FC2ブログ
 
  

グリゴリー・ソコロフ・ピアノ・リサイタル@ザルツブルク祝祭大劇場 2017.8.1

今年のザルツブルク音楽祭で遂にグリゴリー・ソコロフのピアノを生で初めて聴きました。結論から言えば、噂にたがわぬ素晴らしい演奏を聴かせてくれました。最後に演奏したベートーヴェンのピアノ・ソナタ第32番ハ短調Op.111のアリエッタの素晴らしいこと、感動しました。今年はアンドラーシュ・シフの来日コンサートに続いて、このベートーヴェンの最後のピアノ・ソナタの究極の演奏を2度も聴けるなんて、ピアノ好きとしては嬉しい限りです。

前半のプログラムはモーツァルトでしたが、その内容は微妙なところ。テクニックもピュアーな響きもそして、音楽性もすべて素晴らしいのですが、何か、もうひとつ、心に響いてきません。何が問題だったのでしょう。

後半のプログラムはベートーヴェンのソナタ2曲。これは最高に素晴らしい演奏でした。冴えていて、潤いのある響きで実に正統的な演奏です。この演奏を聴いていて、ポリーニの演奏したCDを上回るかなと思いつつ、何か、記憶の端にひっかかるものを感じていました。そして、ふいにある演奏家のことを思い出しました。ヴィルヘルム・バックハウスです。彼は鍵盤の獅子王と呼ばれていましたが、CDで聴いた感じでは、美しい響きで女性的とも思えるなよやかな演奏をしています。グリゴリー・ソコロフもその系譜につながるような演奏をしているように思えます。モーツァルトがもうひとつに感じたのは、あまりに立派な演奏をし過ぎて、ひたむきさとか、詩情が感じられなかったためです。しかし、ベートーヴェンでは、逆にその立派な演奏がプラスに働いて、前向きなテンションの高さ、崇高な諦念というベートーヴェンの精神世界を見事に体現していました。今回の公演は録音・録画していたので、いずれ、DVD,CDになるのでしょう。今日のベートーヴェンは名演として、語り継がれていくことになるでしょう。それにそても、冴えわたった美音で演奏されたアリエッタはまさに天上の世界の天使を思わせる崇高な音楽でした。同じレベルの第31番Op.110の演奏を聴きたいものです。

アンコールははっきりした曲名が言えないので申し訳けありませんが、いずれも耳馴染んだ名曲がソコロフらしい美しいタッチで歌われ、ベートーヴェン同様、素晴らしい音楽でした。シューマンのアラベスクは数日前にシフのアンコールでも聴いたばかり。まるで聴き比べですが、いずれ、アヤメかカキツバタという感じ。いずれも名人・達人のレベルの音楽でした。

今日のプログラムは以下です。

 ピアノ:グリゴリー・ソコロフ

 モーツァルト:ピアノ・ソナタ第15番ハ長調K.545
 モーツァルト:幻想曲ハ短調K.475
 モーツァルト:ピアノ・ソナタ第14番ハ短調K.457
 
  ≪休憩≫

 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第27番ホ短調Op.90
 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第32番ハ短調Op.111

  ≪アンコール≫

 シューベルト:楽興の時 D.780より第1番ハ長調
 ショパン:2つの夜想曲 Op.32
 ラモー:『コンセール用クラヴサン曲集』よりL'Indiscrete
 シューマン:アラベスク Op.18
 ドビュッシー:前奏曲集 第2巻より第10曲『カノープ』



↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR