fc2ブログ
 
  

紅葉の京都:下鴨神社~相国寺

2017年12月5日火曜日@京都/2回目

京都での紅葉見物、旧三井家下鴨別邸の見学を終えて、次はすぐ近くの下鴨神社に向かいます。下鴨神社の参道にはいると、そこは糺の森。優しい色の紅葉に彩られています。

2017121601.jpg



糺の森は森閑とした雰囲気に包まれています。

2017121602.jpg



広大な糺の森には下鴨神社の摂社も点在します。中でも河合神社の末社には日本サッカー協会のシンボルの八咫烏を祀られていることが有名です。八咫烏は蹴鞠の祖神だそうです。美人と縁結びでも有名で訪れる人も多いようです。

2017121603.jpg



境内には、《方丈記》を記した鴨長明の方丈の庵があります。鴨長明はこの河合神社の神官家に生まれたそうです。方丈とは一丈四方の小さな組み立て式の庵で、鴨長明が公職を50歳で退いた後、大原から転々と所在を変えた際に移動に便利な〈住処〉として仕上げたものです。最終的には伏見に居を定めますが、今は出自のこの神社に方丈が置かれているようです。

2017121604.jpg



再び、糺の森の参道を歩きます。淡い色の紅葉がなんとも美しいです。

2017121605.jpg



参道脇で紅葉の古木が見事な姿を見せています。

2017121606.jpg



参道を歩いていくと、参道と並行して流れている泉川のほとりに人だかりがしています。どうやら、ここはフォトスポットのようです。とても美しい風景に魅了されます。

2017121607.jpg



ようやく、下鴨神社の朱塗りの鳥居の前に到着。以前、下鴨神社を訪れた際は糺の森のあまりの広さに参拝を断念し、遠くから手を合わせるだけに留めましたから、ここまで到達したのは初めてです。

2017121608.jpg



朱塗りの楼門を抜けて、無事に参拝を終えました。何かご利益があるかな・・・。

2017121609.jpg



下鴨神社の参拝を終えて、次は相国寺に向かいます。下鴨神社を出たところに京都ならではのグルメスポットがあります。加茂みたらし茶屋です。この茶屋の看板グルメの京みたらし団子をいただきます。

2017121610.jpg



わらび餅も一緒にいただきます。京都の味です。

2017121611.jpg



加茂みたらし茶屋を出て、賀茂川にかかる出雲路橋を渡ります。長閑な風景が広がります。

2017121612.jpg



寺町通りを歩いていき、20分ほどでようやく、相国寺の側面の入り口に到着。

2017121613.jpg



相国寺の広大な境内を歩いていきます。ユニークなデザインの鐘楼があります。

2017121614.jpg



この鐘楼の前で和服姿の美人のお嬢さん2人組が写真を取り合っています。京都で着物姿と言えば、ほとんど外国人です。日本人は珍しいですね。と、彼女たちから声を掛けられます。スマホで写真を撮ってほしいそうです。もちろん、構いませんよ。何だかんだ、彼女たちと話し込んでしまいました。まあ、たわいもない話ですが、恋愛・結婚相談みたいな話に発展します。今の時代、若い人たちの結婚って、なかなか難しいようです。連れだって、相国寺の境内を歩き始めますが、本堂への参道前で彼女たちと別れます。若い美人たちとの楽しいひとときでした。
さて、本堂のほうに向かって歩いていくと、変わったデザインの白壁の建物があります。香積院と称する相国寺庫裏です。

2017121615.jpg



秋の特別公開中なので、中を拝観させてもらいます。まず、現存する最古の法堂に入り、天井に描かれた狩野光信作の蟠龍図を拝見します。特定の場所で手を叩くと音が反響する鳴き龍として有名です。確かに音がかすかに反響しました。次は方丈の建物とお庭を拝見します。方丈は表方丈・裏方丈を合わせて、六間168畳の大建築です。方丈前庭は白砂の枯山水庭園で、借景に法堂が見えています。

2017121616.jpg



お庭には可愛い紅葉があります。

2017121617.jpg



裏方丈庭園です。庭園の中央が谷になっています。石の川を表現しています。可憐な紅葉が彩を添えています。散った紅葉葉が石の川を流れている様は情緒がありますね。

2017121618.jpg



方丈から開山堂に移動します。石庭の紅葉は終わっていますが、石庭の静謐な美しさには心を洗われます。

2017121619.jpg



相国寺の特別公開を堪能しました。かって、雪舟や若冲も見た風景なんですね。灌漑深いものがあります。今出川通り側の総門から出ます。総門を出たところで振り返ります。

2017121620.jpg



同志社大学の古めかしいレンガ造りの建物の間を歩いて、今出川通りに出ると、向かいには京都御所の今出川御門があります。御所の中の色づいた銀杏が見えます。

2017121621.jpg



御所は春に来たばかりなので、ここで失礼します。この後の予定は未定ですが、昨夜ライトアップを見に行く筈だった高台寺に行くことを配偶者に提案すると彼女も同意してくれます。同志社前のバス停からバスで高台寺近くのバス停に移動しましょう。最後の紅葉見物です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : 京都
ジャンル : 旅行

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR