fc2ブログ
 
  

いざ、ヨーロッパへ:羽田空港を出発

2017年7月19日水曜日@羽田空港~パリ

今年もヨーロッパ遠征の旅に出かけます。真夏の旅です。昨年と同じく羽田空港から飛び立ち、パリ経由でミラノに向かいます。今回は1昨年と同様にエールフランス便です。エールフランスが格安だったので、選択しました。

今回もいつもの羽田発深夜便です。エールフランス航空から届いたWEBチェックインの招待のEメールに従って、WEBチェックインは済ませてあります。これがパリ経由ミラノ行の搭乗券。

2017111201.jpg



いよいよ自宅を出る時間が近づきます。すっかり準備完璧の配偶者。ギリギリまで旅の準備を粘るsarai。お風呂に入り、回転すしで夕食を済ませて出発するという計画は頓挫。お風呂だけ入り、ぎりぎりの時間に自宅を出ます。電車に乗って1時間ほどで羽田空港です。空港駅に着き、エスカレーターで国際線ターミナルに上っていきます。

2017111202.jpg



国際線ターミナルはそんなには混んでいませんが、バゲージのドロップオフは長い行列。出国後のエリアには回転寿司もラーメン屋もあることは分かっているので、夕食は出国した後にしたいけど、結局はドロップオフの長い行列を回避して、出国前のエリアにあるレストランで夕食をいただくことにします。どの店も、けっこう混んでいます。待たずに店に入れるのはとんかつ屋で、そこで日本最後の夕食をいただくことにします。すぐに美味しそうなとんかつが出てきます。

2017111203.jpg



板前さんの料理する様子を拝見しながら、とんかつの味をかみしめます。

2017111204.jpg



夕食を終え、今度こそ、バゲージのドロップオフの長い行列に並びます。

2017111205.jpg



ようやく、カバンをドロップオフできます。その後、出国手続きは簡単に終了。今回の旅は、saraiの姉と姪っ子が、ザルツブルクまで同行し、彼女たちはそこから一足先に帰国の予定です。搭乗待合室で姉たちと合流し、4人の旅が始まります。

搭乗待合室でもう何もすることもなく搭乗案内を待ちます。

2017111206.jpg



搭乗するのは142番ゲートです。

2017111207.jpg



出発準備中のエールフランス機は窓の外に見えています。

2017111208.jpg



やがて、搭乗時刻になり、搭乗が始まります。
搭乗はゾーン制。1から5まであります。私達はもちろん貧民のゾーン5で、最後の乗り込みです。先発隊の搭乗を見送ります。

2017111209.jpg



搭乗中のエールフランス機の様子を見ながら、我々の登場順になるのを待ちます。

2017111210.jpg



ようやく、我々の番です。ほぼ、しんがりで座席に着きます。窓際の席に座った配偶者は早速、窓の外の風景を写真に収めます。

2017111211.jpg



機内はほぼ満席ですね。

2017111212.jpg



我々はオプション料金を支払って、最後方の二人掛けのシートです。気兼ねのないフライトになりますね。

2017111213.jpg



シート前の液晶画面では、エールフランス航空名物のお洒落な機内での注意事項を案内する動画が流れます。

2017111214.jpg



やがて、問題なく飛行機は飛び立ちますが、このところの異常気象のせいか、かなり揺れます。一度ドーンという音がして、キャア~!という悲鳴が上がります。そんな中でも、CAは平然とにこやかにサービスをするのに驚きます。これぞ乗務員ですね。このCAの態度に、配偶者も心を落ち付けて食事を楽しみます。いつものように2種類の食事を二人でシェアしていただきます。
これは鱈、海老、ほたての海鮮とライス。

2017111215.jpg


これは鶏肉とジャガイモ。


2017111216.jpg



もちろん、シャンパンも頂きます。エールフランス名物?ですからね。

2017111217.jpg



飲み物はコーヒー、紅茶に加えてチョコレートの選択もできます。もちろん、配偶者はチョコレートをお願いします。配偶者はもともと福井出身。お水は福井県越前市の水。

2017111218.jpg



見る映画は『チア☆ダン』。福井弁を訊きながら、福井漬けの旅だと喜んでいます。

旅の初めは至極順調で、平穏に過ぎていきます。暗闇の中、飛行機はまっしぐらにパリに向かって飛んでいきます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

Steppkeです。

その時のハンナはMara Mastalir(マーラ・マスタリル)で、ヴァランシエンヌはRebecca Nelsen(レベッカ・ネルセン)でした。ちなみにダニロはMarco Di Sap

05/22 00:24 Steppke

Steppkeさん、こんばんは。

専門的なコメント、ありがとうございました。

2015年の新国立劇場のこうもりは経歴に書かれていました。その公演を見られたんですね。

フォ

05/21 03:12 sarai

sarai さん、こんにちは。Steppke です。

マヌエラ・レオンハルツベルガー(Manuela Leonhartsberger)には、2回遭遇しています。

1回目(2015年2月)は、新国立劇場の

05/20 22:33 Steppke

最後までレビューありがとうございます。最後は時間の都合がつかず視聴できず、非常に残念でした。

アンコールも含め好評のレビューを見てますます残念ですが、お陰様でど

04/02 12:33 

michelangeloさん

saraiです。大変、ご無沙汰しています。
このたびは過分なご評価いただき、恐縮しています。

よいコンサート、オペラを聴くと、興奮して、記事を書き過

03/31 01:42 sarai

sarai様

こんばんは。

3月に8回も《トリスタンとイゾルデ》公演が開催される東京は音楽都市です。再び御感想を拝読し、改めて感じるのはsarai様のクラシック音楽オペラ公

03/29 21:28 michelangelo

《あ》さん、saraiです。

結局、最後まで、ご一緒にブッフビンダーのベートーヴェンのソナタ全曲をお付き合い願ったようですね。
こうしてみると、やはり、ベートーヴェン

03/22 04:27 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR