fc2ブログ
 
  

バード・ガシュタイン:町一番の名物、滝の凄い迫力

2017年8月3日木曜日@ザルツブルク~バード・ガシュタイン/3回目

チロルの温泉地、バード・ガシュタインBad Gasteinに到着し、迷いながらもツーリストインフォメーションに辿り着いたところです。早速、中に入ります。先客はいないので、すぐにスタッフのかたに町の観光について、相談します。で、地図をもらい、町の名物の滝の場所と温泉の場所を教えてもらいます。温泉施設はいっぱいあるようですが、我々が行こうとしている駅前のフェルゼンテルメFelsenthermeが、見晴らしが一番良いと教えてくれます。では、温泉はそこに決めましょう。知りたい情報は得られたので、お礼を言って、ツーリストインフォメーションをあとにします。これがお世話になったツーリストインフォメーションの建物です。

2018121701.jpg



通りに出ると、ここは町はずれ。緑に包まれた風景が広がっています。

2018121702.jpg



通りの向かいに何か記念碑のようなものがあります。

2018121703.jpg



近くに寄って見てみます。壺の紋章が描かれています。これはバード・ガシュタインの紋章です。1327年にこの地の所有者のディーポルド・フォン・ガシュタインDiepold von Gasteinが領主のフリードリヒ・フォン・ゴルデックFriedrich von Goldeckにバード・ガシュタインの土地を譲渡しましたが、青い背景に銀色の壺の形の彼の紋章がそれ以来、町の紋章として使われるようになりました。この記念碑はその歴史的事実を刻んだもののようです。そう言えば、ツーリストインフォメーションの建物の正面にもこの壺の紋章が飾られていましたね。

2018121704.jpg



まずは町一番の名物の滝を目指して、町の中心地に戻ります。町のメインストリート、カイザー・フランツ・ヨーゼフ通りKaiser Franz Josef-Straßeの坂道を下っていきます。来た時と逆のルートです。

2018121705.jpg



町が見下ろせるところまで戻ってきます。今度は坂道を下るので楽ちんです。

2018121706.jpg



下の渓谷をのぞき込みますが、滝の姿を見ることはできません。

2018121707.jpg



道の傍らの案内板には、ツーリストインフォメーションの場所を示すiの文字が見えます。いまさらですけどね。

2018121708.jpg



町の中心に出ます。

2018121709.jpg



賑やかな露店も並んでいます。

2018121710.jpg



これが町の真ん中の広場、シュトラウビンガープラッツStraubingerplatzです。バスターミナルにもなっています。

2018121711.jpg



そのすぐ先にバード・ガシュタイン滝があります。滝はなかなかの迫力。これは見逃せません。

2018121712.jpg



ガシュタイン渓谷を流れ落ちる滝は凄い勢いです。

2018121713.jpg



ズームアップして、滝の迫力を撮影します。流れ落ちる水は白い泡になって、水しぶきを上げながら、轟轟という音をたてています。

2018121714.jpg



地図で滝へのルートを確認しておきましょう。

2018121715.jpg



たっぷりと時間をかけて滝を楽しみます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

aokazuyaさん

コメントありがとうございます。デジタルコンサートホールは当面、これきりですが、毎週末、聴かれているんですね。ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲ

03/03 23:32 sarai

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR