fc2ブログ
 
  

束の間のウィーン:レオポルド美術館のエゴン・シーレ 1914~1915年

2016年8月7日日曜日@ウィーン/10回目

レオポルド美術館Leopold Museumで絵画鑑賞中です。レオポルド美術館の至宝、エゴン・シーレのコレクションを鑑賞しています。

年代順の展示されているシーレのコレクションを1913年、シーレ23歳ころの作品まで見てきました。ここからは1914年、シーレ24歳ころになります。いよいよシーレの名作が登場します。

「盲目の母」です。1914年、24歳の作品です。

2017110401.jpg



「本のある静物画(シーレのデスク)」です。1914年、24歳の作品です。

2017110402.jpg



上のカンバスの裏には、「セミヌードの青年(自画像)」がうっすらと描かれています。1910年、20歳の作品です。
さらにその自画像の上に「グレイのシャツを着た裸の少年(自画像)」が描かれています。1910年、20歳の作品です。カンバスをずい分、使い回していますね。


2017110403.jpg



「海際の家々」です。1914年、24歳の作品です。

2017110405.jpg



「川沿いの家の壁」です。1915年、25歳の作品です。

2017110406.jpg



「こけらぶきの家(古い家Ⅱ)」です。1915年、25歳の作品です。

2017110407.jpg



「小さな町Ⅱ」です。1913年、23歳の作品です。この作品はチェスキー・クルムロフを描いたものですね。上の2枚もそうかもしれません。そのせいか、ここで展示順が狂って、2年前に描かれた作品が展示されています。ちなみに「海際の家々」もチェスキー・クルムロフの風景を海岸沿いの風景に置き換えているそうです。母親の出身地のチェスキー・クルムロフは恋人のヴァリー・ノイツェルと暮らした地でもあり、チェスキー・クルムロフの細い路地に並ぶ家々の風景を好んで取り上げました。しかし、決して、目に見える風景をそのまま描くのではなく、シーレの心の中で再構成された風景になっています。

2017110408.jpg



「二人の子供と母親Ⅱ」です。1915年、25歳の作品です。

2017110409.jpg



「ヴルタヴァ川に面したクルマウ(チェスキー・クルムロフ)」です。1915年、25歳の作品です。クルマウ(Krumau)というのはチェスキー・クルムロフČeský Krumlov (チェコ語)のドイツ語での表記です。

2017110410.jpg



「弓形の家々」です。1915年、25歳の作品です。これももちろん、チェスキー・クルムロフを描いたものです。

2017110411.jpg



「空中浮揚(盲目Ⅱ)」です。1915年、25歳の作品です。

2017110412.jpg



「ストライプのドレスで座っているエーディト・シーレ」です。1915年、25歳の作品です。この1915年、25歳のシーレには、彼の人生で最も重要な出来事がありました。エーディト・ハルムスとの結婚です。彼の画風もこれ以降、がらっと落ち着いたものに変わります。この結婚後、亡くなる3年間のシーレを作品をsaraiは最も愛しています。破天荒とも言えた画風が愛情に満ちたものに変わり、画面から滲み出る幸福感は見ているsaraiにも伝わってきて、ほのぼのとした気持ちにさせられます。この作品はその先駆けとも思えるものです。よほど新妻のエーディトへの愛情が深かったのでしょう。

2017110413.jpg



「母と子」です。1915年、25歳の作品です。まさにシーレ版の聖母子ですね。

2017110414.jpg



「自画像」です。1915年、25歳の作品です。自画像もどこか、精神面の落ち着きが感じられます。

2017110415.jpg



この先の展示は一気に1918年、シーレ28歳の最晩年になります。すべての作品が傑作揃いです。シーレとエーディトの若過ぎた死に思いをやると、涙なしには見ることができない作品ばかりです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR