fc2ブログ
 
  

モーツァルトの魔笛の作曲小屋はどこ?

2016年8月3日水曜日@ザルツブルク/2回目

ガイスベルクGaisberg行のバスが出発するバス停を確認するためにミラベル宮殿Schloss Mirabellの前に来ました。ミラベル宮殿の前には多くのバス停が並んでいますが、ガイスベルク行は乗り場Fのバス停です。これがそのバス停です。

2017092301.jpg



バスの時刻をちゃんとチェックしておきます。平日のダイヤは14時5分発です。今、12時50分ですから、あと1時間ほどあります。この151番のバスは今日は合計6本です。非常に少ないですね。また、右にゾーン設定が書いてあります。終点のガイスベルクシュピッチェGaisberg Spitzeまでは市内バスの一般ゾーンからは2ゾーン分はみ出しています。市内バスの1週間パスを持っていますが、追加料金を支払う必要があります。

2017092302.jpg



ここまで、チェックしたところで、そのバスの出発時間までの時間をつぶすために、ミラベル宮殿横にあるモーツァルテウムMozarteumに向かいます。モーツァルトが魔笛を作曲した小屋が移築されているはずで、それを見たいんです(そんなもの見たいのって、配偶者は呆れ顔ですが、見たいものは見たいんです)。州立劇場の建物をぐるっと回っていきます。

2017092303.jpg



モーツァルテウム近くまでやってきました。

2017092304.jpg



モーツァルテウムは、ザルツブルグの音楽大学で、学生が出入りしていますが、観光客らしき人も出入りしています。我々も中に入り、魔笛の作曲小屋をアチコチ探しますが、見つかりません。と、日本人の若い女性が何人かいます。作曲小屋はどこかを訊きますが、どうも知らないようです。彼女たちは、モーツァルテウムの夏季の講習会に参加している音楽学生でした。諦めきれずにウロウロしていると、日本人の男性が声をかけてくれます。彼は作曲小屋の存在は知っており、見たこともあるそうですが、一般には公開していないので見れないかもとの情報をくれます。やはり、モーツァルテウムのホールで公演があるときにしか見られないようです。因みに今回はモーツァルテウムでのコンサートは訪れる予定はありません。彼は見られるかどうかを事務所で訊いてくれようとしてくれますが、残念ながら事務所はちょうどお昼休み中でした。でも諦めきれずに大体の場所を聞いて行ってみます。垣根越しに小屋らしきものを見つけ、写真を撮って、saraiは一応満足します。

2017092305.jpg



先ほどの彼にその写真を確認してもらうと、その小屋だと思うとのことで、お礼を言って別れます。
その後、ミラベル宮殿の庭園をぶらぶらすることにします。今日は夏空が広がり暑いほどの好天。庭園は気持ちよさそうです。

2017092306.jpg



いつ来ても、この庭園は手入れが行き届いて、とても美しいですね。

2017092307.jpg



庭園の中央には噴水が上がり、その向こうにミラベル宮殿が優雅な佇まいを見せています。

2017092308.jpg



噴水をぐるっと回って、定番の絶景を眺めます。ミラベル庭園から眺めたホーエンザルツブルグ城Festung Hohensalzburgの風景です。

2017092309.jpg



噴水を過ぎて、綺麗な庭園の中をゆっくりと歩きます。

2017092310.jpg



ミラベル宮殿の建物が近づいてきます。

2017092311.jpg



綺麗な花を愛でながら、ミラベル庭園のご自慢のバラ園に向かいます。

2017092312.jpg



バラ園ではもうバラは終わり、刈り込んであります。でも、つぼみは残して刈り込んだらしく、ポツポツと残り花が咲いています。

2017092313.jpg



夏が盛りの品種なのか1種類の赤いバラが満開です。

2017092314.jpg



この美しいバラの周りでしばし佇みます。

2017092315.jpg



やはり、ミラベル庭園にはバラが似合います。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR