fc2ブログ
 
  

ザルツブルクの朝市、見参!

2016年8月4日木曜日@ザルツブルク/1回目

旅の16日目、ザルツブルクSalzburgの6日目です。

今朝、配偶者は美しい鐘の音ではなく、耳元のsaraiのいびきで目が覚めたそうです。なんとも腹立たしく、寝覚めが悪いものだとぶつぶつ言われましたが、何と言えばいいか・・・うーん。
ともあれ、今日、木曜日は、週に一度の大規模な朝市が立つ日です。さっさと出かけましょう。市場はミラベル宮殿Schloss Mirabell前のザンクト アンドレア教会St. Andrakircheの広場で催されます。市場に近づくと、籠いっぱいにお買い物をした人達が戻ってくるのに出会います。これは楽しみですね。市場は相当な人で賑わっています。何はともあれ、全体を見て廻ります。花屋が多いのに驚きます。夏ですね、ひまわりの花がずらっと並んでいます。

2017093001.jpg



ともかく、人の多いことにびっくりです。ザルツブルク中の人が押しかけてきたのではないかと思うほどです。

2017093002.jpg



肉屋(ジビエが多い)、魚屋、八百屋、チーズ屋、パン屋がズラ~リと軒を連ねています。どれも同じようなお店なのですが、ご贔屓があるのか、どのようにしてお店を選ぶのでしょうね。これはパン屋さんですね。

2017093003.jpg



配偶者はどうしても花屋さんが気になります。

2017093004.jpg



これは果物屋さん。

2017093005.jpg



これは八百屋さん。

2017093006.jpg



これはチーズ屋さん。

2017093007.jpg



雑貨屋さんもあります。

2017093008.jpg



帽子屋さんや洋服屋さんもあります。

2017093009.jpg



人が多くて、見て回るのも大変です。

2017093010.jpg



これは魚屋さん。

2017093011.jpg



ちょっと八百屋さんをちゃんと見ておきましょう。実に豊富な野菜が並んでいます。

2017093012.jpg



黄色いキノコが膨大に積み上げられています。

2017093013.jpg



配偶者の評価する、美味しいじゃがいもも並んでいます。

2017093014.jpg



おー、珍しい電球専門店もあります。多分、LED電球ではないでしょう。

2017093015.jpg



旅先なので、買えるものは数少ないです。果物はOKでしょう。ブドウを買います。その辺りのお店では、一番単価が高いお店にして見ました。それだけの価値がなければ売れないでしょうからね。次に、どうしても、フランスのル・ピュイの駅前食堂で食べたチーズの美味しさが忘れられず、チーズにチャレンジです。でも、種類が多すぎて迷います。チロル産のチーズでクリーミーなのはどれかと訊いてみます。最初は通じないような感じでしたが、何度か言っていると、あ~、クリーミーねと言いながら、2種類のチーズを示してくれます。見た目がより普通っぽいものを、ほんの少し切り分けてもらいます。さっそく2人で食べてみると、もうびっくりするほど美味しいです。思わず、さらに追加して買ってしまいます。
ワインやビールなどをその場で飲んでいる人も多いです。ソーセージなどの軽食もあり、そこで食べています。一番賑わっていたのは、鶏の足を1本丸ごと素上げしたものです。その場で揚げているので熱々です。これは美味しいでしょう。

2017093016.jpg



私たちも1本購入です。熱々ホクホクでペロリと食べてしまいました。

2017093017.jpg



面白い市場体験を終え、いったんホテルに戻ります。

2017093018.jpg



これが市場で求めた成果です。厳選した逸品です。

2017093019.jpg



ブドウもチーズも超美味しいです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR