニカ・ハーゲンVeronika Hagen (ヴィオラ)
    クレメンス・ハーゲン Clemens Hagen (チェロ)

  ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第15番 変ホ短調 Op.144

   《休憩》

  シューベルト:弦楽四重奏曲第15番 ト長調 D887


大変、素晴らしい3日間でした。特にシューベルトの魂と通じ合ったような演奏は最高でした。成熟の時を迎えたハーゲン・カルテットは次に何を聴かせてくれるのでしょうか。
最後にこのコンサートに集まった聴衆のレベルの高さにも敬意を表したいと思います。曲の終了後のフライングの拍手などは皆無で、静まり返ったホールは聴衆の感動に満ちていました。演奏したハーゲン・カルテットもこういう聴衆には満足したでしょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ハーゲン・カルテット,
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR