fc2ブログ
 
  

紅葉の京都:旧三井家下鴨別邸

2017年12月5日火曜日@京都/1回目

今日もまた京都で紅葉見物です。しかし、紅葉見物も今日でおしまい。最終日ですから、たっぷりと楽しみましょう。旧三井家下鴨別邸、下鴨神社、相国寺と周り、紅葉を満喫する予定です。
まずはバスで出町柳に向かいます。出町柳から鴨川はすぐです。ここは加茂川と高野川が合流して鴨川になるポイントです。高野川にかかる河合橋を渡って、下鴨に向かいます。高野川にはサギの群れが見えます。今や京都の町にサギが大繁殖しているようです。

2017121501.jpg



下鴨神社の鳥居の先に旧三井家下鴨別邸があるようです。

2017121502.jpg



このあたりには広大な糺の森が広がります。

2017121503.jpg



ほどなく、旧三井家下鴨別邸の前に到着。

2017121504.jpg



この旧三井家下鴨別邸は昨年から公開されるようになった歴史的建造物です。ですから、訪れるのは初めてです。名前からも分かるように旧三井家下鴨別邸は、豪商の旧三井家の別邸で、大正14年に木屋町にあった三井家の木屋町別邸が主屋として移築され、玄関棟が増築されました。戦後は京都家庭裁判所の所長宿舎として平成19年まで使用されましたが、平成23年に重要文化財に指定されて、建築当時の様子を復元した後、公開されるようになりました。

外観は古い日本建築の佇まいを残しています。

2017121505.jpg



入館料を払って、建物に入ります。まずはスタッフの方から、丁寧な建物の説明があります。
この主棟は三井家11家の共有の別邸として三井北家(総領家)第10代の三井八郎右衞門高棟(たかみね)によって建築されました。今でも建築当時のままに保存がなされているそうです。そういう説明を聞きながら、部屋の障子の窓越しにお庭の様子を窺います。ちなみにこの窓ガラスは古い大正ガラスだそうで、歪みがあります。写真では気が付かないでしょう。

2017121506.jpg



説明が終わり、早速、2階に上がって、お庭を見下ろして、拝見します。通常非公開の主屋二階の座敷は今日までが秋の特別公開なんです。それが目的で今日出かけてきました。
紅葉は終わりかけのようです。ひょうたんの形の池がお庭の真ん中にありますね。

2017121507.jpg



今いるのは主棟の2階の座敷ですが、先ほど入ってきた玄関棟が見えています。

2017121508.jpg



紅葉は終わりかけですが、銀杏の黄葉が綺麗です。

2017121509.jpg



座敷の外廊下の手すり越しに紅葉が見えます。

2017121510.jpg



下に降りて、お庭を歩きましょう。簡素ですが、綺麗なお庭です。

2017121511.jpg



見上げるように高い木も並んでいます。

2017121512.jpg



紅葉も近くで見れば、まだ、真っ赤な葉っぱも残っています。

2017121513.jpg



その紅葉と瓢箪池の先に3階建ての主棟と茶室が見えます。これがここのベストショットですね。なお、3階の望楼は来年2月の冬の特別公開で初めて披露されるそうです。

2017121514.jpg



広いお庭を散策しながら出口のほうに向かいます。

2017121515.jpg



これが最初に入った玄関棟です。上が半分切れてしまいましたが、鬼瓦は三井家の家紋の「四ツ目結(ゆい)」です。

2017121516.jpg



次は下鴨神社に向かいます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : 京都
ジャンル : 旅行

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR