fc2ブログ
 
  

クリスマスにはメサイアを・・・バッハ・コレギウム・ジャパン@サントリーホール 2017.12.23

サントリーホールではクリスマスシーズンにヘンデルのメサイアの公演が恒例になっているそうで、今回が17回目だそうです。鈴木雅明率いるバッハ・コレギウム・ジャパンがあればこその偉業とも言えます。saraiは今年、初めて聴きます。そして、聴いてみてよかった。何というか、清々しく感じました。なお、これが今年のサントリーホール詣での最後になります。今年もサントリーホールでずい分聴かせてもらいました。

ヘンデルのメサイアと言えば、最近、シュテファン・ツヴァイクの《人類の星の時間》の中の1章「ゲオルク・フリードリッヒ・ヘンデルの復活」で読んだばかりです。脳溢血の後遺症から立ち直った53歳のヘンデルは音楽的創造力が枯渇していました。詩人ジンネンス(ジェネンズ)から送られてきた新しい詩が劇的にヘンデルの創造力を復活させます。24日間、不眠不休で書き続けて完成させた作品がメサイアです。書き上げた途端、ヘンデルは17時間、爆睡したそうです。そして、爆睡から目覚めたヘンデルは物凄い食欲で食べまくり、飲みまくったそうです。ヘンデルはこのメサイアを作曲できたのは神の啓示だと信じて、このヘンデルを復活させた作品からの都度の収入の500ポンドを施療病院に寄付したそうです。このメサイアはそういう特別な作品です。ヘンデルの最高傑作、記念碑的な作品です。

ヘンデルの特徴であるメロディアスな美しさ、骨組みのがっちりした力強さはもちろんですが、天上の音楽のような無私の精神性が貫かれていることが感じられる稀有な作品を鈴木雅明率いるバッハ・コレギウム・ジャパンの合唱と管弦楽、独唱陣が清冽な演奏で見事に演じ切ってくれました。高いレベルの安定性を持った演奏であったことが素晴らしいです。とりわけ、ヴァイオリンを中心とした弦楽パートの美しい響きが特筆されます。バッハ・コレギウム・ジャパンが演奏するバッハ作品の素晴らしさはいつも体感させられますが、ヘンデルでも同様ですね。そうそう、オーボエの三宮正満の音色も素晴らしかったです。合唱のソプラノパートと同じメロディも重ねて演奏したときのオーボエの響きに感服しました。独唱では、テノールの櫻田亮の抜け切った高音の響きが傑出していました。ソプラノの森麻季も相変わらずピュアーな歌声を聴かせてくれましたが、彼女ならもっと歌えたのではないかという感は残りました。CTのテリー・ウェイの歌唱も及第点ではありますが、感銘を受けるところまではいきません。

演奏的には冒頭のシンフォニーからテノールのレシタティーボ、アリアのあたり、ハレルヤ・コーラス、アーメン・コーラスはやはり、感銘を受けました。大変、聴き応えのあるメサイアをクリスマスシーズンに聴けて、満足しました。 

今日のプログラムは以下です。

  指揮:鈴木雅明
  合唱・管弦楽:バッハ・コレギウム・ジャパン
  ソプラノ:森麻季
  アルト(カウンターテナー):テリー・ウェイ
  テノール:櫻田亮
  バス:ドミニク・ヴェルナー

  ヘンデル:オラトリオ『メサイア』 HWV 56

   1部と2部の間に《休憩》

   《アンコール》
    トラディショナル(鈴木優人編):いけるものすべて

なお、予習したCDは以下です。まことに美しい演奏で感服しました。

 ジョン・エリオット・ガーディナー指揮イングリッシュ・バロック・ソロイスツ、モンテヴェルディ合唱団 1982年11月録音




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       バッハ・コレギウム・ジャパン,
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

最後までレビューありがとうございます。最後は時間の都合がつかず視聴できず、非常に残念でした。

アンコールも含め好評のレビューを見てますます残念ですが、お陰様でど

04/02 12:33 

michelangeloさん

saraiです。大変、ご無沙汰しています。
このたびは過分なご評価いただき、恐縮しています。

よいコンサート、オペラを聴くと、興奮して、記事を書き過

03/31 01:42 sarai

sarai様

こんばんは。

3月に8回も《トリスタンとイゾルデ》公演が開催される東京は音楽都市です。再び御感想を拝読し、改めて感じるのはsarai様のクラシック音楽オペラ公

03/29 21:28 michelangelo

《あ》さん、saraiです。

結局、最後まで、ご一緒にブッフビンダーのベートーヴェンのソナタ全曲をお付き合い願ったようですね。
こうしてみると、やはり、ベートーヴェン

03/22 04:27 sarai

昨日は祝日でゆっくりオンライン視聴できました。

全盛期から技術的衰えはあると思いましたが、彼のベートーヴェンは何故こう素晴らしいのか…高齢のピアニストとは思えな

03/21 08:03 

《あ》さん、再度のコメント、ありがとうございます。

ブッフビンダーの音色、特に中音域から高音域にかけての音色は会場でもでも一際、印象的です。さすがに爪が当たる音

03/21 00:27 sarai

ブッフビンダーの音色は本当に美しいですね。このライブストリーミングは爪が鍵盤に当たる音まで捉えていて驚きました。会場ではどうでしょうか?

実は初めて聴いたのはブ

03/19 08:00 
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR