FC2ブログ
 
  

ロータス・カルテット:ベートーヴェン後期弦楽四重奏曲の2大名作を聴く@鵠沼サロンコンサート 2018.3.13

昨年のロータス・カルテット ベートーヴェン・サイクル 2017の最終コンサートと同じプログラムの公演です。あのコンサートは本当に凄かった!生涯に数回というレベルのコンサートでした。今日のコンサートはさすがにあのコンサートの再現とはなりませんでしたが、素晴らしく、美しいアンサンブルに聴き入りました。多分、昨年との違いは昨年はベートーヴェン・サイクルの最終日の演奏の高揚だったということと昨年は極上の響きの鶴見サルビアホールだったことに対して、今回は小さなレストランのサロンコンサート会場だということでしょう。今回は落ち着いた響きが聴けて、それはそれでよかったんですが、感動的な思いには至りませんでした。そんなものですね。

前半の弦楽四重奏曲 第15番 イ短調 Op.132は5楽章から成るアーチ型の構造の作品ですが、真ん中の第3楽章の祈りにも思える音楽も心に響きましたが、それ以上に第5楽章の物悲しい調べが心に沁みました。圧倒的な美しさが耳から離れませんでした。

後半の弦楽四重奏曲 第14番 嬰ハ長調 Op.131はベートーヴェンが作り出した最高の音楽です。第1楽章から哀しみに満ちた音楽が続きます。圧巻だったのは最後の第7楽章です。第7楽章の終盤は人間ベートーヴェンが力を振り絞って前に向かって進んでいく姿が表現されます。力強い人間の歩みではありますが、そこには哀しさも強く滲んでいます。なぜか共感できるものがあります。人は苦しみや哀しみを背負っていても常に前に向かって進んでいかないといけません。これは人の運命であり、ミッションとも言えます。その先に何が待ち受けていたとしてもただひたすら進み続けるしかありません。そこに大きな哀しみがあふれ出します。ベートーヴェンが到達した最後の境地です。その究極の音楽がサロンの空間に流れます。素晴らしい音楽に感銘を受けます。そして、突然のフィナーレです。ロータス・カルテットの4人はいつも素晴らしい音楽を聴かせてくれます。

今日のプログラムは以下のとおりでした。

  ロータス・カルテット
    小林幸子vn  マティアス・ノインドルフvn
    山碕智子va  斎藤千尋vc

  ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第15番 イ短調 Op.132

   《休憩》

  ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第14番 嬰ハ長調 Op.131


アンコールはなしです。この2曲を演奏した後にアンコールで弾ける曲はないそうです。それはそうですね。十分、聴かせてもらいました。また、2日後にはまた、鶴見サルビアホールでロータス・カルテットの演奏を聴かせてもらいますから、それを楽しみにしましょう。

最後に予習について触れておきます。
ベートーヴェンの弦楽四重奏曲 第14番と第15番は以下の3つのセットを聴きました。

 ブッシュ弦楽四重奏団 1936年(第14番) 1937年(第15番) ロンドン、アビーロード
 リンゼイ弦楽四重奏団(リンゼイズ) 1回目(1980年代) ロンドン
 グァルネリ弦楽四重奏団 1987年~1991年、ニューヨーク、アメリカ文芸アカデミー

ブッシュ弦楽四重奏団は最高の演奏。リンゼイ弦楽四重奏団はそれに迫る演奏です。グァルネリ弦楽四重奏団も素晴らしいですが、前者ほどではありません。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ロータス・カルテット,
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR