fc2ブログ
 
  

ザルツブルク音楽祭:シュテファン・ツヴァイク・センターのトンネルからの入り口の謎の解明

2017年8月2日水曜日@ザルツブルク/8回目

シュテファン・ツヴァイク・センターStefan Zweig Centreで展示を見終わりました。
シュテファン・ツヴァイクの苦難の日々を見て、胸が熱くなりました。最期まで戦争に反対し続けたリベラルな文化人でした。時間を超えた友情を感じざるを得ません。

ところで、このシュテファン・ツヴァイク・センターへ上ってくる際にトンネル内の入り口から、何故、入れなかったのかを解明しておかないといけません。そのために、今度はシュテファン・ツヴァイク・センターから逆にエレベーターでトンネルの入り口に下りてみます。トンネル内の入り口に行くと、入り口の横に扉を開錠するボタンがしっかりあります。

2018121301.jpg



そして、この開錠ボタンはちゃんと機能しています。無念! 開閉ボタンの存在を知らない、文化の違いですね。ヨーロッパの文化の理解はまだまだですっ。

2018121302.jpg



トンネルの入り口にあるシュテファン・ツヴァイクの写真に別れを告げて、トンネル内を歩いて、ホテルに帰ります。

2018121303.jpg



この後、ホテルで休んで、夜はアンドラーシュ・シフの3回目のリサイタルです。また、ザルツァッハ川を渡って、モーツァルティウム大ホールに出かけます。これがチケット。

2018121304.jpg



3回にわたるミニチクルスの3回目です。バッハ、バルトーク、ヤナーチェク、シューマンの素晴らしい演奏にうならされました。特にバルトークのピアノ・ソナタ、シューマンの幻想曲は絶品でした。
3回ともご一緒したウィーンのおばさまともこれでお別れです。シフの奥様の塩川悠子さんは今日も皆さんにご挨拶してました。

ホテルに戻って、お昼にゲットしたザルツブルク音楽祭記念のワインで祝杯をあげます。

2018121305.jpg



これがワインのラベルです。ちゃんとザルツブルク音楽祭2017Salzburger Festspiele 2017と書かれています。2016年もののワインのようです。

2018121306.jpg



さて、明日は山の温泉、バード・ガシュタインBad Gasteinの温泉に出かけて、旅の疲れを癒してきましょう。もちろん、夜は戻ってきて、ザルツブルク音楽祭の公演を聴きます。ちなみにバード・ガシュタインは、1825年にシューベルトが滞在して、《グムンデン・ガシュタイン交響曲》を作曲したことで知られています。最近の研究結果では、この《グムンデン・ガシュタイン交響曲》はシューベルトの最後の交響曲、第9(8)番の大ハ長調交響曲のことだと推論されています。あのシューベルトの大傑作が生まれた地を訪れるのは楽しみです。どんなところなんでしょう。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

aokazuyaさん

コメントありがとうございます。デジタルコンサートホールは当面、これきりですが、毎週末、聴かれているんですね。ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲ

03/03 23:32 sarai

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR