FC2ブログ
 
  

ゴッタルド・パノラマ・エキスプレスの旅:ヴァッセンの教会を巡る3階層の線路

2017年7月23日土曜日@ベリンツォーナ~ルツェルン/18回目

ベリンツォーナBellinzonaからルツェルンLuzernに向けて、ゴッタルド・パノラマ・エキスプレスGotthard Panorama Expressの旅を楽しんでいます。

ヴァッセンWassenの美しい教会を巡る3階層の線路を走っているところです。現在は1回目のトンネルで逆方向に回転し、中層の線路に下りてきて、ヴァッセンの教会の真横を再び走っています。まさに絵本のような美しい風景です。

2018032301.jpg



教会の見えている角度が少しずつ変わっていきます。それにしても可愛い教会ですね。

2018032302.jpg



ヴァッセンの教会がだんだん遠ざかっていきます。この絶景を心に刻み付けておきましょう。

2018032303.jpg



ヴァッセンの村を通り過ぎて、やがて、左前方の下のほうにトンネルが見えてきます。あれは最下層の線路に出てくるトンネルの出口のようです。これから2番目のトンネルに入って、トンネル内で180度向きを回転して、あのトンネル出口から現在とは逆方向にゴッタルド・パノラマ・エキスプレスが出てきます。

2018032304.jpg



2番目のトンネルに入ります。真っ暗なので何も見えません。やがて、180度回転して先ほど見えていたトンネル出口から出ます。ロイス川Reuss沿いに走ります。左手には高速道路A2が走っています。また、逆のほうからヴァッセンの村に近づいていきます。もう少しでヴァッセンというところで高速道路A2の下をくぐってトンネルに入ります。トンネルを抜けた先はもうヴァッセンの村の先です。ヴァッセンの村は左手後方にある筈ですが、もう見えません。右手にはロイス川、その向こうに高速道路A2が見えています。

2018032305.jpg



ここまでヴァッセンの教会を巡る3階層の線路を走ってきました。既に最下層の線路を走って、ヴァッセンの村の先に出ました。地図でそのルートを確認しておきましょう。

2018032306.jpg



また、トンネルに入り、その中で1回ループして高度を下げます。この手法がこのゴッタルド鉄道には多用されています。ループトンネルを抜けると、また、ロイス川沿いに走ります。

2018032307.jpg



ロイス川の対岸の高台を高速道路A2が走っています。半地下式のような構造で山の斜面に屋根付きの道路になっています。

2018032308.jpg



また、綺麗な教会が見えてきます。グールネレンGurtnellenの聖ヨゼフ教会Kirche St. Josefです。

2018032309.jpg



あっという間にこの小さなグールネレンの村を通り過ぎていきます。

2018032310.jpg



ロイス川に沿った狭い谷をゴッタルド・パノラマ・エキスプレスはゆっくりと走っていきます。

2018032311.jpg



短いトンネルがいくつも続きます。狭い谷間の空間ですからね。

2018032312.jpg



両側には険しい山々がそそり立っています。

2018032313.jpg



谷川のようなロイス川にぴったり寄り添いながら走っていきます。

2018032314.jpg



深い山間を鉄道と高速道路A2が突き抜けていきます。スイスが南のイタリアと直結する交通の大動脈です。青空も見えています。アルプスが晴れているといいなと願います。

2018032315.jpg



ルツェルン湖の観光船乗り場のフリューレンFlühlenまで、残り20分です。ゴッタルド鉄道の旅も残り少なくなってきます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

天野さん

saraiです。初めまして。コメントありがとうございます。ブログを書く励みになります。当日は快晴で素晴らしい日でしたが、夏の陽光がまぶしいほどで暑さに悩ま

09/27 14:15 sarai

充実した心豊かなご様子に励まされます.
情報、有り難うございました.
いつか、ふらっと訪ねてみたいです.

09/27 09:23 天野哲也

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR