fc2ブログ
 
  

ナビル・シェハタ コントラバス・リサイタル@横浜上大岡ひまわりの郷ホール 2018.11.18

昨日のバロックオーボエ・オーボエダモーレのコンサートに続き、今日はコントラバスのコンサート。マイナーな楽器の演奏を連日聴きます。その代わり、昨日も今日も達人です。ナビル・シェハタは以前はベルリン・フィルの首席奏者だった名人です。今日もその名人ぶりをたっぷりと聴かせてくれました。ただし、マイナーな楽器にはそのために書かれた楽曲が少ないという問題があります。昨日のオーボエもフルートの曲を演奏していましたが、今日もチェロやホルンの曲をコントラバスに編曲して弾きます。コントラバス用に書かれた楽曲は聴いたことのない曲ばかりです。

まずはバッハの無伴奏チェロ組曲 第1番です。原曲のト長調よりも2度上(7度下)のイ長調で弾きましたが、そのせいか、原曲よりも穏やかに感じます。もっとも穏やかに感じたのはその演奏によるものだったのかもしれません。温厚なお人柄のとおり、激しく突っ込んだ演奏ではありません。チェロに比べて、演奏は難しいでしょうが、微塵もそれを感じさせない演奏です。ある意味、物足りなさも残りますが、こういうおおらかな演奏もいいでしょう。テンポは普通でした。
ボッテジーニの2曲はコントラバス用に書かれた技巧的な作品だそうですが、これもなんなく弾きこなします。これみよがしな技巧などはこれっぽちもひけらかさない自然で穏やかな演奏です。「夢遊病の女」の有名なアリアのところは楽しく聴かせてもらいました。

後半はベートーヴェンのホルン・ソナタをコントラバスに置き換えたものです。原曲のホルンソナタよりも、ベートーヴェン初期のヴァイオリンソナタを想起させられるような演奏です。楽器が変われば、ずいぶん印象が変わります。ピアノの実兄のカリム・シェハタの切れのいい演奏が光りました。
ブルッフのコル・ニドライは抒情的な美しい演奏。クーセヴィツキーの小さなワルツは滑らかで気持ちよく聴けました。グリエールの間奏曲とタランテラも余裕たっぷりな落ち着いた演奏です。アンコールのアヴェマリアはとても美しい曲で誰の曲かと思っていたら、なんとピアソラとのこと。ピアソラもこんな抒情的な作品を書いたんですね。原曲は歌曲で、後に映画音楽として、オーボエ用に編曲したものだそうです。それをコントラバスに編曲したんですね。イタリアの歌姫ミルヴァが歌っているそうですから、一度聴いてみましょう。

この日のプログラムは以下の内容です。

 コントラバス:ナビル・シェハタ
 ピアノ:カリム・シェハタ

  J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 BWV1007(コントラバス版 イ長調)
  ボッテジーニ:グランド・アレグロ「メンデルスゾーン風協奏曲」
  ボッテジーニ:ベッリーニのオペラ「夢遊病の女」による幻想曲

  《休憩》

  ベートーヴェン:ホルン・ソナタ ヘ長調 Op.17(コントラバス版)
  ブルッフ:コル・ニドライ Op.47
  クーセヴィツキー:小さなワルツ Op.1-2
  グリエール:間奏曲とタランテラ Op.9

  《アンコール》

    ピアソラ:アヴェマリア(コントラバス版)

最後に予習について触れておきます。

1曲目のJ.S.バッハの無伴奏チェロ組曲 第1番は以下のCDで予習をしました。

 エドガー・メイヤー 2000年録音

これは聴き惚れました。チェロでの演奏に並ぶ名演です。チェロに比べて、深い響きがします。音楽性も優れています。


4曲目のベートーヴェンはホルン・ソナタは以下のCDで予習をしました。なお、2,3曲目は予習していません。

   バリー・タックウェル(ホルン)、ヴラディーミル・アシュケナージ(ピアノ) 1974年録音 イギリス

この曲は原曲のホルン版しか入手できなかったので、タックウェルのホルンで聴きました。ホルンもいいのですが、アシュケナージのピアノが冴え渡っていました。とてもよい演奏です。


5曲目のブルッフのコル・ニドライは以下のCDで予習をしました。

 ピエール・フルニエ(チェロ)、ジャン・マルティノン指揮コンセール・ラムルー管弦楽団 1960年5月録音 パリ

これもオリジナルのチェロ版で聴きました。予想通り、フルニエの格調高い演奏ですが、静かな中に熱さも秘めた演奏です。


7曲目のグリエールの間奏曲とタランテラは以下のCDで予習をしました。6曲目はCDが入手できずに聴いていません。

 ウィース・ド・ブフWies de Boevé (コントラバス)、高橋朋子(ピアノ) 2015年11月録音 ベルリン

ウィース・デ・ブーフェは2016年のミュンヘン国際音楽コンクールとボッテジーニコンクールの両方で優勝した逸材です。演奏もコントラバスとは思えない素晴らしいテクニックで、美しい響きの演奏です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

aokazuyaさん

コメントありがとうございます。デジタルコンサートホールは当面、これきりですが、毎週末、聴かれているんですね。ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲ

03/03 23:32 sarai

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR