FC2ブログ
 
  

プロコフィエフ/ショスタコーヴィチ ネルソンズ&ウィーン・フィル トリフォノフ@ザルツブルク祝祭大劇場 2017.8.6

ザルツブルク音楽祭の最後は日曜のウィーン・フィルの午前11時からの公演を聴きます。それが終わったら、即、帰国です。

前半のプロコフィエフのピアノ協奏曲第2番はトリフォノフの一人舞台。そうはがんがん弾きまくるタイプではありませんが、曲が曲ですから迫力十分。ものすごい音量というよりも切れのよいタッチが心地よく感じます。抒情的なパートでの雰囲気は素晴らしいです。いずれにせよ、この難曲をパーフェクトに弾き切ってしまいました。恐るべきテクニックの持ち主であることは間違いありません。

後半は前日のオペラに引き続いて、ショスタコーヴィチの作品をウィーン・フィルで聴きます。ショスタコーヴィチはそうウィーン・フィルに向いた曲には思えませんが、さすがに見事な演奏。ただ、やはりネルソンズの指揮よりも師匠格のヤンソンスに一日の長があります。昨日も書いた通り、暴力的とも思える爆演がすさまじかったんです。ネルソンズは熱血漢ではありますが、むしろ、静謐なパートでの弦楽合奏が素晴らしい感じ。でもネルソンズの指揮というよりもウィーン・フィルの素晴らしさかもしれません。弦のアンサンブルに比べて、管のアンサンブルがあまりよくなかったのはどうして?

今日のプログラムは以下です。

 指揮:アンドリス・ネルソンズ
 ピアノ:ダニール・トリフォノフ
 管弦楽:ウィーン・フィル

 プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番

  ≪アンコール≫ プロコフィエフ:束の間の幻影??

  ≪休憩≫

 ショスタコーヴィチ:交響曲第7番「レニングラード」


ところで、これまでのウィーン・フィルのマーラー2回とオペラ1回のコンサートマスターはホーネックで隣にはダナイローヴァが座っていました。昨日は夜のオペラだったので、今朝のコンサートのコンサートマスターは誰なんだろうと思っていたら、シュトイデが登場。しかし、コンサートマスター席の隣に座ります。コンサートマスターは新しく4人目のコンサートマスターになった人のようです。saraiは初めて見ます。ジョゼ・マリア・ブルーメンシャインですね。ケルンWDR響のコンサートマスターだったそうです。ライナー・キュッヒルの後任ということで30歳以上も若返りました。今日はショスタコーヴィチでソロもありましたが、まずまず、美しい響きの演奏。ウィーン・フィルらしい響きにはこれから変身していくのでしょうか。



↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

 

最後の音楽三昧:旅の18日目

今、ミュンヘン空港の搭乗待合室でパリのシャルル・ド・ゴール空港行の飛行機の搭乗待ち。あと1時間ほどで出発です。パリ経由で羽田に向かいます。長かったような、短かったような旅も終わりを告げようとしています。

今朝は祝祭大劇場でウィーン・フィルのコンサートを聴き、音楽を聴き納め。その前に朝食代わりにザルツブルクの美味しいケーキを老舗カフェのフュルストで頂きました。さすがにオーストリアのケーキは一味も二味も違います。満足です。コンサートが終わると、小雨模様。構いませんよ。ホテルまではトンネルを通っていけば、ほとんど濡れることはありません。ホテルでビッグなトイレを借りて、旅姿に着替え、ホテル前のバス停からバスでザルツブルク中央駅に向かいます。何故か、日曜のためか道が大渋滞。時間は余裕があるので、慌てることはありません。ザルツブルクからミュンヘン空港に移動しますが、電車も日曜のせいか、雨模様にもかかわらずのレジャー帰りの人たちで大混雑。念のためにファーストクラスのバイエルン・チケットを買っておいたのが大正解。saraiたちは余裕で座席を広々と占領して、移動します。ミュンヘン・オスト駅からのSバーンのS8の電車はファーストクラスがついていませんが、幸運にも並び席がゲットできて、座ったままで移動できました。ミュンヘン空港では、エールフランス航空らしく、荷物タグはセルフサービスで印刷させられますが、特に問題なし。早めに荷物のドロップオフ完了。ということで、今、余裕で最後の現地報告を書いています。

空港は夕日に照らされています。天気も回復したようです。日本は台風が襲来しているようですが、まあ、どこかには着陸できるでしょう。また、日本に帰国後、旅ブログを仕上げます。コンサート・オペラ記事も2回分、抜けていますから、帰国後、記事を作成・アップします。少々、眠くなってきています。では・・・。



↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR