FC2ブログ
 
  

今年のヨーロッパ遠征・・・目下の結論

今年のヨーロッパ遠征の検討中です。北欧の旅は費用的な面と魅力度が折り合わないのでやめにして、イタリア、フランス、ドイツ、オーストリアの4か国の中から、行っていないところに行くことにします。この国々は物価もまあまあですから、そこそこの費用で旅ができるでしょう。
配偶者はポルトガルあたりもいいんじゃないって言いますが、夏なので暑いでしょう。イタリアも暑そうですね。フランスも暑そうかな。あんまり暑くないところと言えば、北ドイツかな。しかも北ドイツはハンブルクに25年ほど前に1回行ったきりです。そんなことを配偶者に話していたら、彼女もガイドブックを読んで、メルヘン街道、エリカ街道あたりにちょっと行ってみようかと提案してくれました。ドイツはどの町に行っても、それなりに綺麗なので、そうしましょう。saraiとしてはハイデルベルクやシュヴァルツバルトあたりにも興味があったのですが、あれもこれもというとまた大げさなことになるので、北ドイツに絞りましょう。10日くらいの日程でなるべく費用を抑えた旅を考えましょう。

メルヘン街道と言えば、結局、グリム兄弟がらみの町が多いので、あんまり面白そうではありません。ブレーメンの町に行けばいいくらいです。エリカ街道はちょうどエリカの花が綺麗な季節なので、そこを中心に考えましょう。バルト海の海辺の町もいいかもしれません。ちょうどビーチ花盛りのシーズンですしね。

ということで、詳細はこれから詰めていきます。

で、もう一度、日本からの往復の航空券の検討をします。一応、ANAでの往復を検討していましたが、配偶者が横から妙なことを言い出します。ヨーロッパの空港からの鉄道移動が無料だと言うんです。そんなお得なプランがあるんでしょうか。一応、調べてみましょう。すると本当にありました。ANAとJALはドイツの空港からの鉄道移動が無料になるサービスがあります。Rail&Flyサービスです。概要は以下のとおりです。

 ・国際線に接続するドイツ鉄道の区間も、航空券と一緒に追加料金なしで購入できます。つまり、鉄道は無料だということです。
 ・ドイツ国鉄(DB)のサービスです。
・フランクフルト、ミュンヘン、デュッセルドルフ発着のドイツ鉄道全区間が対象です。ザルツブルクも含まれます。

ただし、このサービスは日本からの直行便だけに限られます。トランジットすると、このサービスは受けられません。航空券はミュンヘン行とかではなく、目的地をドイツ鉄道駅行として購入します。24時間以内に乗り換える列車に乗ることができます。トランジットと同じ扱いですね。また、ファーストクラス・ビジネスクラスならば、鉄道もファーストクラスを利用できますが、エコノミークラスだと鉄道はセカンドクラスの利用になります。座席予約は別途、有料で行うことができます。帰国便も同様に鉄道駅から空港までこのサービスが利用できます。
ちなみに当然、ルフトハンザ航空も同じサービスがあると思い、調べてみましたが、あるにはあるものの、Rail&Flyサービスのチケットを別途、有料で購入しないといけないことが分かりました。どうしてだろう・・・。

ともかく、これは使えますね。ANAでドイツ鉄道駅往復の航空券をチェックすると、往きは羽田~フランクフルト、帰りはミュンヘン~羽田が一番安く購入できます。フランクフルトからザルツブルクは鉄道で5~6時間くらいです。フランクフルトで1泊して、翌日の列車でザルツブルクに移動しましょう。フランクフルト空港駅か、フランクフルト中央駅かを選択できるので、中央駅近くのホテルに宿泊しましょう。できれば、朝1番でシュテーデル美術館を再訪するのもいいかもね。

帰国時は、ハンブルクあたりからミュンヘン空港までの鉄道移動になります。これは6時間以上もかかります。結構、遠いですね。いっそのこと、ハンブルク空港から、どこかの空港でトランジットして帰るのもいいかもしれません。調べてみると、何故か、パリかロンドンでトランジットするのが最安運賃になっています。

これでもいいのですが、昨年の夏、エールフランス航空で往復したときよりも二人分で10万円ほど高くなっています。7月よりも8月のほうが高いのかな。

他の航空会社の便もチェックします。欧州系の航空会社ではやはり、エールフランス航空が最安で往きがミュンヘン、帰りがハンブルクではANAよりも3万円ほど安くなっています。しかし、もちろん、鉄道は有料で、早めの座席予約も有料です。それにマイルもたまりません(エールフランスのマイルはたまりますが、あんまり、役に立ちません)。これでは、ほとんど、ANAと実質は変わりませんね。

頭を切り替えて、ANA/JALや欧州系の航空会社もチェックしてみましょう。おおーっ、エミレーツ航空が激安です。ドバイ経由で少し時間はかかりますが、往きがミュンヘン、帰りがハンブルクで合計で10万円ほど安い料金です。評判をチェックすると、そんなに悪そうではありません。ただ、ちょっと気になって、座席予約を調べると、出発の48時間前からは座席予約が無料ですが、その前に予約すると、最低でも1便あたり、3600円、良い席は何と1万円ほどするようです。羽田からドバイが10時間。ドバイからヨーロッパが6時間ですから、どちらも座席予約したいですね。すると二人分で1万5千円~4万円ほどかかります。まあ、それでもまだ安いですけどね。

悩ましいところですが、やはり、ANAの利用になるのかなと思って、その旨を配偶者に告げて、相談すると、まあ、あっさりとした答えが返ってきます。行きは確実なANA、帰りは安価なエミレーツ航空にすればいいじゃないのっていうことです。それはそうですね。saraiもすっかり、その気になりました。

ところが実際にこの案を調べてみると、それは許されないようです。片道だけ予約しようとすると、割引運賃が適用されないようです。基本、往復(ヨーロッパ内の空港は違ってもよい)でないと割引運賃で乗れないんですね。ですから、やはり、ANAの利用かな。



↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR