FC2ブログ
 
  

マイヤーホーフェンの1日:マイヤーホーフェン散策・・・猛烈な暑さに早々に退散

2016年7月29日金曜日@イェンバッハ~マイヤーホーフェン/10回目

マイヤーホーフェンMayrhofenのロープウェイ、ペンケンバーンPenkenbahnとコンビバーン・ペンケンKombibahn Penkenのゴンドラを乗り継いで、ペンケン山頂Penkenに上り、美しいお花畑とチロルの山々の絶景を楽しんできました。
その後、下界のマイヤーホーフェンの町で散策を楽しむことにします。
マイヤーホーフェン駅のほうに向かって、メインストリートのハウプト通りHauptstraßeを歩きます。スポーツ店が多いのですが、どのお店もバーゲン真っ最中です。と言っても旅先なので、かさむようなスポーツ用品を買い込むわけにはいきませんね。もうひとつ、どうやら、マイヤーホーフェンの町では明日からの週末はお祭りが催されるようで、舞台の設営や屋台の準備中です。

2017082201.jpg



マイヤーホーフェンのカトリック教会です。チロルらしく、可愛い雰囲気です。

2017082202.jpg



町の中心地では、お祭りに向けてテラスの準備で忙しそうです。今日以上に大勢の人が押しかけてくるのでしょうね。

2017082203.jpg



このあたりで食事とも思い、レストランを物色しますが、それ以前に、朝とは違い気温が上昇し暑くてたまりません。食事の時間まで留まる元気が出ません。そろそろ退散しましょう。

2017082204.jpg



お祭りの横断幕が出ています。サイクリングの人たちの祭典みたいです。音楽のイベントもあるようです。

2017082205.jpg



最後にツーリストインフォメーションを発見します。ちょっとだけ寄っていきましょう。

2017082206.jpg



タウンマップをいただけました。その地図でここまでの散策ルートをチェックしておきましょう。

2017082207.jpg



帰りはまた、ツィラータール鉄道Zillertalbahnのレトロなディーゼルカーです。ツィラータールZillertalの美しい自然の中を走り抜けていきます。

2017082208.jpg



配偶者は車窓に張り付いていますが、疲れたsaraiはウツラウツラ・・・。

イェンバッハJenbachに戻ってきました。明日はこの駅に荷物を預けておきたいのでコインロッカーを探します。コインロッカーの表示があり、発見出来たのでホッと一安心です。なかなか立派なコインロッカーがあります。いつもコインで苦労するので、いくらなのか確認しておきましょう。ところが、試してみるとうまく作動しません。どれも故障してるのでしょうか。仕方がないので駅員さんに確認すると、コインロッカーは使えないよとのつれない返事。ぬか喜びでした。でも、確認しておいてよかったです。カバンを持って出かけてきてしまったら、面倒なことになるところでした。そうこうしていると、明日乗る予定のアーヘンゼー鉄道の蒸気機関車が帰ってきます。大勢の人が降りてきて賑やかです。大人気のようですね。蒸気機関車も大サービスで、盛大に汽笛を鳴らしています。その中で、突然日本語が聞こえてきてビックリです。数人の高齢の日本人です。観光客かしら? 現地にお住まいの方かしら? 彼らはインスブルック行きの電車に乗りこんでいきました。この旅では一度日本人の家族連れと出会いましたが、それ以外は全く日本人には会っていません。こんなところにわざわざ出かけてくる人は少ないようですね。

疲労回復をはかって、今日もホテルまでタクシーを奮発します。ホテルの部屋にはエアコンがないのでさぞかし暑いだろうと思っていたら、東向きの部屋は日が陰っていて、涼しくてほっとします。早く戻ってこられたので、配偶者は洗濯、saraiは明日のプランの再検討です。さて、7時になったので、夕食にしましょう。今夜もホテルのレストランで贅沢な食事です。レストランはなんと一番乗り。まだレストランには電燈も点いていなくて、とっても暗いです。一瞬、今日はレストランはお休みかとびっくり。すぐにスタッフが電燈のスイッチを入れて、テーブルに案内してくれます。
まずはオーストリア産の白ワインで好天のチロルの山巡りを祝して、乾杯!

2017082209.jpg



saraiはビーフステーキをいただきます。

2017082210.jpg



配偶者はコルドンブルーです。

2017082211.jpg



食事をしながら、壁の装飾を眺めていると、1890年のイェンバッハの町の様子を描いた絵があります。さびしい田舎町ですが、なんと蒸気機関車は走っていたようです。

2017082212.jpg



食事が終わり、最後にコーヒーを頂こうということになり、メランジェを・・・とお願いすると、それ何?という表情をされます。コーヒーだけどというと、エスプレッソねといいます。いえいえミルク入りの・・・と言うと、ノーマルねと言ってコーヒーが出てきました。ここは、オーストリアでしょ。メランジェが通じないなんて・・・。チロルはウィーンが遠く、イタリアに近いのね。ものすごい驚きと新知識となりました。

2017082213.jpg



明日はアーヘン湖Achenseeを見物して、その後、ザルツブルクに移動して、いよいよ、夜はザルツブルク音楽祭。早速、ウィーン・フィルの演奏を聴きます。わくわくです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR