FC2ブログ
 
  

絶好調ルガンスキーのチャイコフスキー、テミルカーノフはさすがのラフマニノフに納得・・・読売日本交響楽団@みなとみらいホール 2018.2.12

おー、今日の読響のコンミスは日下紗矢子です。読響のコンサートでsaraiにとって、初めての登場です。待ちに待ってました。楽しみです。

前半はお馴染みのチャイコフスキーのピアノ協奏曲 第1番です。ロシアの大御所テミルカーノフの指揮なので、ロシアスタイルの対向配置かと思いましたが、普通のオーケストラ配置です。冒頭のオーケストラの響きはテミルカーノフの手兵サンクトペテルブルク・フィルの重厚な響きとは異なり、読響らしい明るい響きです。そのオーケストラの有名な主題に乗って、初聴きのニコライ・ルガンスキーのピアノがジャン、ジャン、ジャンと鳴ります。響き渡るというような豪壮な響きではありません。意外に軽めの響きです。響きの豊かさは抑え気味ですが、表現上は美しい音楽になっています。ピアノのタッチの美しさはもう一つでしょうか。そこそこの演奏に思えます。このまま、長大な第1楽章の中盤を過ぎていきます。と、なぜか、急にピアノの演奏の切れがよくなってきます。響きも冒頭とは比べものにならないくらい、リッチになってきました。だんだんとルガンスキーの演奏が乗ってきたようです。第1楽章終盤は素晴らしいピアノの演奏に圧倒されます。ルガンスキーは今や絶好調でピアノを弾きまくっています。第2楽章もそのままの調子で素晴らしい演奏です。タッチも繊細で美しいです。パーフェクトとも思える演奏に聴き惚れます。第3楽章はさらに素晴らしく、ルガンスキーはガンガンとピアノを叩きまくって、響きはリッチで迫力も最高です。音もクリアーで美しいです。いやはや、驚きました。とても素晴らしいチャイコフスキーでした。アンコールのラフマニノフの前奏曲も素晴らしい演奏でした。ルガンスキーはよほど絶好調だったのでしょう。何を弾いても見事な演奏になります。素晴らしいピアノでした。満足です。

後半はラフマニノフの交響曲 第2番です。チャイコフスキーのピアノ協奏曲と同様に読響は明るく、輝かしい響きです。ラフマニノフの音楽には向いているように感じます。テミルカーノフはラフマニノフのロマンティックな面を前面に出した美しい音楽を表現していきます。それほどロシア的な鬱屈したところは感じられませんが、この曲はこれでいいのかもしれません。第1楽章はとても美しく、終盤は熱情的に燃え上がります。第2楽章は勢いのある面とロマン性の高い面をうまく表出した演奏でした。第3楽章は美しいヴァイオリンの旋律に先導されてクラリネットが切々した調べを歌います。後半はクラシック音楽とは思えない甘美な調べにただただうっとりするのみです。賛否両論はあるでしょうが、ハリウッド音楽のごとく、美しく哀愁に満ちた音楽をここまで見事に聴かせてくれたテミルカーノフと読響には感謝するのみです。ああ、まだ第4楽章がありますね。熱っぽく、美しく、完全燃焼して、完了です。これまた満足しました。あっ、ひとつ忘れていました。今日のコンミス、日下紗矢子は実に華がありました。オーケストラのリーダーとしてもアンサンブルをまとめていましたし、ヴァイオリン・ソロの美しさは特筆すべきものでした。彼女はかって、正式なコンサートマスターでしたが、現在は特別客演コンサートマスターで滅多に読響のコンサートに登場しません。何とかコンサートマスターに復帰してもらえないでしょうか→日下紗矢子さま。

今日のプログラムは以下です。

  指揮:ユーリ・テミルカーノフ
  ピアノ:ニコライ・ルガンスキー
  管弦楽:読売日本交響楽団 日下 紗矢子(コンサートマスター)

  チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 Op.23
   《アンコール》ラフマニノフ:前奏曲 Op.32-12

   《休憩》

  ラフマニノフ:交響曲 第2番 ホ短調 Op.27


最後に予習について触れておきます。
チャイコフスキーのピアノ協奏曲 第1番は今更予習でもありませんが、一応、以下のCDを聴きました。

 アンドレイ・ガヴリーロフ、ウラディミール・アシュケナージ指揮ベルリン・フィル 1988年

ガヴリーロフのピアノは唖然とするほど素晴らしいテクニックです。聴き惚れました。ベルリン・フィルのアンサンブルも素晴らしいです。

ラフマニノフの交響曲 第2番を予習したCDは以下の3枚です。

 アンドレ・プレヴィン指揮ロンドン交響楽団 1973年
 ウラディミール・アシュケナージ指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団 1981年
 エフゲニ・スヴェトラーノフ指揮ロシア国立交響楽団 1995年

こういうことを言うと、本当のラフマニノフ好きの方には叱られそうですが、この曲とかピアノ協奏曲第2番とかはそれなりに甘い調べを聴かせてくれる演奏が好みです。そういう面ではアシュケナージは失格。意外にスヴェトラーノフが甘い音楽を聴かせてくれます。とりわけ、第3楽章はしびれます。録音も最高です。甘さも熱さも兼ね備えて聴きやすいのはプレヴィンです。彼の聴かせ上手ぶりは無類のものです。特にこういう曲は素晴らしいですね。古い録音ですが、SACDで音の輝きが際立つようになりました。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR