fc2ブログ
 
  

ウンタースベルクの頂上を散策

2016年8月2日火曜日@ザルツブルク/4回目

ウンタースベルクUntersbergの頂上駅の小高い展望台で四方に広がる絶景を楽しんでいるところです。
最後にザルツブルグSalzburgの左に広がる平原を眺めます。山の先はキーム湖があります。

2017092001.jpg



山の陰にキーム湖らしき水面が見えています。

2017092002.jpg



最後の最後にヴァッツマン山Watzmannがよく見える場所を探します。ようやくベストポジションと思える場所を見つけます。手前の山が若干、邪魔ですが、何とか、ヴァッツマン山を眺めることができて、満足です。

2017092003.jpg



展望台を離れて、また、ウンタースベルクの山頂のハイキング道に戻ることにします。

2017092004.jpg



山の裾を見下ろすと、いかにウンタースベルクが切り立った山であるかが分かります。

2017092005.jpg



山裾の集落が見えます。最大限にズームアップしても家々がとっても小さく見えます。1000m以上の高低差です。

2017092006.jpg



こちらはさきほどロープウェイに乗ってきた麓駅があるウンタースベルク麓の村です。山麓からザルツァッハ川Salzachの支流が流れているのが見えます。この支流は上方を左右に流れているザルツァッハ川に合流しています。ちょうど合流地点にはタウエルン・アウトバーンTauern Autobahn A10という高速道路の橋が架かっています。

2017092007.jpg



展望台から下って、ハイキング道に入ります。ちょっと先のほうに行ってみましょう。

2017092008.jpg



山頂の道はすこぶる景色が美しく眺められます。絶景を眺めながらの散策ですが、道は結構、高低差があるので、上り坂、下り坂の連続です。ふーふー言いながら歩きます。

2017092009.jpg



道標があります。このハイキング道はまだ延々と3時間以上も続くようです。何と何と・・・。

2017092010.jpg



道の傍らには可愛い小花が咲いています。

2017092011.jpg



突如、大きな山の亀裂に遭遇します。巨大な岩の割れ目です。割れ目から、美しい景色が顔を出しているのが笑えます。

2017092012.jpg



何かの記念碑があるようです。ちょっと道をそれて、見に行ってみましょう。

2017092013.jpg



第1次世界大戦と第2次世界大戦の慰霊碑のようですね。合掌・・・

2017092014.jpg



このあたりは眺めが素晴らしいです。ちょっと景色を楽しみましょう。

2017092015.jpg



景色を楽しんだところで、切りがないので、そろそろ引き返しましょうか。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

Steppkeです。

その時のハンナはMara Mastalir(マーラ・マスタリル)で、ヴァランシエンヌはRebecca Nelsen(レベッカ・ネルセン)でした。ちなみにダニロはMarco Di Sap

05/22 00:24 Steppke

Steppkeさん、こんばんは。

専門的なコメント、ありがとうございました。

2015年の新国立劇場のこうもりは経歴に書かれていました。その公演を見られたんですね。

フォ

05/21 03:12 sarai

sarai さん、こんにちは。Steppke です。

マヌエラ・レオンハルツベルガー(Manuela Leonhartsberger)には、2回遭遇しています。

1回目(2015年2月)は、新国立劇場の

05/20 22:33 Steppke

最後までレビューありがとうございます。最後は時間の都合がつかず視聴できず、非常に残念でした。

アンコールも含め好評のレビューを見てますます残念ですが、お陰様でど

04/02 12:33 

michelangeloさん

saraiです。大変、ご無沙汰しています。
このたびは過分なご評価いただき、恐縮しています。

よいコンサート、オペラを聴くと、興奮して、記事を書き過

03/31 01:42 sarai

sarai様

こんばんは。

3月に8回も《トリスタンとイゾルデ》公演が開催される東京は音楽都市です。再び御感想を拝読し、改めて感じるのはsarai様のクラシック音楽オペラ公

03/29 21:28 michelangelo

《あ》さん、saraiです。

結局、最後まで、ご一緒にブッフビンダーのベートーヴェンのソナタ全曲をお付き合い願ったようですね。
こうしてみると、やはり、ベートーヴェン

03/22 04:27 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR