FC2ブログ
 
  

ベリンツォーナのお城:美しい城壁の道は・・・見つかるかな?

2017年7月23日土曜日@ベリンツォーナ~ルツェルン/6回目

ベリンツォーナBellinzonaの世界遺産のお城、カステルグランデCastelgrandeの緑の美しい城壁の道を探し、歩き回った挙句、また、丘の上のお城の南の中庭Corte Meridionaleに戻りました。北側の城壁の左側の塔、黒の塔Torre Neraに上って、美しい城壁の道を見つけようという最終作戦に入ります。南の中庭を見下ろした後、今度は北の中庭Corte Settentrionaleを眺めます。美しい眺めですが、美しい城壁の道を見つけるヒントはありません。

2018022001.jpg



今は北側の城壁の上の通路にいます。黒の塔から通路を歩いて、白の塔Torre Biancaに向かいます。北側の城壁は2つの塔の間に建っています。

2018022002.jpg



これが白の塔です。白の塔も黒の塔も別に色が付いているわけではありません。どうして、そういう呼称なのかは分かりません。

2018022003.jpg



これが白の塔の内部です。矩形の螺旋階段が美しいデザインになっています。

2018022004.jpg



白の塔の前から、黒の塔のほうを眺めています。西の庭Corte Occidentaleの一部が見えていますが、全体は黒の塔に隠れて見渡せません。見えていれば、ここで美しい城壁の道のありかが分かったんですけどね・・・。

2018022005.jpg



北の城壁の上を歩いて、黒の塔のほうに戻っていきます。

2018022006.jpg



塔を下りて、西の中庭に出て、改めて、あたりを見渡します。よくよく考えてみると、探している城壁の道は、お城に通じる城壁の道であって、お城の城壁そのものではありません。西側の城壁はまだ歩いていません。そこに上がる階段を見つけ、最後のチャレンジをします。そろそろあきらめ始めたころ、城壁の先の空間を見つけて、そこを覗き込みます。ああーーっ、これです! ありました。美しい城壁の道を発見しました。別の城壁を歩いている配偶者に向かって、あったよ!って、大声で叫びます。

2018022007.jpg



これが西側の城壁の上ですが、この外側に美しい城壁の道があったんです。

2018022008.jpg



配偶者も急いで、こちらにやってきます。配偶者と一緒に西側の城壁の外側に出ます。配偶者もあったね!と嬉しそうです。お城を取り囲む城壁から、丘を下っていく素晴らしい緑の城壁の道が目の前に見えています!

2018022009.jpg



大勢の観光客も沈黙して、この素晴らしい風景に見入っています。その横で満足気に立っているsaraiを配偶者が写真に収めてくれます。

2018022010.jpg



西側の城壁の外側に隠れるように、美しい城壁の道が始まっています。このピンポイントの一角に立たないとその存在は決して分かりません。美しい城壁の道を探し当てることはそう簡単なことではありませんでした。

2018022011.jpg



配偶者が美しい城壁の道の出発点となる西側城壁の一角に寄ってきます。周りには山々とベリンツォーナの町並みが広がっています。

2018022012.jpg



配偶者と並んで、この美しい城壁の道を感動しながら眺めます。

2018022013.jpg



美しい城壁の道はカステルグランデの丘の斜面を下って、ベリンツォーナの町の中まで続いています。随分先のほうまで続いているようです。

2018022014.jpg



美しい城壁の道を意気揚々と歩き始めます。快晴の青空と緑が実に美しい! 観光案内人はこの道をもちろん知っており、団体客を案内して見せていますが、団体ツアーの彼らはこちらに歩いてこられないようです。観光ルートからは外れているようです。彼らの羨ましそうな視線を背後に感じながら、ルンルンで歩いていきます。

2018022015.jpg



美しい城壁の道への栄光のルートを地図で確認しておきましょう。

2018022016.jpg



この城壁の緑の道の美しさったら、表現する言葉を失います。この城壁の道を探すために1時間以上もうろうろしてしまいましたが、その努力の甲斐はありました。人生でも何度も経験できないような素晴らしい散策が始まります。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR