FC2ブログ
 
  

いざ、ヨーロッパへ:成田空港を出発

2018年8月13日月曜日@成田空港~デュッセルドルフ

今回は、ヨーロッパへの渡航便は成田空港11時発のANA。久しぶりの成田空港です。成田空港へはもちろん京急・都営・京成を乗り継いで行きますが、通勤時間帯なので、大きな旅行カバンを持った旅人は迷惑で腹立たしいですよね。私達も、長時間立っていくのは大変です。
ということで、まず羽田空港行きの急行で羽田空港に行き、羽田空港から成田空港行きの急行に乗ることにします。時間は余計にかかりますが、仕方ないですね。
いつもならsaraiが寝る頃の時刻、4時半過ぎには起きだして、最寄り駅に荷物を引いて歩いて行きます。早朝とはいえまだまだ暑いです。汗ビッショリになります。途中の急行乗換駅の上大岡で電車の出発案内板のチェックに行ったsaraiは、この駅から成田空港行きの特急がすぐに出ることに気づきます。
一日に1本位しかない電車なので、こんな電車があることには思い至りませんでしたが、確かにこの電車に乗るのが一番楽です。
それもたまたまですが、予定していた電車の2分前の発車というラッキーさ。
これに飛び乗ります。案外空いていて、座れます。そういえば、今日からお盆休みの人が多いようですね。あまり心配することもなかったようです。
うつらうつらするうちに成田空港に到着です。久しぶりの成田空港です。出国ラッシュは終わったのかあまり混んではいません。

2019050101.jpg



まずは両替です。今回はユーロに交換するだけなので何の問題もありません。順調に荷物のドロップオフも終了。今回は、山歩きもないし、持ち物も少ないので、重さもそれなりです。

2019050102.jpg



まだまだ時間はたっぷりあります。朝食でも食べましょう。日本の朝ごはんなんて言うのがいいのですが・・・ありますね。

2019050103.jpg



京都のお店の八代目儀兵衛にしましょう。

2019050104.jpg



焼き魚と卵かけご飯の朝食セットを美味しくいただきます。

2019050105.jpg



搭乗エリア内に入りましょう。

2019050106.jpg



手荷物検査も。出国手続きも簡単に終了。ぶらぶらとお店を眺めながら搭乗口に向かいます、特に買うものもありません。

2019050107.jpg



搭乗1時間前には搭乗ゲート前のロビーに落ち着きます。

2019050108.jpg



搭乗ゲートは54番。ANAのデュッセルドルフ行きの直行便です。機種はB787。

2019050109.jpg



着々と出発準備が進んでいるANAのB787が見えています。

2019050110.jpg



家族への行ってきますメールやブログ記事を書いているうちに搭乗時間が迫ります。

2019050111.jpg



さあ、搭乗開始。夏休みの帰省のなのか子供連れが多いですね。

2019050112.jpg



B787に乗り込みました。ほぼ満席ですが、ラッキーなことに私たちの三人掛けの席には他に誰も来ません。三人掛けを二人で使用のラブラブシート状態です。我々の席は主翼の少し後方です。

2019050113.jpg



搭乗前に見た飛行機の外観が普通のANAとは違うような気がしていたのですが、スターウォーズバージョンだったとのことで、出発前には、機内を赤や青の照明を点滅させてサービス演出。大したことはありませんが、これも気持ちということで。

2019050114.jpg



機体のペインティングは乗っている人には見えないけど、それも気持ちということで。

出発が20分ほど遅れますが、スターティングポイントに着いて、さて、離陸です。

2019050115.jpg



無事、離陸して、ぐんぐん上昇していきます。日本の美しい田畑が雲間から見えています。

2019050116.jpg



やがて、雲を突き抜けて、雲上を飛行します。

2019050117.jpg



安定飛行に移ると、早速、スナック菓子が配られます。

2019050118.jpg



メニューを久しぶりにじっくり見ると、この7月からスパークリングワインがサービスされるようになったようです。ANAもようやく庶民にもスパークリングワインをふるまうようになったのが大進歩です。この7月からの限定サービスとのことですが、もちろん、今後も続けますよね。→ANA殿
日本酒もあるのですね。飲み物の中には、牛乳もあります。コーンスープや野菜スープもあります。今までもあったのかしら。(この後、飛行中に日本酒以外はほとんどお願いしてみましたが、いずれもとっても美味しかったです。)

2019050119.jpg



水と飲み物もサービスされます。飲み物はもちろん、ANAでエコノミークラスでもようやく提供されるようになったスパークリングワインです。

2019050120.jpg



ところで、機内でWIFI接続してみると、インターネット接続は有料です。国内線も無料なのだから、国際線も是非、無料にしてね。いかに格安料金としても、それなりの料金を払っていますからね。→ANA殿

B787は順調に高高度を飛行していきます。

2019050121.jpg



機内食は2種類をシェアして美味しくいただきます。

2019050122.jpg



2019050123.jpg



映画を見て、特記事項もなく、順調に飛行。
やがて、窓は通常モードからナイトモードに移行します。

2019050124.jpg



2019050125.jpg



ナイトモードの窓を見ながら、うつらうつら・・・。

2019050126.jpg



熟睡のsaraiを乗せて、B787は一路、ヨーロッパに向けて飛び続けます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

いざ、ヨーロッパへ:デュッセルドルフに到着

2018年8月13日月曜日@成田空港~デュッセルドルフ/2回目

スパークリングワインで朦朧としているうちにすぐにヨーロッパです。
ナイトモードの窓もお昼モードに変わります。

2019050201.jpg



叩き起こされて、2回目の食事が出ます。もちろん、2種類を選択して、二人でシェアして食べます。

2019050202.jpg



2019050203.jpg



窓外は高高度から地表まで見渡せる絶好の好天が広がっています。

2019050204.jpg



ところがヨーロッパの空に入っていくと、厚い雲に覆われています。

2019050205.jpg



やがて、ドイツに入り、降下を始め、雲の下に出ます。一年ぶりに見るヨーロッパの大地です。

2019050206.jpg



降下を続け、村や町がはっきりと見えてきます。

2019050207.jpg



雲が低く垂れこめて、あまり天気がよくないようです。

2019050208.jpg



デュッセルドルフDüsseldorfに近づいていくとライン川Rheinが姿を現します。

2019050209.jpg



森の中にあるデュッセルドルフ空港Flughafen Düsseldorfに侵入していきます。

2019050210.jpg



小雨模様のデュッセルドルフに無事に到着です。
ボーディングブリッジの接続にトラブルがあったのか、だいぶん待たされますが、しばらくして飛行機を降ります。
デュッセルドルフの空港ビルから、今まで乗ってきたANAのB787のスターウォーズ仕様の機体を雨粒の付いた窓越しにパチリ。STARはちゃんと見えていますが、その下のWARSは隠れて見えていませんね。

2019050211.jpg



荷物も無事に受け取り、さて旅の始まりです。
デュッセルドルフの街へは、Sバーンで行きます。まずは、空港ターミナルとSバーンの駅を結ぶモノレールSkyTrainに乗って移動。
旅の始まりの難関は、このチケットの購入です。ずいぶん検討した挙句に自動販売機で1日券を購入します。

2019050213.jpg



しかし、有効範囲がどこまでか、やや不安です。ともかく、モノレールでSバーンの空港駅Flughafen Bahnhofに移動します。

2019050214.jpg



Sバーンの空港駅に到着。ホームに行きましょう。

2019050215.jpg



通路を通って、ホームに向かいます。

2019050216.jpg



ホームに到着。

2019050217.jpg



地元のお姉さんに購入したチケットでデュッセルドルフ中央駅Düsseldorf Hbfまで行けるかどうかを尋ねてみますが分からないとの返事。ホームに鉄道スタッフを見つけて相談すると、肝心のチケットの有効範囲のことではなく、チケットに日付のパンチを入れないとダメだよっていう、ご託宣。一度ホームから上に上がらないとパンチ機はありません。でも、それを言うんだから、このチケットはデュッセルドルフ中央駅まで有効なのね。日付パンチを入れた後、また、ホームに戻ります。

2019050218.jpg



反対方向への電車を何本か、やり過ごします。

2019050219.jpg



ようやくSバーンの電車に乗り込みます。中央駅までは空港から5分ほどで到着。
(後で分かりましたが、モノレールで空港駅まで移動する必要はなく、空港ターミナルから中央駅に行くSバーンが直接出ています。空港駅は長距離電車に乗る場合のみ、利用する必要があります。完全に事前調査が不足していました。多分、30分ほど無駄にしたようです。チケットの有効範囲も悩む必要はなかったんです。1年ぶりのヨーロッパでsaraiは舞い上がっていたようです。)

駅前に出ます。トラムが発着しています。

2019050220.jpg



これがデュッセルドルフ中央駅。なかなか立派です。最近作り替えたのでしょうか。

2019050221.jpg



駅前広場は、車は乗り入れ禁止のようで、トラムやバスやタクシー乗り場がまとまっています。

2019050222.jpg



駅の地下には、Uバーンの乗り場もあります。おっと、ここでツーリストインフォメーションを発見。残念ながら、5時を過ぎているので、もう閉まっています。

2019050223.jpg



面白い像を発見。ご愛敬ですね。これは「カメラを向ける男」という宣伝用の看板なのだそうです。台座の部分に広告が並んでいます。

2019050224.jpg



駅前広場から旧市街へ続く大通り、ビスマルク通りBismarckstraßeが、賑やかです。その通りにちょっと入ったところに、今夜のお宿、ホテル ビスマルク Hotel Bismarckがあります。古い建物ですが、落ち着いた感じの宿です。駅前すぐで便利です。早速、チェックインします。

2019050225.jpg



レセプションのお姉さんも感じよし。レセプション前のロビーは朝食レストランになっています。

2019050226.jpg



部屋もコンパクトで清潔感があり、良し。

2019050227.jpg



なんとバスタブありです。もちろん、事前にリクエストしておいたからです。

2019050228.jpg



さすがに窓からの眺めはそっけないですね。ビルの谷間っていう感じです。

2019050229.jpg



さっそく街に繰り出しましょう。デュッセルドルフに来たのは初めてです。それに今日はANAのレール&フライという飛行機からドイツ国鉄DBのトランジット中で、一晩限りの滞在ですから、時間を無駄にできません。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

デュッセルドルフ散策:ケーニッヒスアレーとハイネの家

2018年8月13日月曜日@デュッセルドルフ

初のデュッセルドルフDüsseldorfの町歩きに出かけます。一番の目的は作曲家ロベルト・シューマンと妻クララ・シューマンの暮らした最後の家を見ることです。
まずはホテルを出て、デュッセルドルフ中央駅Düsseldorf Hbfの前に出ます。

2019050301.jpg



旧市街の中心へは、Uバーン(地下鉄)で3駅です。Uバーン乗り場はデュッセルドルフ中央駅の地下にあります。

2019050302.jpg



Uバーンに乗るためには空港で購入した1日券もつかえますが、宿のお姉さんからサービスでいただいた今日と明日の1日乗車券もあります。万全です。

2019050303.jpg



Uバーンのホームで電車を待ちます。

2019050304.jpg



やってきたUバーンの電車で旧市街に移動。ハインリッヒ・ハイネ・アレー駅Heinrich-Heine-Alleeで下車。旧市街のこの地下駅はデパートの地下と直結しています。デパートを通って地上へ出ます。緑の多い大きな通りがあります。初めての町なので、どこなのか、さっぱり分かりません。

2019050305.jpg



まるで公園のような大通りです。どうやら、ケーニッヒスアレーKönigsalleeのようです。旧市街の繁華街とは反対側に出たようです。

2019050306.jpg



ケーニッヒスアレーの中には綺麗な噴水も見えます。

2019050307.jpg



綺麗な公園通りなので、少し歩いてみましょう。噴水のある広場の反対方向には濠のような水路(運河?)が伸びています。

2019050308.jpg



中央の緑の公園の両横が車道になっています。

2019050309.jpg



中央の緑の広場の中に立ちます。目の前には今出てきた大きなデパート、ガレリア・カウフホ-フ・ケーニッヒスアレー店Galeria Kaufhof Königsallee Dusseldorfがあります。

2019050310.jpg



大通りには、立派な石造りの建物が並んでいます。デュッセルドルフは凄く大きな街ですね。

2019050311.jpg



ケーニッヒスアレーの緑の公園、コルネリウスプラッツCorneliusplatzをぶらぶら歩いていきます。

2019050312.jpg



公園の中央にある噴水です。

2019050313.jpg



ケーニッヒスアレーに面する奇妙な外観のビルが目を惹きます。ケー・ボーゲンKö-Bogenという高級ショッピングモールです。

2019050314.jpg



デパートのお隣にある古色蒼然とした建物は5つ星ホテルのシュタイゲンベルガー パークホテル デュッセルドルフSteigenberger Parkhotel Düsseldorf。

2019050315.jpg



ケーニッヒスアレーを離れて、デパートとホテルの間の通り、エルバーフェルダー通りElberfelder Straßeを歩いていくと、ケーニッヒスアレーと並行する大通り、ハインリッヒ・ハイネ・アレーHeinrich-Heine-Alleeに出ます。この通りの先に明日訪問予定のK20州立美術館K20, Kunstsammlung Nordrhein-Westfalenがある筈ですが、豊かな緑に遮られて見えませんね。

2019050316.jpg



大通りを渡ると、旧市街の繁華街への道、ボルカー通りBolkerstraßeに入ります。

2019050317.jpg



このボルカー通りも緑が多いですね。雰囲気のよい通りです。このデュッセルドルフには日本の企業が多く進出していて、日本人が多い街と聞きます。でも、日本人は見かけません。観光客らしき人もいません。

2019050318.jpg



ズラーっと居酒屋(ビヤハウス?)さんが軒を連ね、ハッピーアワーが始まった時間のせいか、お店の前のスタンドは客で溢れています。ビジネスマンのような若い人が多いです。テーブルの上は、ビールのみ。

2019050319.jpg



その通りをどんどん奥に進みます。目指すは、詩人ハインリッヒ・ハイネの家Heine Hausで、今は本屋さんになっているそうです。すぐに発見。白を基調とした爽やかなお店。

2019050320.jpg



なかなか立派なお店です。ちょっと中に入ってみましょう。

2019050321.jpg



奥にずっと伸びた細長いお店で、突き当りがカフェになっています。クッションもあり、リビングでくつろぐ感じになっています。日本では見たこともないような大型のお洒落な犬が、クッションで寝ています。

2019050322.jpg



講演会でもありそうな椅子を並べたエリアもあります。

2019050323.jpg



ハイネの詩集(ドイツ語は読めないけど)でも片手にお茶したいところですが、カフェの営業時間を過ぎています。残念。

ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2019050324.jpg



シューマンの家を目指して、さらに通りを進みます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

デュッセルドルフ散策:シューマンが最後に暮らした家

2018年8月13日月曜日@デュッセルドルフ/2回目

デュッセルドルフDüsseldorfの町歩きをしているところです。ハイネの家Heine Hausを出て、ボルカー通りBolkerstraßeに出ると、真ん前に教会の塔が見えます。プロテスタント教会のネアンダー教会Neanderkircheです。四角い塔の上に大きな時計のある尖塔があります。尖塔の頂点にはラッパを吹く天使の飾りがのっかっています。ちょっとこの天使は見づらいかもしれませんが、ご親切にも手前の横断幕の両脇にこの天使飾りが描かれています。

2019050401.jpg



ちなみにこの教会の名前はこの教会にゆかりのある賛美歌作者のヨアヒム・ネアンダーに因んで名づけられました。彼の名前はデュッセルドルフ付近の谷の名前にもネアンダータール(ネアンダー谷)として使われています。「ネアンデルタール人」という名前もこの地域で骨の化石が見つかったからだそうです。

通りには居酒屋に群れ集う人たちと元気よく歩いている若いカップルの姿が目立ちます。

2019050402.jpg



居酒屋の並ぶボルカー通りをずんずん進んでいきます。

2019050403.jpg



さらに通りを進むと、旧市庁舎Rathausのあるマルクト広場Marktplatzに突き当たります。趣のある素晴らしい建物です。その昔、とても繁栄してたのでしょうね。

2019050404.jpg



広場の中心には騎馬像があります。ヨハン・ヴィルヘルム2世の騎馬像です。

2019050405.jpg



マルクト広場から旧市庁舎の歴史的な姿を眺めます。この建物は1570年にルネサンス建築家トゥスマンが設計し、1749年に建築家ヨハン・ヨーゼフ・コーベンによってロココ調の扉とバルコニーを備えたバロック様式に改修されました。時計塔がとても印象的です。

2019050406.jpg



マルクト広場にぶつかったところで今度は左に折れて、マルクト通りMarktstraßeを南方向に進みます。シューマン・ハウスはそちらにある筈です。

2019050407.jpg



ツーリストインフォメーションの前を過ぎて、マルクト通りはベルガー通りBerger Straßeと名前を変えます。

2019050408.jpg



この通りの両側にもビヤハウス、レストランはずっと続いています。その中に、マスタードの専門店、デュッセルドルフゼンフラーデンDüsseldorfer Senfladenがあります。時間は遅いのですが嬉しいことにまだ開いています。

2019050409.jpg



このお店はライオンマークで有名なレーヴェンゼンフLöwensenf直営店です。レーヴェンゼンフはデュッセルドルフ発祥、ドイツ最大のマスタードメーカーで、100年以上の歴史があるそうです。1884年にゴッホがデュッセルドルフを訪れた時に、あまりの美味しさに感激して絵に描いたという逸話が残っているほどです。

お店に入ると、ずらりと多種のマスタードが並んでいます。試食コーナーにも10種以上は置いてあります。お店のお兄さんとおしゃべりしながら試食(舐める)します。ミュンヘンの白ソーセージにつけて食べるはちみつ入りのマスタードもあります。ずっと欲しいなと思っていたものです。即購入。お土産にしましょう。試食して気に入ったものを次々にお買い上げ。ちょっと重いですが、安いし、お土産には最適です。支払いにクレジットカードが使えなかったのは残念。

これがその時購入したマスタードの中の2つ。今、我が家で食べているものです。右が甘いマスタード。左が普通に辛いマスタード。

2019050410.jpg



お店を出て、再び、ベルガー通りをまっすぐに進むと、通りの名前がビルカー通りBilker Straßeに変わり、お店もなくなった住宅街に、シューマン夫妻が住んでいた家があります。saraiのお目当てはココ。ビルカー通り15番地です。

ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2019050411.jpg



シューマン・ハウスSchuman-Hausはそれにしても大きくて立派な3階建ての家です。

2019050412.jpg



晩年のロベルト・シューマンは病に冒されて、悲惨でしたが、裕福な暮らしをしていたのですね。ロベルトの死後はこの家の維持ができずにクララはデュッセルドルフのもっと小さな家に移転したそうです。この大きな家だから、シューマンを訪ねてきた若きブラームスを1か月も居候させることができたことがよく分かります。

家の壁に貼られた名標には、ロベルト・シューマンとクララが1852年9月から1854年3月まで住んでいたと書いてあります。

2019050413.jpg



また、ドアの横には二人の横顔のレリーフが飾ってあります。

2019050414.jpg



大好きなシューマンが最後に暮らした家を見て、saraiは感無量。saraiはシューマニアーナを自任しています。
このシューマン・ハウスを見ながら、ノートPCを立ち上げて、ロマン派を代表する傑作、シューマンのピアノ協奏曲をヘッドフォンで聴きます。もっとも、この曲はドレスデン時代の作曲でしたよね。まあ、ロベルトが作曲して、クララが演奏した名曲ですから、この二人が最後に暮らした家の前で聴くのもよいでしょう。クララ・ハスキルの素敵なピアノにオッテルロー指揮ハーグ・フィルが熱いオーケストラ演奏をする実にロマン濃厚な演奏を聴きます。

うっとりと名曲に聴き入るsaraiでした。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

デュッセルドルフ散策:ライン川、そして、アルトビール

2018年8月13日月曜日@デュッセルドルフ/3回目

デュッセルドルフDüsseldorfのシューマン・ハウスSchuman-Hausを眺めながら、クララ・ハスキルの美しいピアノの響きでシューマンのピアノ協奏曲に耳を傾けています。胸に大きな感慨を覚えます。

しかし、長々と、ヘッドホンをかぶりパソコンを片手に建物を見上げて佇むおじいさんというのも、怪しげなので、しばらくするとヘッドフォンでシューマンを聴きながら移動します。
すぐ近くにはライン川が流れています。以前のライン川をさかのぼる旅を思い出しながら、ライン川を眺めることにしましょう。滔々と流れるライン川はすぐそこです。
シューマン・ハウスのすぐ近くには、デュッセルドルフ・マリオネット劇場Düsseldorfer Marionetten-Theaterがあり、その前を通り過ぎます。

2019050501.jpg



ライン川に向かう途中、ハーフェン通りHafenstraßeを歩いていくと大きなカトリック教会があります。聖マクシミリアン教会St. Maximilian(北側ファサード)です。

2019050502.jpg



その先、シュール通りSchulstraßeを歩いていくと、ライン川Rheinに行き着きます。

2019050503.jpg



シューマンは自宅から近くのこのライン川にカーニバルの日の雑踏の中を歩き、投身自殺を図りました。未遂に終わりましたが、その後、精神病院に入り、その一生を終えました。そのライン川を目の当たりにします。このライン川で、ボートを並べた橋の真ん中から身を投げたそうです。ハスキルの演奏するピアノ協奏曲の演奏はまだ続いています。その悲劇に思いをいたすと涙が出そうになりますが、その音楽の素晴らしさにも圧倒されます。

観光船乗り場もあり、賑わっています。

2019050504.jpg



しばし眺めていましたが、川風が涼しいというより、寒い。そろそろ引き上げましょう。

おや、ライン川に接するところにアルター・ハーフェンAlter Hafenという旧港らしき水路に一隻のヨットが浮かんでいます。これはアールショッカーAalschokkerと呼ばれる、ウナギ漁のヨット型漁船。歴史的な船でここに永久的に係留されているようです。岸辺につながれていなくて、水路の中央に位置しているところが面白いですね。

2019050505.jpg



このアルター・ハーフェンの水路の横のライン通りRheinstraßeを歩いていると、左手に面白い像が見えます。これはベルク公国の紋章のベルギッシュ・ライオンWappentier Bergischer Löwe。錨を前足で持つライオンの紋章です。ベルク公国はデュッセルドルフを首都としていたこともあり、この紋章は現在はデュッセルドルフの紋章にもなっています。紋章ではライオンは赤く描かれます。

2019050506.jpg



ベルギッシュ・ライオン像を過ぎて、ライン通りを歩いていきます。ここも通り沿いは居酒屋と化しています。

2019050507.jpg



再び、夕刻のマルクト広場Marktplatzに出ます。旧市庁舎Rathausの古びた雰囲気がたまりません。

2019050508.jpg



旧市街AltstadtをブラブラしながらUバーンの駅、ハインリッヒ・ハイネ・アレー駅Heinrich-Heine-Alleeに向かいます。マスタード屋さんは既に閉店しています。ビヤハウスもハッピーアワーが終わったせいか賑々しさは減り、地元の常連さんが楽し気にビールを飲んでいます。私たちも軽くソーセージでもつまみながら一杯頂いていきましょう。ハイネ・ハウスのお隣のビアハウス、ハウスブロイエライ・ツム・シュリュッセルHausbrauerei Zum Schlüsselのテラス席に着くと、お兄さんが寄ってきます。ビール2つねというだけで銘柄もききません。そういえば、周りの人たちは、皆同じものを飲んでいます。お任せしましょう。

2019050509.jpg



このお店は自家製ビール醸造所の直営店。黙って座れば、「オリギナール・シュリュッセル」Original Schlüsselというアルトビールが運ばれてきます。とてもコクのあるビールで美味しいです。ドイツに来たという実感があります。

2019050510.jpg



ソーセージとザワークラウトとマッシュポテトの一皿をお願いします。これまた、ドイツに来たなという感じです。

2019050511.jpg



これがお店のコースター。ビールの名前が書かれています。ほかの種類のビールはないのね。

2019050512.jpg



コースターの裏にはこのビール醸造所の名前の由来の鍵の絵が描かれています。シュリュッセルSchlüsselというのはドイツ語で鍵のこと。で、鉛筆でメモされているのは、ビールと食べ物の料金です。お店のお兄さんが請求書代わりに書き込んだんです。これがこのお店のシステムのようです。明朗会計ですね。

2019050513.jpg



ますます寒くなってきます。日本の昨日までの暑さが信じられません。
冷たくなった夜風に吹かれながら、ドイツ料理と美味しいビールをいただきます。

思い出に残るデュッセルドルフになりました。

さあ、ホテルに帰りましょう。また、ハイネの家Heine Hausの前を通り過ぎます。

2019050514.jpg



Uバーンの駅のある地下街には綺麗な花屋さんがあり、配偶者が見入っています。

2019050515.jpg



Uバーンで駅前に戻り、ホテルに帰着。

ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2019050516.jpg



熱いお風呂につかり(バスタブのある貴重なホテル!)、旅の初日の長い1日が終わります。

明日はデュッセルドルフのK20州立美術館K20, Kunstsammlung Nordrhein-Westfalenを駆け足で見て、遠路、ザルツブルクSalzburgまで鉄道移動します。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

中村恵理、最高のR.シュトラウスを歌う @Bunkamuraオーチャードホール 2019.5.6

行くかどうか迷っていましたが、1週間ほど前に決心して残っているチケットを購入。あくまでも中村恵理の歌声が聴きたかったんです。海外も含めて、今、saraiの一番のお気に入りのソプラノです。今日聴いた結果、未知数だった中村恵理のR.シュトラウスの歌曲は最高でした。行ってよかった!

細かいことは抜きにして、ホールによく通る彼女の美声がすべて。どの曲も満足して聴けました。もちろん、大好きなMorgen!は素晴らしかったのですが、他の4曲も同じくらい素晴らしかった。何というか、誠実さか滲み出るような歌唱にしみじみとした感慨を覚えました。で、もちろん、《4つの最後の歌》を聴きたくなるのが人情。そうなんですが、むしろ、聴きたくなったのはオペラ《ダナエの愛》の最後の長いアリアなんです。清貧の中、その状況に満足して、一途な愛をしみじみとダナエが歌うアリアを是非とも中村恵理に歌ってもらいたいというのが、saraiの心情です。いやあ、素晴らしいR.シュトラウスでした。

エド・デ・ワールト指揮のN響はR.シュトラウスの歌劇「インテルメッツォ」からの4つの交響的間奏曲の第2曲「暖炉の前の夢想」の演奏がとりわけ素晴らしかった。うっとりするほどの美しさでした。

ブラームスはまあ、バランスのよい演奏でしたが、こんなものかな。弦ではヴィオラの響きが際立っていましたし、木管、金管の響きも素晴らしかったです。一方、高弦にもっと艶があれば、さらに、トゥッティにもっと重厚さがあれば、素晴らしいブラームスになっていたでしょう。

結局、当初の思い通り、中村恵理の美しい歌唱を聴けて満足でした。今月は彼女の《ラ・ボエーム》のミミも聴けるのでルンルンです。


今日のプログラムは以下です。

  指揮:エド・デ・ワールト
  ソプラノ:中村恵理
  管弦楽:NHK交響楽団

  ブラームス:悲劇的序曲 Op.81
  R.シュトラウス:「献呈」“Zueignung” Op.10-1
          「あすの朝」“Morgen” Op.27-4
           歌劇「インテルメッツォ」Op.72~4つの交響的間奏曲から第2曲「暖炉の前の夢想」
          「憩え、わが魂」“Ruhe, mein Seele!”Op.27-1
          「解き放たれて」“Befreit”Op.39-4
          「チェチーリエ」“Cäcilie”Op.27-2

   《休憩》

  ブラームス:交響曲第2番 ニ長調 Op.73

   《アンコール》
    ブラームス:ハンガリー舞曲第5番 ト短調

最後に予習について、まとめておきます。

ブラームスの悲劇的序曲は以下のCDを聴きました。

 ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団 1966年10月28日、クリーヴランド、セヴェランス・ホール

まさにジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団の真価を知らしむべき名演。文句なし。


R.シュトラウスのオーケストラ伴奏付き歌曲は以下のCDを聴きました。

 エリーザベト・シュヴァルツコップ、ジョージ・セル指揮ベルリン放送交響楽団 1965年9月1-3日、ベルリン、グリューネヴァルト教会 (「献呈」)
 エリーザベト・シュヴァルツコップ、ジョージ・セル指揮ロンドン交響楽団 1968年9月10-14,18日 ロンドン、キングズウェイ・ホール (「あすの朝」、「憩え、わが魂」)
 アドリアンヌ・ピエチョンカ、フリードリッヒ・ハイダー指揮ニース・フィルハーモニー管弦楽団 1999年 全5曲

シュヴァルツコップのR.シュトラウスは特別です。なんのかんのsaraiが言うべきレベルではありません。ただただ、謹聴するのみ。ピエチョンカはその美声でうっとりと聴かせてくれます。期待以上の出来です。


R.シュトラウスの歌劇「インテルメッツォ」Op.72~4つの交響的間奏曲から第2曲「暖炉の前の夢想」は以下のCDを聴きました。

 セミヨン・ビシュコフ指揮ウィーン・フィル 2015年9月1日~4日、ウィーン、ムジークフェライン

これはびっくりするほど美しい演奏です。もっとも、このCDのメインはフランツ・シュミットの交響曲第2番ですけどね。


ブラームスの交響曲第2番は以下のCDを聴きました。

 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ベルリン・フィル 1952年5月7日、ミュンヘン、ドイツ博物館
 ベルナルド・ハイティンク指揮ロンドン交響楽団 2003年5月17日 ロンドン、バービカン・センター ライヴ録音

フルトヴェングラーは熱いロマンのブラームス。賛否両論あるかもしれませんが、saraiは大好きです。
一方、ハイティンクはコンセルトヘボウ管弦楽団、ボストン交響楽団に続くロンドン交響楽団とのブラームス全集の一枚です。ボストン交響楽団との演奏も素晴らしいのですが、このロンドン交響楽団との演奏は録音、表現ともに最高です。saraiにはパーフェクトなブラームスに思えます。フルトヴェングラーとハイティンクを聴けば、あとは何もいらないとさえ思えます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       中村恵理,  

デュッセルドルフのK20州立美術舘訪問:束の間の公園散策

2018年8月14日火曜日@デュッセルドルフ

旅の2日目、デュッセルドルフDüsseldorfの2日目です。と言っても、まだ、トランジット中で、飛行機からドイツ国鉄DBに乗り換えて、ザルツブルクSalzburgに向かうところで旅の始まりに過ぎません。

昨夜はそこそこ早く寝たので、普通に7時半に起床。街中がしっとりと濡れ、窓には雨粒が残っています。でも、雨はやんでいるようです。
今日のホテルは朝食が無料で付いています。頂いてきましょう。通り沿いの窓辺の席に落ち着きます。

2019050701.jpg



ビュッフェの主役はチーズ、ハム、ソーセージの類ですが、それぞれが種類が多く、どれも美味しいです。

2019050702.jpg



スタッフのお姉さんがコーヒーのサービスをしてくれます。

2019050703.jpg



温かい卵料理も作ってくれるとのことなので、オムレツをお願いします。充実した朝食になります。

2019050704.jpg



朝食をいただいたところで、ホテルをチェックアウトし、荷物を預けて出かけます。今日は、K20州立美術舘K20, Kunstsammlung Nordrhein-Westfalenで美術鑑賞です。このデュッセルドルフでトランジットすることにした最大の目的です。旧市街にある美術館へはUバーンで移動します。まずは中央駅の地下駅に向かいます。駅前でまた、おかしな像とご対面。「カメラを向ける男」です。何度見ても実にインパクトがあります。

2019050705.jpg



駅前から続く大通り、フリードリッヒ・エベルト通りFriedrich-Ebert-Straßeを見通すとそのずっと先に教会の塔が見えます。福音教会Johanneskircheです。

2019050706.jpg



さて、Uバーンで、旧市街へ。昨日と同一ルートなので、ちゃっちゃっと移動。Uバーンの駅、ハインリッヒ・ハイネ・アレー駅Heinrich-Heine-Alleeから地上に出ます。今度は出口を知っていますから、最初から旧市街の繁華街側のボルカー通りBolkerstraßeに出ます。昨晩は居酒屋がずらっと並んでいましたが、早い朝は静かです。繁華街の朝の風景は万国共通ですね。

2019050707.jpg



これが地下街からの出口のエスカレーターです。通りの向かいの右側の建物がデパートのガレリア・カウフホ-フ・ケーニッヒスアレー店Galeria Kaufhof Königsallee Dusseldorfです。

2019050708.jpg



大通り、ハインリッヒ・ハイネ・アレーHeinrich-Heine-Alleeを美術館のほうに向かって歩きます。並木の美しい通りですね。

2019050709.jpg



2~3分歩くとK20州立美術舘が目の前に姿を現します。

2019050710.jpg



美術館は10時オープンなので、まだ20分ほど時間があります。通りの向かいにある公園、ホーフ ガルテン Hofgartenを散歩してきましょう。

2019050711.jpg



公園の入り口にはメンデルスゾーンの彫像があります。メンデルスゾーンはデュッセルドルフで1833年から翌年にかけて音楽監督を務めて、この地での音楽水準の向上に功績がありました。でも、saraiはえっと言う感じです。シューマンではないのですね。

2019050712.jpg



公園に歩を進めると、うっそうとした巨木に囲まれた大きな池があります。

2019050713.jpg



池辺にはアヒルが休んでいます。

2019050714.jpg



池は公園の樹木を分けて、どこまでも続いているようです。

2019050715.jpg



ドイツの劇作家、クリスティアン・ディートリッヒ・グラッベChristian Dietrich Grabbeの記念碑があります。少し奇妙な像ですね。彼はハイネとも親交があったようです。

2019050716.jpg



池の端をぶらぶら歩いていきます。朝の公園はほとんど人気がありません。

2019050717.jpg



池の向こう岸に白鳥の飼育小屋Schwanenhaus Im Hofgartenが見えます。そちらの向かいましょう。

2019050718.jpg



おや、何と公園の中にロベルト・シューマンの頭部だけの彫像があります。

2019050719.jpg



でも変ですね。これって、デスマスク?

2019050720.jpg



広くて静かな公園の散歩を続けます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

デュッセルドルフK20州立美術舘訪問:公園散策を終え、美術館に参上

2018年8月14日火曜日@デュッセルドルフ/2回目

デュッセルドルフDüsseldorfのK20州立美術舘K20, Kunstsammlung Nordrhein-Westfalenでの美術鑑賞の前に時間調整がてら、通りの向かいにある公園、ホーフ ガルテン Hofgartenを散歩しているところです。

ロベルト・シューマンの頭部だけの彫像の近くに、ヘンリー・ムーアの彫刻が置いてあります。《二つに分かれた横たわる人体》「Two Piece Reclining Figure」です。いかにもムーアらしい作品です。

2019050801.jpg



公園には隣接して、奇妙な外観のビル、高級ショッピングモールのケー・ボーゲンKö-Bogenが見えています。

2019050802.jpg



その奇妙な建物を背景にして、ホーフガルテンの戦争記念碑Kriegerdenkmal im Hofgartenがあります。ドイツ統一戦争(1864-66)と普仏戦争(1870/71)を戦ったデュッセルドルフの兵士たちに捧げられたものです。傷ついて横たわる若い戦士にライオンが寄り添っています。

2019050803.jpg



この静かな公園の池の向こうには近代的なビルがあり、奇妙な対照を見せています。

2019050804.jpg



池の周りには水鳥がたくさん群れています。都会の中心にこういう自然が共生しているのは素晴らしいですね。

2019050805.jpg



さて、池にかかるゴルデーネ橋(黄金の橋)Goldene Brückeを渡って、池の向こう側に行ってみましょう。

2019050806.jpg



橋を渡ると、綺麗な緑の丘が続いています。saraiの到来に驚いた鳥が飛び立ちます。

2019050807.jpg



ここには変わった泉があります。メルヘンの泉Märchenbrunnenです。

2019050808.jpg



3人の子供たちの彫像が見下ろす先には、カエルたちが妙に絡み合った姿で控えています。カエルたちも3匹かな。

2019050809.jpg



公園の野原では鳥たちが遊んでいます。

2019050810.jpg



白鳥の飼育小屋Schwanenhaus Im Hofgartenの前にはたくさんの鳥たちが水面を賑わしています。飼育員のかたが青いビニールを振っています。なんでしょうね。

2019050811.jpg



いやはや、鳥たちが大騒ぎです。飼育員のかたの鳥たちの世話も大変でしょう。

2019050812.jpg



しばらく、鳥たちの様子を眺めていますが、とても近づける状態ではありません。不意にアルフレッド・ヒチコックの映画《鳥》のシーンを思い出して、ぞっとします。

2019050813.jpg



要らぬことを想像してしまいました。いかん、いかん・・・。

野鳥の絵入りの説明板がありますが、これを見てもどの鳥が何なのかはよく分かりません。

2019050814.jpg



のんびり公園の散歩を楽しみましたが、そろそろ退散しましょう。美術館の開館時間も迫ってきます。
公園を出て、大通り、ハインリッヒ・ハイネ・アレーHeinrich-Heine-Alleeを渡って、K20州立美術舘に向かいます。

2019050815.jpg



美術館の前に出ます。

2019050816.jpg



全面、ガラスに覆われた美しいデザインの美術館です。

2019050817.jpg



ところが、どこが入り口か、分かりません。ガラス越しに中のロビーは見えているんですけどね。

2019050818.jpg



ちょっとうろうろします。

2019050819.jpg



結局はまだ開館時間になっていなかったので、入り口がオープンしていなかっただけです。人の流れを追い、美術館へはオープンと同時に入場です。お昼にはミュンヘン行のICEに乗らなければならないので、ちゃっちゃっと名画を鑑賞しましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

デュッセルドルフK20州立美術舘:20世紀の傑作絵画にめまい!

2018年8月14日火曜日@デュッセルドルフ/3回目

デュッセルドルフDüsseldorfのK20州立美術舘K20, Kunstsammlung Nordrhein-Westfalenにオープンと同時に入場です。この美術館の訪問は5年来の望みでした。いよいよ、この美術館のクレーのコレクションを鑑賞できます。
チケットを購入。一人12ユーロは普通の料金ですが、シニア割引はないのね。このレシートがチケット代わりだったのかな。バーコードがあるから、そうなのかしら。

2019050901.jpg



まずは階段で3階の展示スペースに向かいます。

2019050902.jpg



いきなり、傑作群が並びます。むさぼるように次々と作品を鑑賞。


パウル・クレーの《雷雨の後の庭Garten nach dem Gewitter》です。1932年、クレー53歳頃に描かれた作品です。暗い色調のモザイク文様の作品です。まずはこの美術館を代表するクレーの作品の一枚目。

2019050903.jpg



アンリ・マティスの《サン・トロペの海際の風景》です。1904年、マティス35歳頃に描かれた作品です。明るい色彩に満ちた一枚。

2019050904.jpg



アメデオ・モディリアーニの《カリアティード》です。1911年~1912年、モディリアーニ27~28歳頃に描かれた作品です。カリアティードとは、ギリシャ風またはギリシャ風の建物のエンタブラチュア(柱で支えられる水平材)を支える柱として使用されているドレープの女性像の石の彫刻のことです。実際には裸婦像ですが、それを古代の石の彫刻と見立てたんですね。あまり、モディリアーニらしさが表出されていません。

2019050905.jpg



アメデオ・モディリアーニの《ディエゴ・リベラDiego Riveraの肖像》です。1914年、モディリアーニ30歳頃に描かれた作品です。ディエゴ・リベラはメキシコの画家で、多くの壁画作品で知られています。20歳年下のフリーダ・カーロの夫でもありました。パリのモンパルナスでの若き日にはモディリアーニの友人の一人でした。この作品ではちょっと誇張はされていますが、太っちょで不格好なリベラの特徴がよく捉えられています。やはり、モディリアーニは肖像画家としての才能に恵まれていました。

2019050906.jpg



ピエール・ボナールの《ヴェルノンVernonのテラス》です。1928年、ボナール61歳頃に描かれた作品です。明るい色彩に満ちた一枚。ヴェルノンはボナールが敬愛する画家モネの住むジヴェルニーからそう遠くない、ノルマンディーとイル=ド=フランスの間のセーヌ川の谷にあり、ボナールはその地に彼の家を定めました。この作品はその家のテラスからセーヌ川を望む風景を明るく、色彩豊かに描いたものです。もちろん、愛妻マルトも描かれていますね。一番お気に入りのモデルですからね。このヴェルノンの家からの風景は繰り返し描かれています。

2019050907.jpg



アウグスト・マッケの《フライブルク大聖堂》です。1914年、マッケ27歳頃に描かれた作品です。アウグスト・マッケはミュンヘンの芸術運動、青騎士Der Blaue Reiterの創設メンバーの1人ですが、早逝の画家でした。この作品も亡くなる年に描かれたものです。マッケはこの年に勃発した第一次世界大戦の前線で戦死を遂げます。作風を確立して、これからというところでした。この作品では、彼の早すぎる死を予感するような暗い色調の陰鬱な雰囲気が漂っています。なお、マッケはこのデュッセルドルフの美術アカデミーで学んだ、ご当地画家とも言えます。

2019050908.jpg



フェルナン・レジェの《対照的なフォルム》です。1914年、レジェ33歳頃に描かれた作品です。円筒を多用したキュビズム的な作品。

2019050909.jpg



パブロ・ピカソの《フェルナンドの肖像》です。1909年、ピカソ28歳頃に描かれた作品です。この作品はピカソの恋人、オリヴィエの肖像です。オリヴィエは美貌で有名ですが、ピカソの手にかかると、その美貌も台無し。多面的に捉えられたピカソ独特の表現です。

2019050910.jpg



フェルナン・レジェの《パイプを持つ戦士》です。1916年、レジェ35歳頃に描かれた作品です。これも円筒を多用したキュビズム的な作品。

2019050911.jpg



パブロ・ピカソの《マンドリンを持つ女》です。1908年、ピカソ27歳頃に描かれた作品です。ピカソの初期分析的キュビズムの作品。モデルはピカソの当時の妻フェルナンド・オリヴィエ。後に描く傑作《マンドリンを弾く少女》の習作的な位置づけでしょうか。

2019050912.jpg



パブロ・ピカソの《ギター》です。1913年、ピカソ32歳頃に描かれた作品です。ピカソの総合的キュビスムの初期の作品。ピカソは常に新しい道を目指します。

2019050913.jpg



ジョルジュ・ブラックの《ハープとヴァイオリンのある静物画》です。1911年、ブラック29歳頃に描かれた作品です。ピカソと一緒に確立したキュビスムですが、この手の作品では、ブラックがピカソの一枚上をいっているような気がしてなりません。ピカソが別の道を志向したのもそのせいではないかと邪推してしまいます。まあ、途轍もなく、完成度の高い作品です。

2019050914.jpg



フアン・グリスの《ヴァイオリンとインク壺のある静物画》です。1913年、グリス26歳頃に描かれた作品です。グリスはピカソとブラックが確立したキュビスムを終生、守り続けて、画家活動を全うします。ピカソとブラックがキュビズムを離れてしまった後を守り抜いたとも言えます。グリスの作品は色彩が豊かで明快なキュビズム作品です。

2019050915.jpg



フアン・グリスの《ティーカップ》です。1914年、グリス26歳頃に描かれた作品です。この作品では色彩が抑えられていますが、やはり、フォルムが明快なキュビズム作品です。

2019050916.jpg



20世紀の傑作がどんどん続いて、見ているsaraiの意識も高揚していきます。まだまだ、作品は続きます。そうだ、まだ、クレーの大コレクションがありませんね。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

デュッセルドルフK20州立美術舘:クレーのコレクション登場!

2018年8月14日火曜日@デュッセルドルフ/4回目

デュッセルドルフDüsseldorfのK20州立美術舘K20, Kunstsammlung Nordrhein-Westfalenで20世紀の名画を鑑賞中です。


パブロ・ピカソの《瓶とグラスの静物画》です。1913年、ピカソ32歳頃に描かれた作品です。ピカソの総合的キュビスムの充実した作品です。パピエ・コレpapier colléという文字の印刷された紙片や模様のある紙を貼り付けるコラージュの手法が用いられています。分析的キュビズムの発展形です。

2019051001.jpg



フランツ・マルクの《3匹の猫》です。1913年、マルク33歳頃に描かれた作品です。マルクは言わずと知れたミュンヘンの芸術運動、青騎士Der Blaue Reiterをカンディンスキーと担った創設メンバー。マルクの大ファンである配偶者と目配せをしながら、作品に見入ります。マルクのトレードマークとも言える動物を描いた作品。フォルムも色彩も文句ない素晴らしさ。しかし、この作品を描いたマルクにはわずかしか人生の日々は残されていませんでした。マルクは第一次世界大戦に出征し、ヴェルダンの戦いにおいて36歳の若さで命を落とすことになります。戦争はいかに若い才能を無残にも世界から奪い取ることでしょう。

2019051002.jpg



パウル・クレーの《宇宙のコンポジションKosmische Composition》です。1919年、クレー40歳頃に描かれた作品です。これがクレーによる宇宙の再創造なのですね。暗黒の宇宙ではなくて、色彩のグラデーションの背景の上に賑やかな形象が描かれた人間的な温もりに満ちています。クレーの選りすぐりの作品のコレクションがいよいよ始まります。

2019051003.jpg



パウル・クレーの《描かれた男Gezeichneter》です。1935年、クレー56歳頃に描かれた作品です。タイトルですが、一応、《描かれた男》としてみましたが、《線で区切られた男》という意味にもとれます。英語では、Marked Manと訳されていますので、《マークされた男》という漠然とした訳もいいのかもしれません。線画の天使シリーズにつながる系譜とも考えられます。これも人間的な温もりに満ちた作品です。この時代はクレーにとって、デュッセルドルフの美術アカデミーの教授からナチスの迫害で亡命を余儀なくされて、スイスのベルンに逃れ、経済的困窮と難病の皮膚硬化症の発症という困難を極めた時代でした。その時期に描いた、このような人間性に満ちた絵画を当事者であったドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州の州立美術館が収集したのはある意味、贖罪でもあるのでしょう。過去の過ちにどう向き合うか・・・モラルとヒューマニティの問題が厳しく問われます。これが現在のドイツが出した答えです。同時期に極東で多くの過ちをおかした某国の現在はこれに比べて、いかがでしょう。己の問題として、当事者意識を持つべきと思わざるを得ませんが・・・。

2019051004.jpg



パウル・クレーの《フェザープラントFederpflanze》です。1919年、クレー40歳頃に描かれた作品です。色鮮やかな植物、クレーらしいシンプルな形象の一作です。

2019051005.jpg



パウル・クレーの《ドイツ風の髭を生やした頭部Kopf mit deutsch Barttracht》です。1920年、クレー41歳頃に描かれた作品です。髭面のいかめしい顔もクレーの手にかかると優しいタッチの心温まる作品に仕上がります。ピンクの色調がうまく活かされていますね。

2019051006.jpg



パウル・クレーの《宝石Kleinode》です。1937年、クレー58歳頃に描かれた作品です。この年、亡命後に激減した創作活動が再び復調し、晩年の実りのときを迎えます。この作品はあえて、たどたどしく描いてみせて、芸術の原点に回帰しようとするクレーの意欲がみてとれます。

2019051007.jpg



ワシリー・カンディンスキーの《コンポジションⅣ》です。1911年、カンディンスキー45歳頃に描かれた作品です。カンディンスキーはマルク、クレー等と青騎士Der Blaue Reiterを創設した中心人物です。20世紀の抽象絵画の扉は彼の手によって開かれました。この作品は抽象絵画のコンポジションシリーズの一枚。まるで何が描いてあるのか分からない作品ですが、色彩の横溢は彼が好んだ音楽を感じさせます。しかし、どうやら、少し前に描いていたバイエルン地方の町の景色を再構成しているように見えます。この時代はまだ抽象化も初期段階のようです。

2019051008.jpg



ロベール・ドローネーの《カーテンのある塔》です。1910年、ドローネー25歳頃に描かれた作品です。ドローネーはフランス人の画家ですが、カンディンスキー、モンドリアンと共に抽象絵画の先導的な役割を果たすことになります。この作品を描いた頃はキュビズムの作品を描いていました。そして、題材はエッフェル塔を多く取り上げています。この作品もその一つ。彼のキュビズム作品はほかのキュビズム画家がモノクロームの絵画を描いていたのに対して、色彩豊かな作品を描いたことが特徴です。

2019051009.jpg



マックス・ベックマンの《鉄の歩道橋》です。1922年、ベックマン38歳頃に描かれた作品です。ベックマンはドイツ表現主義を代表する画家です。彼もナチスの指定した退廃芸術の一員とされ、不遇な生涯を送りました。そのベックマンの代表作の多くがこの州立美術館に集められています。ナチスが犯した戦争犯罪のひとつをドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州が償おうとしています。退廃芸術とされた作品の多くがこの州立美術館に再収集されています。今や、それがこの州立美術館の最大の見ものになっているのは皮肉なことです。この作品はベックマンが第一次世界大戦に従軍後、フランクフルトに居住していた時代のものです。多分、フランクフルトに流れるマイン川に架かる歩道橋を描いたものでしょう。表現主義的、即物主義的に描かれた傑作の一枚です。

2019051010.jpg



20世紀の傑作を見ていて、ますます、テンションが上がっていきます。素晴らしいコレクションです。まだまだ、作品は続きますよ。クレーもまだまだ、ある筈です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

デュッセルドルフK20州立美術舘:カンディンスキー/ベックマンの傑作

2018年8月14日火曜日@デュッセルドルフ/5回目

デュッセルドルフDüsseldorfのK20州立美術舘K20, Kunstsammlung Nordrhein-Westfalenで20世紀の名画を鑑賞中です。


エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナーの《日本傘をさした少女》です。1909年、キルヒナー29歳頃に描かれた作品です。キルヒナーはベックマンと並ぶドイツ表現主義を代表する画家です。ドレスデンで画家グループ「ブリュッケDie Brücke」を結成して、従来のアカデミックな芸術に反抗する若手画家として活動しました。キルヒナーも当然、ナチスから退廃芸術の烙印を押され、そのショックから、1938年にピストル自殺を遂げます。退廃芸術のそしりを受けた多くの画家の中で、saraiの脳裏に真っ先に浮かぶぶのはキルヒナーとベックマンの二人です。ヨーロッパの美術館では、無意識のうちに、この二人の作品を探して、見入ってしまいます。そして、いかにもヒットラーに嫌われそうな彼らの作品に深い感慨を覚えてしまいます。この作品はキルヒナーらしく、どぎつい色彩とフォルムに満ちた表現主義的な作品です。

2019051101.jpg



エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナーの《通りを歩く二人の女》です。1914年、キルヒナー34歳頃に描かれた作品です。これは独特のタッチで描かれた、表現主義的でありながら、お洒落さも感じさせる作品です。佳作ですね。

2019051102.jpg



エミール・ノルデの《女とピエロ》です。1917年、ノルデ50歳頃に描かれた作品です。ノルデはドイツ人の画家で表現主義的な傾向の絵画を描きましたが、どのグループにも属さずに、あくまでも独自の道を行きました。しかし、彼もまた、ナチスにより、退廃芸術の烙印を押されることになります。彼は一時、ナチス党員であったにもかかわらずです。皮肉なものですね。この作品もドイツ表現主義、そのものの絵画です。

2019051103.jpg



エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナーの《ガーデンカフェの緑色の服の女》です。1912年、キルヒナー32歳頃に描かれた作品です。キルヒナーとしては、結構抑えたソフトな作品です。

2019051104.jpg



エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナーの《黒人ダンス》です。1911年、キルヒナー31歳頃に描かれた作品です。これは実に明るい作品。キルヒナーのタッチではあるものの、彼らしくない雰囲気です。

2019051105.jpg



マルク・シャガールの《画筆を持つ自画像》です。1909年、シャガール22歳頃に描かれた作品です。これはある意味、珍品ですね。彼の自画像と言えば、妻ベラとともに空を飛ぶファンタジィックな絵を想像してしまいます。色調も暗い、この自画像は若い頃の習作でしょうか。

2019051106.jpg



マルク・シャガールの《ヴァイオリン弾き》です。1911年、シャガール24歳頃に描かれた作品です。この作品はシャガールらしくて、ようやく、ほっとします。先ほどの絵の2年後の作品ですが、ようやく、作風を確立したようです。この前年に故郷のロシアからパリに出たことで、一気に才能が開花したようです。

2019051107.jpg



マルク・シャガールの《祭日(レモンを持つラビ)》です。1914年、シャガール27歳頃に描かれた作品です。何故か、青いレモンを手にするラビの頭の上には小人のラビがいます。敬虔な雰囲気が漂う、どこか気になる作品。深い意味があるのでしょうが、絵の意味はsaraiには解けません。

2019051108.jpg



ワシリー・カンディンスキーの《横線Durchgehender Strich》です。1923年、カンディンスキー57歳頃に描かれた作品です。いやはや、これは素晴らしい作品です。幾何学的な構成の抽象画ですが、この絵の意味を問うのは野暮でしょう。色彩、構図、フォルム、すべてがおさまるところにおさまっている美しい作品です。カンディンスキーの代表作の一枚と言っても過言ではありません。

2019051109.jpg



マックス・ベックマンの《夜》です。1918年~1919年、ベックマン34歳~35歳頃に描かれた作品です。この作品はベックマンが描いた最高傑作の一枚です。ヨーロッパ絵画の歴史を踏まえ、彼の表現主義的な技法を駆使して描き上げた渾身の作品と言えるでしょう。実に陰惨な光景が描かれています。彼の内的なもの、そして、第一次世界大戦で経験した人類の未曽有の危機をこの画面に込めています。ヨーロッパ文化のさらなる崩壊を予見した稀有な傑作ですが、見ているものも人間の邪悪な部分に大きな衝撃を受けてしまいます。一体、人間の明日の希望を信じてよいのでしょうか。

2019051110.jpg



20世紀の傑作にインスパイアされます。どの一枚も凄い作品なので、ご紹介のペースが一向に上がりません。次はまた、クレーのコレクションになります。素晴らしい傑作も登場します。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

デュッセルドルフK20州立美術舘:クレーの膨大なコレクションが始まります!

2018年8月14日火曜日@デュッセルドルフ/6回目

デュッセルドルフDüsseldorfのK20州立美術舘K20, Kunstsammlung Nordrhein-Westfalenで20世紀の名画を鑑賞中です。


パウル・クレーの《ベルンのフォン・ジンナー夫人の肖像Bildnis der Frau v. Sinner, Bern》です。1906年、クレー27歳頃に描かれた作品です。クレーにしては、実に普通の肖像画に思えます。また、クレーが肖像画を描くのも稀です。変だなと思って、後で調べたら、この作品はガラスの上に描かれた実験的な挑戦の作品でした。しかし、最初に描いたものは色落ちしてしまい、何度も書き直す羽目に陥ったそうです。やはり、クレーは若い頃から、只者ではなかったようです。でも、絵の雰囲気が同じスイス出身のホドラーと似ているのは面白いですね。

2019051201.jpg



パウル・クレーの《茶色の三角形は直角を希求するbraunes Δ rechtw. strebendes Dreieck》です。1915年、クレー36歳頃に描かれた作品です。ドローネーの抽象絵画《窓》シリーズに触発された幾何学的な抽象画です。難解な作品です。

2019051202.jpg



パウル・クレーの《赤と白の丸屋根(ドーム)Rote u. weisse Kuppeln》です。1914年、クレー35歳頃に描かれた作品です。この作品は抽象画の構成を建築の構造に近似させるという試みを行ったものです。1914年のチュニジア旅行で訪れた街の視覚的な印象に基づいたものだそうですが、これも難解な作品です。この時代は絵画技法への挑戦的な姿勢が目立ちます。

2019051203.jpg



パウル・クレーの《ムッシュー・ペルレンシュヴァインmonsieur Perlenschwein》です。1925年、クレー46歳頃に描かれた作品です。ムッシュー・ペルレンシュヴァインを訳すと真珠豚氏。真珠のついたリボンを首に巻き、豚のような耳を持つ変わった容貌の紳士が描かれています。この繊細極まるグラデーションに感銘を受けた配偶者曰く、この美術館の最高の一枚とのことです。一体、どうやって描いたのかしらとずっと首を捻っていました。実は紙の上にスプレーとブラシを用いて水彩で描かれたものです。目が菱形◇と四角□というのも秀逸です。お茶目さの向こうにクレーの底知れぬ才能がうかがえます。K20州立美術舘は噂に違わぬクレーの素晴らしいコレクションを持っている事実を実感しました。そもそもこのK20州立美術館は1961年、ノルトライン=ヴェストファーレン州がアメリカの収集家から88点のパウル・クレー作品を一括購入したことを契機に開設されたくらい、クレーと切っても切れない縁で結ばれています。このクレーのコレクションに匹敵する収蔵数を持つのはベルン(クレーの故郷であり、亡命先でもありました)のクレー・センターくらいでしょう。デュッセルドルフの美術アカデミーで教授をしていたというゆかりの深い画家クレーをナチス・ドイツが亡命生活に追いやった過去に対して、ドイツ人が見せた良心の証がここにあります。この傑作を前にして、深い感慨の念に打たれました。

2019051204.jpg



パウル・クレーの《キアロスクーロの習作(イーゼルランプ)Helldunkel-Studie (Staffelei=l=ampe)》です。1924年、クレー45歳頃に描かれた作品です。キアロスクーロ(Chiaroscuro)とは、イタリア語で明暗という意味で、絵画では、明暗のコントラスト(対比)を指す言葉。それを用いた技法が「明暗法」「陰影法」です。劇的な明暗法を用いて、絵画に革命を起こしたのはカラヴァッジョでした。この作品は紙の上に水彩で描かれたもので、モノトーンの明暗を試行したものです。

2019051205.jpg



パウル・クレーの《構成されたL広場Der L=Platz im Bau》です。1923年、クレー44歳頃に描かれた作品です。これは抽象画の範疇にはいるのかもしれませんが、色彩と線画が巧みに組み合わされた素晴らしく美しい作品です。こんなお洒落な絵が描けるのは、クレー以外にはデュフィくらいでしょう。

2019051206.jpg



パウル・クレーの《ライオン、気を付けて!Loewen, man beachte sie!》です。1923年、クレー44歳頃に描かれた作品です。これは題名そのものの内容ですね。紙の上に鉛筆と水彩で描かれた作品です。あえて、子供が描いたような幼稚さを装っています。

2019051207.jpg



パウル・クレーの《指揮Regie》です。1930年、クレー51歳頃に描かれた作品です。これは音楽の指揮を描いたものなのでしょうか。紙にチョーク・パステルで背景を描き、その上に水彩を施した作品です。だんだん、晩年の線画の世界に向かっています。

2019051208.jpg



パウル・クレーの《小さな日曜ハウスkleines Sonntagshaus》です。1928年、クレー49歳頃に描かれた作品です。線画と淡い色彩を組み合わせた佳作です。シンプルな絵画を希求していますね。絵画の本質を求めるクレーの姿勢が明確です。このシンプルさが新鮮で美しく感じます。

2019051209.jpg



パウル・クレーの《"43"》です。1928年、クレー49歳頃に描かれた作品です。ピラミッドのような三角形の上に太陽のような赤い丸。そして、"43"の数字。何だか分かりませんが、美しい絵画だと感じます。クレーでなければ描き得ない作品です。ガーゼの上に水彩とパステルで描いたという凝った作品です。

2019051210.jpg



いよいよ、この美術館が誇るクレーの膨大なコレクションが始まりました。まだまだ、クレーは続きます。それもとびっきりの傑作ぞろいです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

デュッセルドルフK20州立美術舘:素晴らしきクレーのコレクション

2018年8月14日火曜日@デュッセルドルフ/7回目

デュッセルドルフDüsseldorfのK20州立美術舘K20, Kunstsammlung Nordrhein-Westfalenで20世紀の名画を鑑賞中です。


パウル・クレーの《頭と手と足と心があるhat Kopf, Hand, Fuss und Herz》です。1930年、クレー51歳頃に描かれた作品です。うーん、何とも可愛い作品ですね。傾向としては《ムッシュー・ペルレンシュヴァイン》の延長線でしょうか。絵の中心にあるのは赤いハートマークで描かれた心です。この作品はコットンの上に水彩とインクで描かれています。

2019051301.jpg



パウル・クレーの《過負荷の悪魔überladener Teufel》です。1932年、クレー53歳頃に描かれた作品です。モノクロームで描かれた悪魔は複雑なフォルムで構成されています。過負荷の悪魔とは何の暗喩なのか・・・時代背景を考えると、迫りくるナチスの脅威、西欧文明の崩壊の危機を捉えた限界状況をさすものでしょうか。しかし、この作品では凶悪性よりもフォルムの精緻さが印象的です。この作品は紙の上に水彩で描かれています。

2019051302.jpg



パウル・クレーの《ネクロポリスNekropolis》です。1930年、クレー51歳頃に描かれた作品です。ネクロポリスとは、ウィキペディア(Wikipedia)を引用すると、巨大な墓地または埋葬場所。語源は、ギリシャ語のnekropolis(死者の都)。大都市近郊の現代の共同墓地の他に、古代文明の中心地の近くにあった墓所、しばしば人の住まなくなった都市や町を指します。この作品で描かれているのは、クレーが1928年から1929年にかけて旅したエジプトの墓所を描いたもののようです。クレーの死生観を示すとともに、観光地化したエジプトを見て、あえて、古代への思いを画面上に構成した作品とも考えられます。

2019051303.jpg



パウル・クレーの《半円から斜めHalbkreis zu Winkligem》です。1932年、クレー53歳頃に描かれた作品です。この作品を見て連想するのは、クレーのファンならば、《パルナッソス山へ》でしょう。この絵をぐるっと左に90度に回転させると、似た形になります。描かれたのも同じ年です。《ネクロポリス》と同様にエジプト旅行で見たピラミッドの三角形がベースになっています。画面全体に細かく描かれた点も《パルナッソス山へ》と共通した特徴です。半円は太陽とか月も連想しますが、幾何学的に三角形の対照として描いたものではないかと思えます。右上のオレンジ色のLの意味は不明ですが、左下の茶色の四角形とともに画面のアクセントとなっています。しかし、《パルナッソス山へ》のまばゆいばかりの輝かしさには及びませんね。

2019051304.jpg



参考のために、2010年に訪れたベルンBernのベルン美術館Kunstmuseum Bernで鑑賞した《パルナッソス山へAd Parnassum》を再掲しておきます。

2019051304a.jpg



パウル・クレーの《雪の中での考えGedanken bei Schnee》です。1933年、クレー54歳頃に描かれた作品です。水彩画ですが、モノトーンで描かれた絵は線画を志向していますね。雪景色の中で何を考えるのか・・・決して、明るい未来ではなさそうです。亡命のときは近づいています。それとも亡命後?

2019051305.jpg



パウル・クレーの《平原を眺めてくださいBlick in die Ebene》です。1932年、クレー53歳頃に描かれた作品です。これもエジプトの平原かもしれません。細かい点が打たれた背景の上に描かれた境界線のような曲線のいかに美しいことか。素晴らしい作品です。

2019051306.jpg



パウル・クレーの《ピランプ近くの風景Landschaft bei Pilamb》です。1934年、クレー55歳頃に描かれた作品です。亡命の翌年に描かれた作品。ピランプというのはどこか分かりませんが、きっととても美しい場所なのでしょうね。現実にはない架空の場所なのかもしれません。亡命後の辛い状況だからこそ描いたこの世の楽園なのでしょう。

2019051307.jpg



パウル・クレーの《動いている大気群atmosphaerische Gruppe in Bewegung》です。1929年、クレー50歳頃に描かれた作品です。これは一見すると何が描かれているのか分かりませんが、音楽のポリフォニーを絵画で表現したものです。有名な作品では《赤のフーガ》が音楽を絵画化した作品です。クレーは早くからヴァイオリンに親しみ、彼の妻のリリーはピアニスト。ずっと音楽にはこだわりを持っていました。音楽は空気の振動がベースですから、このような大気の動きの重なり合いを描くことで、ポリフォニー、すなわち、複数の声部による音楽を表現したのでしょう。しかし、作品自体は《赤のフーガ》ほどの完成度には至っていないように感じます。

2019051308.jpg


参考のために、2010年に訪れたベルンBernのパウル・クレー・センターZentrum Paul Kleeで鑑賞した《赤のフーガFuge in Rot》を再掲しておきます。

2019051308a.jpg



パウル・クレーの《積まれたものder Beladene》です。1929年、クレー50歳頃に描かれた作品です。合板の上に貼られたジュートの上の石膏プライマーに油絵具とワックスクレヨンで描かれた作品ですが、明らかに線画そのものですね。線画による天使シリーズの先がけのような作品です。

2019051309.jpg



パウル・クレーの《攻撃の後の聖セントニウスSt. Anton nach dem Anfall》です。1935年、クレー56歳頃に描かれた作品です。前にも書きましたが、この1935年は、クレーにとって、苦渋に満ちた年でした。スイスのベルンへの亡命後、経済的困窮と難病の皮膚硬化症の発症という困難を極めたました。その彼が選んだ題材は、悪魔の攻撃にさらされながらも耐え抜いたという逸話を持つエジプトの聖者アントニウスでした。ナチスからの謂れのない迫害で傷ついたクレー自身の姿を重ね合わせたものです。まるで悟りを得たような安らぎに満ちた表情に感銘を覚えないものはいないでしょう。政治的迫害、暴力、戦争は人間を傷つけることはありますが、決して、人間の品性を汚すことはできません。クレーの芸術はますます高みに上ります。

2019051310.jpg



K20州立美術館が誇るクレーの膨大なコレクションの素晴らしさの心が震えます。まだまだ、クレーは続きます。saraiの一押しのクレーの名作はずっと後に登場します。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

新常任指揮者ヴァイグレ、見事なブルックナー 読売日本交響楽団@サントリーホール 2019.5.14

第9代常任指揮者のカンブルランが去り、とても残念に思っていました。今でも戻ってくれたらと思っています。で、読響の新しい第10代常任指揮者のセバスティアン・ヴァイグレがいよいよサントリーホールのステージに登場。期待半分、不安半分の気持ちでその指揮する演奏を聴きます。曲はブルックナーの交響曲第9番。いきなり、大曲での登場ですね。その意欲を買いたいところです。そもそも、このブルックナーの交響曲第9番を演奏する場合、指揮者もオーケストラもその威信にかけて、十分なリハーサルを積んで、最高のパフォーマンスを発揮するのが常です。今日はどうでしょう。

素晴らしいブルックナーでした! まずは新常任指揮者ヴァイグレはどの声部も驚くほどよく鳴らせます。今までこの曲で気が付かなかったようなフレーズが浮かび上がってきます。とても新鮮で鮮やかな響きに魅了されます。それでも第1楽章は硬かったような印象がありました。第2楽章に入ると、さらにオーケストラの響きの切れが素晴らしくなります。第3楽章は桃源郷のような美しい響きに満ち溢れます。とても見事な演奏でした。欲を言えば、少し音楽的な感動が欲しかったところですが、この美しい演奏を聴ければ満足です。

ヴァイグレと読響は今後、さらに関係を深めていくことで、より高い演奏を目指せると確信しました。期待しています。


今日のプログラムは以下です。

  指揮:セバスティアン・ヴァイグレ
  管弦楽:読売日本交響楽団 長原 幸太(コンサートマスター)

  ヘンツェ:7つのボレロ

   《休憩》

  ブルックナー:交響曲第9番 ニ短調 WAB.109

最後に予習について、まとめておきます。

1曲目のヘンツェはCDが入手できず、予習はしていません。


2曲目のブルックナーの交響曲第9番を予習したCDは以下です。

 カール・シューリヒト指揮ウィーン・フィル 1961年11月20-22日、ウィーン、ムジークフェライン
 
決定盤の誉れ高い演奏ですが、以前、LPで聴いたときの印象が悪くて、そのままになっていましたが、音質のよいCDで聴き直すとその素晴しさが納得できました。今回はハイレゾで聴いてみましたが、さらに素晴らしさが分かります。音楽の本質を聴きとるのって、なかなか難しいものです。ともあれ、素晴らしいブルックナーの交響曲第9番を聴けて、幸せです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

 

デュッセルドルフK20州立美術舘:クレーの後は、レジェ、ピカソ、ミロ、モンドリアンの傑作群

2018年8月14日火曜日@デュッセルドルフ/8回目

デュッセルドルフDüsseldorfのK20州立美術舘K20, Kunstsammlung Nordrhein-Westfalenで20世紀の名画を鑑賞中です。


パウル・クレーの《異常なものたちの大通りder Boulevard der Abnormen》です。1938年、クレー59歳頃に描かれた作品です。晩年のクレーはうまく手が動かせないこともあり、単純化されたフォルムと太い線が特徴になっています。しかし、絵心はますます研ぎ澄まされていきます。この作品に描かれた、大通りにあふれる異形のものたちは、この絵が描かれた時代の異常さと切り離して考えることはできないでしょう。その上で、異形のものたちが決してグロテスクさに走っていないのは、クレーが芸術家として、色んな想念を芸術的に昇華させていることがうかがえます。クレーに残された時間は残り2年しかありません。

2019051501.jpg



パウル・クレーの《価値表記小包das Wert-Paket》です。1939年、クレー60歳頃に描かれた作品です。この作品は天使シリーズに関連する作品です。翼こそありませんが、二人の人型の天使が抱擁するシーンがモノクローム調の彩色画で描かれています。中央に赤い×印がありますが、十字架とみなされうるとも言われています。この作品が描かれた年には天使シリーズの線画作品が多く描かれました。また、この1939年はクレーの亡くなる前年ですが、クレーは創作の頂点に達し、デッサンなども含めた1年間の制作総数は1253点に及んだそうです。1万点を超える創作を行った多作の芸術家であったクレーにしても、この年の充実した創作活動は刮目すべきものです。その中心にあったのは天使シリーズと言えるでしょう。もっともクレーの天使シリーズが世に注目されるようになったのは1990年あたりからだそうです。

2019051502.jpg



クレーの晩年の作品に至ったところで、クレーの作品の展示はいったん終わっています。ここまでクレーに作品を28枚紹介してきました。ここからはまた、クレー以外の作品の展示を見ていきましょう。でも、クレーのファンの方、ご安心ください。展示の終わり近くでまた、クレーの作品が10枚近く登場します。その中にsaraiの一押しの作品もあります。


フェルナン・レジェの《花を持つ女》です。1922年、レジェ41歳頃に描かれた作品です。典型的なレジェの作品の登場です。女性が二人登場しますが、服を着ているかどうかが異なるだけで、顔の表情は感情を示さずに、個性というものは書き込まれません。女性の体の丸みを強調するために体の端は陰影が付けられています。髪の毛のべたっとした描き方も特徴的ですね。具象画風に装った抽象画とも言えます。描かれる素材をいったん分解して、再構成した上で装飾画風に描き上げています。

2019051503.jpg



パブロ・ピカソの《二人の座った裸の女》です。1920年、ピカソ39歳頃に描かれた作品です。この頃、ピカソは総合的キュビズムの時代から、新古典主義に移り、どっしりと量感のある女性像を描きました。この作品もその一つです。

2019051504.jpg



フェルナン・レジェの《アダムとイヴ》です。1936年~1939年、レジェ55~58歳頃に描かれた作品です。レジェ独自の作風をますます発展させた作品。レジェが描く対象は人物や機械に限定されています。ここでは題材のせいか、珍しく、植物などの自然が描かれていますが、どことなく、ぎこちなく感じます。

2019051505.jpg



パブロ・ピカソの《鏡の前の女(しゃがむ女)》です。1937年、ピカソ56歳頃に描かれた作品です。シュールレアリスム時代を経て、この頃、有名なゲルニカの制作にかかっていました。あのモノクロの恐ろしい絵とはずい分違った作品です。絵のモデルは愛人のマリー=テレーズ・ワルテル。よほど、この女性から心の平安が得られていたのでしょう。彼女を描いた作品は優しさと愛に満ちています。キュビズムもこのように頭の中の理屈から、自然な絵に変容しています。やはり、ピカソは素晴らしい!

2019051506.jpg


ジョアン・ミロの《リズミカルな人々》です。1934年、ミロ41歳頃に描かれた作品です。黒、白、そして純粋な色の赤と黄色で描き出されているのは、極度にデフォルメされた女性と野菜の融合したフォルムです。背景は左側は黄土色から茶色にグラデーションし、右側は緑から青にグラデーションして、その上に描かれた女性のフォルムを際立たせています。フォルムとフォルムは繋がれて、リズミカルな律動を繰り返しています。技法的には高度に洗練されたコラージュが用いられています。ミロが描いた傑作の一枚です。

2019051507.jpg



ピエト・モンドリアンの《青と白の垂直のコンポジション》です。1936年、モンドリアン64歳頃に描かれた作品です。抽象画の始祖の一人であるモンドリアンが到達した究極の抽象画はこんなにシンプルな形でした。20世紀美術のひとつの到達点です。

2019051508.jpg



ピエト・モンドリアンの《黒の線のあるリズム》です。1937年/1942年、モンドリアン65歳/70歳頃に描かれた作品です。既にモンドリアンは芸術的到達点に達しています。名人は何を描いても傑作にしか、なり得ません。黒いラインの間隔と矩形の2カ所に塗られた青と黄色。あるべき理想的な姿がそこにあります。

2019051509.jpg



ピエト・モンドリアンの《ニュー・ヨーク・シティⅠ》です。1941年、モンドリアン69歳頃に描かれた作品です。ニューヨーク市の通りが上空から俯瞰した眺めをモンドリアン風に抽象化した作品でしょう。赤、黄色、青で描かれたラインが心地よい律動を目に訴えかけてきます。これも名作。

2019051510.jpg



ピエト・モンドリアンの《黄色のコンポジション》です。1930年、モンドリアン58歳頃に描かれた作品です。このシンプルな作品の心地よさはどこからくるのでしょう。こういう作品を見ると、絵画の原点は単純な色彩と無駄を省いたフォルムに帰結することが分かります。西欧の仙人がすべてを達観して描いた究極の美がここにあります。

2019051511.jpg



K20州立美術館が誇るクレーの膨大なコレクションの一端を見終えて、さらに20世紀の美の巨人たちの作品に魅了されます。20世紀の傑作群は続きます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

デュッセルドルフK20州立美術舘:カルダー、マグリット、エルンスト、そして、デ・キリコ

2018年8月14日火曜日@デュッセルドルフ/9回目

デュッセルドルフDüsseldorfのK20州立美術舘K20, Kunstsammlung Nordrhein-Westfalenで20世紀の名画を鑑賞中です。


アレクサンダー・カルダーの《無題》です。1936年、カルダー38歳頃に制作された作品です。カルダーはアメリカ合衆国の彫刻家で、動く彫刻「モビール」の発明と制作で知られています。この作品もモビールですね。

2019051601.jpg



ルネ・マグリットの《喜び》です。1927年、マグリット29歳頃に描かれた作品です。マグリットは日本でも人気の高い画家ですが、ベルギーのシュルレアリスムの画家に分類されます。普通の日常を描くような感じで、ありえない現実を描きます。で、ちょっと見ただけでは意味が分からない場合も多いのですが、この作品も一見、何が描かれているのか分かりづらいです。この作品では若い女性が生きている鳥をむしゃむしゃ食べている、ぞーっとするようなシーンが描かれています。どうして、こんな絵を描いたかと言うと、マグリットの妻がチョコレートでできた鳥を食べているのを見て、思いついたそうです。あんまり、趣味がよくないですね。題名も趣味が悪い! 配偶者がマグリット好きなので、あまり悪口は言えませんが、この画家は時々、脱線します。

2019051602.jpg



ルネ・マグリットの《空(から)のマスクThe Empty Mask》です。1928年、マグリット30歳頃に描かれた作品です。不規則な形の4枚のフレームから構成されて、フレームには言葉が描かれて、イメージは鑑賞者に想像させるようです。《ciel》:空、《corps humain (ou forêt)》:人体(または森)、《rideau》:カーテン、《façade de maison》:家の正面 という4枚のフレームです。この作品の別のバージョンでは、フレームに言葉でなく、イメージ(絵そのもの)が描き込まれています。何故か、4枚ではなく、6枚のフレームに増えています。

2019051603.jpg



ルネ・マグリットの《遭遇(出会い)》です。1926年、マグリット28歳頃に描かれた作品です。チェスの駒のような人物たちが遭遇したシーンが幻想的に描かれています。この絵はいいですね。

2019051604.jpg



マックス・エルンストの《心配な友達》です。1944年、エルンスト53歳頃に制作された作品です。エルンストのまるで埴輪のような彫刻作品です。難解な絵画作品と違って、実にコケティッシュな作品で見ている方も心が緩みます。不安げな表情の顔が何とも可愛いですね。

2019051605.jpg



マックス・エルンストの《鳥の頭》です。1934年~1935年/1956年、エルンスト43~44歳/65歳頃に制作された作品です。これも鳥の何ともユーモラスな表情がいいですね。ほっこりする作品です。

2019051606.jpg



ルネ・マグリットの《とてつもない日々》です。1928年、マグリット30歳頃に描かれた作品です。よく見ないと分かりませんが、裸の女性に影のような男が迫っています。半分、透明人間のような男と女性の体はありえないような形で複雑に絡んでいます。なかなかシュールですね。

2019051607.jpg



ルネ・マグリットの《 庶民的なパノラマ》です。1926年、マグリット28歳頃に描かれた作品です。パノラマが3階建てで描かれています。まさにマグリットらしい非日常的な風景ですね。アイディアも描き方も素晴らしいです。

2019051608.jpg



ジョルジョ・デ・キリコの《沈黙の彫像(アリアドネ)》です。1913年、デ・キリコ25歳頃に描かれた作品です。デ・キリコらしく古代の建物に静寂が漂います。彫像はアリアドネ。ギリシャ神話の女神です。saraiにとっては、R.シュトラウスの楽劇《ナクソス島のアリアドネ》で親しんでいる馴染み深い名前です。

2019051609.jpg



ジョルジョ・デ・キリコの《二人の姉妹(ユダヤ人の天使)》です。1915年、デ・キリコ27歳頃に描かれた作品です。1914年にデ・キリコは新しい要素であるマネキンの頭を絵画に登場させます。この作品も巧みに構成したマネキンの2体の頭が重要な要素になっています。不気味とも思える雰囲気の作品ですが、これがデ・キリコのシュールな世界です。

2019051610.jpg



ジョルジョ・デ・キリコの《巨大な塔》です。1913年、デ・キリコ25歳頃に描かれた作品です。1911年7月、ジョルジョ・デ・キリコはフィレンツェからトリノを経由してパリへ旅して、そこで1912年の冬に仕事を再開しました。彼の絵画のスタイルは変貌します。彼自身、「形而上学的絵画」という用語を用いています。デ・キリコは「静けさと無生物の物質的な美しさは形而上学的に思えます」と語っています。その言葉がすべてです。まさにデ・キリコの世界が開幕しました。

2019051611.jpg



K20州立美術館の20世紀美術コレクションの素晴らしさに魅了されます。嬉しくてワクワクしながら鑑賞を続けています。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

デュッセルドルフK20州立美術舘:マティスの美、そして、ピカソ、ブラックの後半生

2018年8月14日火曜日@デュッセルドルフ/10回目

デュッセルドルフDüsseldorfのK20州立美術舘K20, Kunstsammlung Nordrhein-Westfalenで20世紀の名画を鑑賞中です。


ハンス・アルプ(フランス名:ジャン・アルプ)の《アンフォラ》です。1931年、アルプ45歳頃に描かれた作品です。アルプと言えば、滑らかカーブを持つ彫刻を思い浮かべますが、その彫刻をそのまま平面上の絵画として移し替えたような作品もあるのですね。絵画とは言え、まさにアルプそのものの作品です。アンフォラとは、陶器の器の一種で、古代の地中海世界で広まり、ブドウ、オリーブ・オイル、ワイン、植物油、オリーブ、穀物、魚、その他の必需品を運搬・保存するための壺として用いられたものです。アルプの作品から、アンフォラのイメージを想起するのは難しいでしょう。wikipediaで実際の画像を参照してください。→ここ

2019051701.jpg



この美術館は建物も美しく、通り掛かった階段室のデザインの美しさに魅了されます。窓からは向かいの公園の緑が鮮やかです。

2019051702.jpg



アンリ・マティスの《赤い室内、青いテーブルの上の静物》です。1947年、マティス78歳頃に描かれた作品です。老大家マティスの筆はますます鮮やかですね。極度に簡略化された画面は実に装飾的で、マティスの赤が見事です。具象画でありながら、対象のモティーフはすべて再構成されています。いやはや、素晴らし過ぎる作品です。この作品の向こうに傑作《ルーマニアのブラウス》が見えてきます。

2019051703.jpg



パブロ・ピカソの《オープン・ウィンドウ》です。1919年、ピカソ38歳頃に描かれた作品です。総合的キュビズムの時代の終わり頃の作品ですね。お洒落な作品ですが、エネルギー感が乏しく感じます。

2019051704.jpg



パブロ・ピカソの《ひじかけ椅子に座る女》です。1941年、ピカソ60歳頃に描かれた作品です。分類は難しいですが、シュールレアリスム風かつキュビズム的な作品ですね。この時代はカメラマンで画家のドラ・マールと愛人関係にありました。この作品のモデルも彼女でしょう。見た目では分かりませんが(笑い)。

2019051705.jpg



パブロ・ピカソの《大きなプロフィール(ジャクリーン)》です。1963年、ピカソ82歳頃に描かれた作品です。モデルは妻のジャクリーヌ・ロックですね。作風はキュビズム風のシュールレアリスムでしょうか。

2019051706.jpg



ジョルジュ・ブラックの《アトリエⅡ》です。1949年、ブラック67歳頃に描かれた作品です。キュビズムを離れて久しいブラックが描いていたのは、こういう作品だったんですね。なかなかの力作ではありませんか。キュビズムのようなレッテルさえあれば、また、一時代を画したかもしれませんが・・・。

2019051707.jpg



ジョルジュ・ブラックの《フルーツ皿、瓶とマンドリンのある静物画》です。1930年、ブラック48歳頃に描かれた作品です。キュビズムともとっくに決別していたブラックですが、やはり、総合的キュビズムの残滓とも思える作風の作品ですね。しかし、ブラックには分析的キュビズムが似合っていたとsaraiはつくづく実感するのです。

2019051708.jpg



K20州立美術館の20世紀美術コレクションでマティスはやはり新鮮な美があります。20世紀も多士済々。次は誰が登場するんだろう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ジョナサン・ノットは現代も古典も超絶的!! 東京交響楽団@東京オペラシティコンサートホール 2019.5.18

今、前半のプログラムが終わり、休憩中ですが、やはり、ジョナサン・ノットは凄い! ブーレーズの静謐な音楽の美しさはもちろんですが、ヤン・ロビンの難解な現代音楽も驚愕的に分かりやすく、そして、これが重要ですが、実に音楽的に演奏してくれました。あまり、現代音楽が分かっていないsaraiもノットの指揮を見ていると、急に分かりそうになってきました。昔、まだ、マーラーがもうひとつわからなかったとき、ベルティーニの指揮を見ていて、急にマーラーに開眼したことを思い出します。ノットの指揮だけを見ていると、そこで鳴っている音が現代音楽、それもノイズミュージックのヤン・ロビンだということが分からないほどです。実に優雅な指揮でまるで古典音楽でも指揮しているような余裕の指揮。その指揮にぴったりオーケストラ、独奏チェロが合っているのですから、恐れ入ります。ノットの底知れぬ知性と音楽性に参ってしまいました。後半のベートーヴェンはどうなるでしょうね。楽しみです。さあ、客席に戻りましょう。

さて、後半です。こんな素晴らしいベートーヴェンはsaraiの耳にはもったいないくらいでした。何も言葉にできないほどの超絶的な演奏。ノットの素晴らしさには恐れ入るばかりです。この東響オペラシティ定期はノットを聴き逃せないと思って、今年から会員になりました。サントリー定期と合わせて、ノット&東響のほとんどの演奏がこれでカバーできる筈です。そして、今日の演奏を聴いて、その気持ちは決して無駄でなかったということがはっきり分かりました。今日は絶対に聴き逃せない演奏でした。第1楽章の完璧な響きにはそのあまりの素晴らしさに目に涙が滲みます。弦楽パートの美しさに木管の素晴らしい響きが加わります。特にフルートソロとオーボエソロが抜群です。第2楽章のアレグレットの後半の弦楽パートの対位法的展開の研ぎ澄まされたような美しさとそれに続くトゥッティの完璧な響きには耳を奪われます。そして、第4楽章は最高の演奏。わくわくするようなリズムの饗宴に魅了されます。フィナーレでは、自分が音楽と一体になって高みに上り詰めることができました。滅多にない体験です。子供の頃から大好きだった、ベートヴェンの交響曲第7番で最高の演奏でした。あのティーレマン&ウィーン・フィルの演奏をも超える絶対的な名演に出会えて、とても幸せです。ところで、ノットの指揮は見ていても素晴らしいです。クライバーに負けないくらい、絵になっています。

終演後はいつもの風景。国内オーケストラでは滅多にない指揮者コール。もちろん、saraiもステージ前に立ち、ブラボー! ノットがちらっと視線を向けてくれました。


  指揮:ジョナサン・ノット
  フルート:相澤 政宏(東京交響楽団首席奏者)
  チェロ:エリック・マリア・クテュリエ
  管弦楽:東京交響楽団  コンサートマスター:小林 壱成(客演)

  ブーレーズ:メモリアル(…爆発的ー固定的…オリジナル)~フルートと8つの楽器のための
  ヤン・ロビン:クォーク~チェロと大編成オーケストラのための
   《アンコール》 クルターク編 バッハ:無伴奏チェロ組曲第5番 サラバンド 

   《休憩》

  ベートーヴェン:交響曲 第7番 イ長調 Op.92

1曲目の予習はブーレーズのメモリアルを聴きました。

最後に予習について、まとめておきます。

1曲目のブーレーズのメモリアルを予習したCDは以下です。

 ソフィー・シェリエ(fl)、ピエール・ブーレーズ指揮アンサンブル・アンテルコンタンポラン 1990年 セッション録音

初めて聴きましたが、ブーレーズとは思えない分かりやすくて静謐さを感じる曲で、演奏も見事です。さうがに自作自演だけのことはあります。


2曲目ヤン・ロビンはCDが入手できず、予習はしていません。


3曲目のベートーヴェンの交響曲第7番を予習したCDは以下です。

 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ベルリン・フィル 1953年4月14日、ベルリン、ティタニアパラスト ライヴ録音
 カルロス・クライバー指揮アムステル・コンセルトヘボウ管弦楽団 1983年 アムステルダム・コンセルトヘボウ ライヴ DVD

フルトヴェングラーは素晴らしい演奏。巷では、ウィーン・フィルとのセッション録音の評判が高いようですが、saraiはこのライブ録音をとります。熱のある高揚した演奏です。また、フルトヴェングラーが亡くなる3カ月前のウィーン・フィルとのザルツブルク音楽祭での演奏はかけがえのない演奏とだけ言っておきましょう。涙なしには聴けません。
クライバーはこの曲を得意としていて、3つの録音を残しています。どれも彼らしい颯爽とした晴れやかな演奏ですが、今回はヴィデオ付きのコンセルトヘボウ管弦楽団との演奏を聴きました(見ましたというのが正確かも・・・(笑い))。相変わらず、指揮姿が見事で、つい、真似をしたくなってしまいます。手をぐるりと回す仕草は彼だけの表現方法ですね。コンセルトヘボウ管弦楽団の響きの見事さも素晴らしいです。ですが、何か、クライバーとコンセルトヘボウの組み合わせって、違和感がありますね。もっとも音楽的にはクライバーには、このオーケストラが最高に合っているような気はしますけどね。どうも、画像で見ると違和感があります。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ジョナサン・ノット,  

中村恵理、清冽な絶唱!『ラ・ボエーム』@宮崎芸術劇場 2019.5.19

中村恵理の清冽で圧倒的な歌唱には今日も言葉はありません。第1幕の有名なアリア《私の名はミミ》の可憐な歌唱に胸を熱くし、第3幕の《ミミの別れ》の哀しくも美しい歌唱に心を打たれ、第4幕の最期の恋の歌に涙をこらえきれず、その素晴らしい絶唱に魅了され尽くしました。彼女の透き通った声の魅力は無限に心に沁み通ってきます。ラ・ボエームのミミはミレッラ・フレーニで永遠に封印したつもりでしたが、遂にその封印を解く最高のソプラノが登場しました。ミレッラ・フレーニのミミを初めてウィーン国立歌劇場で聴いたのは27年前の5月でした。その時、フレーニは既に57歳。素晴らしい歌唱でしたが、若い頃の可憐な声質はもっと強靭な声に変っていました。30歳頃の声でミミを聴きたかったと思ったのも事実。今日聴いた中村恵理はsaraiが理想とするミミの声、そのものでした。遂に生きているうちに最高のミミが聴けたという思いで深い感動を覚えました。

これで昨年の蝶々夫人と合わせて、プッチーニのリリックなソプラノがタイトルロールを歌う2つの名作を中村恵理の最高の歌唱で聴けました。タイトルロールではありませんが、リリックなソプラノの役はもう一つ、《トゥーランドット》のリューです。これもこの夏、東京で中村恵理の歌唱を聴けます。もう素晴らしい歌唱が聴けるのは確信しています。オペラにはまったきっかけはプッチーニのリリックなソプラノの歌です。遂に最高の歌い手に巡り会えて、その歌唱を聴きとおすことができます。オペラ好きとしてはこれで思い残すことはありません。ん・・・、もう一つ、あるかな。リリックな歌唱と言えば、モーツァルトの《フィガロの結婚》のスザンナ、そして、《コジ・ファン・トゥッテ》のフィオルディリージも聴きたいところ。これも中村恵理の美しい歌唱で聴いてみたい。それにR.シュトラウスのいくつかのリリックな役も聴きたい。もう少し長生きして、中村恵理の美しい歌唱を聴きながら、人生を過ごしていきたい。オペラ好きの欲は果てしないものです。

今日のオペラはコンサート形式と言いながら、とても聴きどころが多かったんですが、結局、中村恵理の絶唱を思い出すと、あとはどうでもよくなるというのが本音です。まあ、それも何なので、少しだけ、オペラで感じた点を触れておきましょう。
歌手では福井敬(テノール)、鷲尾麻衣(ソプラノ)、甲斐栄次郎(バリトン)の3人は素晴らしい歌唱でオペラを盛り立ててくれました。中村恵理の美しい歌唱に傾注できたのも、この3人のサポートがあればこそでした。福井敬は特に中村恵理との2重唱で素晴らしく声を張り上げてくれました。鷲尾麻衣は第2幕のムゼッタのワルツ《私が街を歩けば》での熱演だけでなく、第4幕でのミミを気遣う優しい歌声で涙を誘ってくれました。甲斐栄次郎は終始、張りのある歌唱で存在感を示しましたが、第3幕でのミミとの掛け合いで優しくミミを支える見事な歌唱。さすがにウィーン国立歌劇場で活躍した人材です。

広上淳一率いる宮崎国際音楽祭管弦楽団は即席のオーケストラとは思えない、繊細で美しいプッチーニのメロディーを見事に奏でてくれました。そして、何と言っても、コンサートマスター席にはウィーン国立歌劇場で長年、オペラを支えてきたライナー・キュッヒルの姿がありました。終始、オーケストラをリードしたばかりでなく、ソロのヴァイオリンの響きの美しかったこと! 中村恵理とキュッヒルのソロの掛け合いの素晴らしさには鳥肌が立つ思いでした。ウィーン国立歌劇場で何回も聴いてきたキュッヒルのヴァイオリンの響きは今も健在。これが日本で聴けるとは望外の喜びです。

宮崎の合唱団、とりわけ、少年少女合唱団の美しい歌声も素晴らしかったです。よくぞ、ここまで練り上げましたね。さぞや、厳しい練習を積んだのでしょう。さらには、第2幕でバンダ、そして、会場内を行進した宮崎のブラスバンドの女性たちの素晴らしい演奏には度肝を抜かれました。彼女たちも鍛錬を積んだのでしょう。今後、音楽の道を進んでいってほしいと願います。

最後にひるがえって、

ソプラノ、中村恵理、恐るべし!!!


プログラムは以下です。

 第24回宮崎国際音楽祭 プッチーニの世界「青春の光と影」

  プッチーニ:歌劇『ラ・ボエーム』(全曲) コンサート形式
   ミミ:中村恵理(ソプラノ)
   ロドルフォ:福井敬(テノール)
   ムゼッタ:鷲尾麻衣(ソプラノ)
   マルチェッロ:甲斐栄次郎(バリトン)
   ショナール:今井雅彦(バリトン)
   コッリーニ:伊藤純(バス)
   ブノア/アルチンドロ:松森治(バス)
   パルピニョール:清水徹太郎(テノール)
   指揮:広上淳一
   宮崎国際音楽祭管弦楽団 コンサートマスター:ライナー・キュッヒル
   宮崎国際音楽祭合唱団(宮崎県合唱連盟有志)
   合唱指揮:浅井隆仁
   宮崎県吹奏楽連盟有志
 
  《アンコール》
    第2幕終盤 出演:全員


今年の宮崎音楽祭はこれで打ち止め。と言っても、saraiは昨夜の最終便で横浜から駆け付け、今年はこれだけ聴きました。しかし、それで十分に満足しました。来年の5月はウィーン遠征を予定しているので、残念ながら、宮崎音楽祭は聴けないかもしれません。宮崎音楽祭がますます発展していくことを祈っています。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       中村恵理,        キュッヒル,  

デュッセルドルフK20州立美術舘:エルンストのシュールな作品群、そして、ミロ、クレーの超傑作

2018年8月14日火曜日@デュッセルドルフ/11回目

デュッセルドルフDüsseldorfのK20州立美術舘K20, Kunstsammlung Nordrhein-Westfalenで20世紀の名画を鑑賞中です。


マックス・エルンストの《愚か者》です。1961年、エルンスト70歳頃に制作された作品です。エルンストは老境に至ってもユーモラスな彫刻作品を創り続けます。作品の意図は己に向けたものか、世間に向けたものか、それともいずれにも該当するのか。何となく、同じ年齢層に達したsaraiには、その屈折したアーティストの気持ちが分かるような気がします。少し、エルンストへの尊敬の念が沸き起こる感じです。

2019052001.jpg



ジョアン・ミロの《夜の女たちと鳥たち》です。1945年、ミロ52歳頃に描かれた作品です。白い背景の上に何とも楽し気な光景が描かれています。ミロの傑作の一枚です。

2019052002.jpg



マックス・エルンストの《愛のカルマニョール》です。1926年、エルンスト35歳頃に描かれた作品です。カルマニョールと言うのは、フランドル風にギャロップで踊られる輪舞のことです。フランス革命 (1789年) のとき,バスティーユが陥落した際にパリで踊られた事実が知られています。黒い男と白い女が踊り狂う様子が表現主義風に描かれています。

2019052003.jpg



マックス・エルンストの《最初の明確な言葉》です。1923年、エルンスト32歳頃に描かれた作品です。シュールレアリスムの作品です。女性の手が右の窓の開口部から手を差し伸べています。彼女は2本の交差した指の間に赤いボールをつまんでいるので、滑り落ちる恐れがあります。ボール自体は、壁の2本の釘の上を通り、壁の左端にある狭い壁の部分から細い「絹」の糸にぶら下がっています。このバッタのような生き物は、手のちょっとの緩みのせいで、指を開いてボールを落とすと、それがバッタを引き裂くことになります。明解なシーンですが、実にシュールです。

2019052004.jpg



マックス・エルンストの《エディプス I》です。1934年、エルンスト43歳頃に制作された作品です。父親を殺し母親と結婚したギリシア神話のエディプス (オイディプス) 王をテーマにしていますが、そんなに深刻なイメージの作品ではありません。むしろ、エディプス・コンプレックスという
精神分析の用語をイメージした、男子が母親に性愛感情をいだき,父親に嫉妬する無意識の葛藤感情を想起させます。あくまでも無邪気なユーモラスな性格の彫像です。

2019052005.jpg



パウル・クレーの再登場です。《黒い領主schwarzer Fürst》です。1927年、クレー48歳頃に描かれた作品です。邪悪な王様(ヒットラー?)を描いたものかもしれませんが、あまりに芸術的に昇華した傑作になっています。漆黒の表現がとても美しいですね。

2019052006.jpg



マックス・エルンストの《揺らぐ女》です。1923年、エルンスト32歳頃に描かれた作品です。シュールレアリスムの作品ですが、表現主義的な傾向もあります。「揺れる女」は人間とオートマトンの間の存在として描かれています。超現実の世界でのみ、存在できる自由な半人間の形態です。おぞましくもあり、超越的でもあります。

2019052007.jpg



マックス・エルンストの《我々の後の母性》です。1927年、エルンスト36歳頃に描かれた作品です。エルンストにとって、芸術創作の初期から、鳥は重要な要素でした。この作品では、鳥と人間の遷移状態、すなわち、鳥人間(ロップロップLoplop)が幻想的な画面に描かれています。これも彼のシュールレアリスムの世界です。鳥人間が抱く子供の姿はある意味、聖母子に通じるのでしょうが、ファンタジックともグロテスクとも言えます。世界が病んでいるのか、画家自身が病んでいるのか、捉えがたい世界です。

2019052008.jpg



K20州立美術館の20世紀美術コレクションでエルンストも重要な存在です。何故ならば、彼もナチスに退廃芸術の烙印を押され、辛酸を味わったからです。退廃芸術のすべからくがこの美術館ではレゾン・デートルの位置を占めます。過去の清算なしには未来がないからです。また、クレーの1点が登場しましたが、いよいよ、クレーの傑作群が最後の輝きを放ちます。ご期待作品ですが、



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

デュッセルドルフK20州立美術舘:クレーの晩年の超傑作群に心を打たれます!

2018年8月14日火曜日@デュッセルドルフ/12回目

デュッセルドルフDüsseldorfのK20州立美術舘K20, Kunstsammlung Nordrhein-Westfalenで20世紀の名画を鑑賞中です。

この美術館の主役であるパウル・クレーの最後の登場です。クレーの傑作をとことん楽しませてもらいましょう。


パウル・クレーの《オンファロ・セントリック・レクチャー(オンファロ中心主義の講義)omphalo-centrischer Vortrag》です。1939年、クレー60歳頃に描かれた作品です。オンファロスOmphalosとは、臍のことです。アダムとイヴに臍があったかどうかが元々の議論でした。臍があれば、へその緒があったということになり、彼らは母の胎内から産まれたことになり、神の創造ではなかったことになります。臍がなければ、彼らは完璧な姿で作られなかったことになります。究極の矛盾です。神学上、哲学上の大問題です。たかが臍のことなんですけどね。そこへ、イギリスの自然学者フィリップ・ヘンリー・ゴスが創造論の大胆な仮説を提唱しました。アダムとイヴは臍を付けた姿で神により創造されたというものです。これから演繹される推論は実に大胆。地球は樹木の年輪、オウムガイや亀の甲羅の年輪、陸地の川による浸食の跡、様々な地層などが最初から全て完全に存在する状態で、神によって意図的に「古びた感じで」創造されたと言うのです。(以上はwikipediaをもとにsaraiが編集) この作品はオンファロス、すなわち、へそが宇宙の中心であるという論を絵画化した壮大なスケールのものですが、意外に優しい感じの女性が描かれて、ほんわかムードの絵になっています。イメージ的には、天使シリーズの延長戦上にある絵画でしょう。画面の下部には問題の臍が黒い丸で描かれて、存在感を誇示しています。この作品をもとにした同名の音楽作品もあるようですね。いずれにせよ、クレー晩年の大作(物理的な大きさではなく、内容の深遠さ)です。

2019052101.jpg



パウル・クレーの《英雄的な薔薇heroische Rosen》です。1938年、クレー59歳頃に描かれた作品です。クレー晩年において、爆発的に想像力が高まった時期に生まれた作品です。太い線で描かれた螺旋は迷路を思わせます。その太い線で描かれた中心には薔薇と思しきフォルムが浮かび上がります。太い線はエネルギー感に満ちた意思の力を象徴し、その英雄的な意思の帰結として、美しい薔薇が出現します。抽象的な芸術観念が自然の美しい薔薇にアウフヘーベンされるという、実に素晴らしい思索の傑作がこの作品です。クレーの芸術の到達点の高さを実感するのみです。

2019052102.jpg



パウル・クレーの《森の奥深くtief im Wald》です。1939年、クレー60歳頃に描かれた作品です。クレーにとって、自然は初期のバウハウス時代からの重要なテーマでした。特に題名からの関連では1922年に描かれた《北の森の神Gott des nördlichen Waldes》があげられます。その作品では、ニュアンスの複雑なネットワーク構造が描かれました。そして、晩年のこの作品では、すっかり、シンプルに自然が描かれることになります。画面は森を現す緑が同じ濃淡で描かれて、ただ、明るさの度合いだけが部分で異なります。植物がシンプルなフォルムで描かれますが、中心は左上の緑の花。柔らかく丸みを帯びたフォルムがリズミカルに画面を構成しています。これがクレーの行き着いた自然の姿ですが、もちろん、クレーの心象風景が投影された姿でもあります。

2019052103.jpg



パウル・クレーの《赤いチョッキrote Weste》です。1938年、クレー59歳頃に描かれた作品です。わずかな色彩と饒舌すぎるほどの線によって、この類い稀な作品は構成されています。画面中央の上部に赤いチョッキの男が画面全体を俯瞰しています。どこが赤いチョッキなのかと疑問を呈する方もいるでしょう。その疑問は当然なのです。クレーはあくまでも画家の心の中にある赤いチョッキの男のイメージを画面に描き出していて、見るものはそのクレーの心の中にあるものと対峙して、これはなぜ赤いのかということで、クレーの作品と対話していきます。結果、赤いチョッキが見えてきた方もそうでない方もいるでしょう。問題はその過程で、画面のほかの部分に錨や鳥や馬のフォルムが浮かび出して、この作品の深淵に迫ることです。実にリッチな世界がこの作品に描き込まれていることに気付かされることになります。クレーはこの時代、亡くなる前の2年、芸術家として、神の領域に上り詰めたようです。

2019052104.jpg



パウル・クレーの《調停Vermittlung》です。1935年、クレー56歳頃に描かれた作品です。さすがのクレーも1933年の亡命後の数年は創作した作品数も激減して、芸術上の危機に陥ります。この作品はシュールレアリスムの技法で内面を写した作品と考えられますが、明らかに芸術上の枯渇も感じさせられます。
この作品はジュートの上にチョークベースの下塗りをして、その上に水彩を施しています。そのフレームはクレーとしては異例に大きなもので、120,5 x 111 cm というサイズになっています。
淡い茶色の地面に絡み合った線の3つの構造が描かれています。3つの生物形態は重なり合って相互浸透し、最終的には単一の抽象的な形を生み出しています。クレーの心の苦悩によって、絵画自体が押しつぶされそうです。経済的打撃、発症した難病のクレーの苦難を思うと見ているsaraiも天の不条理に心が痛みます。

2019052105.jpg



遂に、パウル・クレーの最後の展示作品になりました。《レディとファッションDame und Mode》です。1938年、クレー59歳頃に描かれた作品です。最後を飾るにふさわしい超傑作です。この一枚は今回、この美術館で見た全作品の中で一番心を捉えられた作品です。クレーの晩年の飛躍、イメージの再構成とシンプル化がこれほど如実に現れた作品はありません。太い2本の線で描き出された2体の女性は短い線で補足され、そして、画面全体は黄土色のジュートのベースを輝かせて、香りのよい黄色、オレンジ、そして薄茶色の色合いで繊細な色彩が調和されます。右側の女性は鼻と目で顔が特徴づけられ、左の女性はsaraiの目では翼を持つ天使に見えます。シンプルな造形と明るい色彩のこの作品は強く心に何かを働きかけてきます。この絵に引き付けられて、何度も絵の前を立ち去ろうとしながら、また、この絵の前に戻るという行為を繰り返しました。すっかり、この絵に魅了されて、そして、最後は後ろ髪を引かれるようにゆっくりと絵から離れます。クレーの芸術上の頂点に立つ作品の一枚です。

2019052106.jpg



最後のクレーの展示スペースにあった、晩年を代表する作品のあまりの芸術性に深く心を打たれました。このK20美術館を見ずして、クレーは語れません。来てよかった! そういう思いでいっぱいになりました。

マックス・エルンストやダリの作品が最後に少し、残っています。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

デュッセルドルフK20州立美術舘:エルンスト、ダリ、デュビュッフェ、ジャコメッティ、フォンタナ、そして、最後はピカソ

2018年8月14日火曜日@デュッセルドルフ/13回目

デュッセルドルフDüsseldorfのK20州立美術舘K20, Kunstsammlung Nordrhein-Westfalenで20世紀の名画を鑑賞中です。

この美術館の主役であるパウル・クレーの晩年を代表する作品たっぷりと堪能させてもらいました。では、最後の20世紀美術を楽しませてもらいましょう。


マックス・エルンストの《穀物の芽のある風景》です。1936年、エルンスト45歳頃に描かれた作品です。これは風景画として描かれていますが、もちろん、具象的な風景ではなく、シュールレアリスムの風景が描かれています。風景は目の前に広がっており、同時に極端なクローズアップビューでの風景になっています。澄んだ空の前で、そのシルエットはなだらかな斜面とそびえ立つ峰で広がっています。それらの地球の形成物、渦巻く層は、解剖用ナイフによってまるで露出されたかのごとく描き出されています。対角線上に置かれているのは、1920年代初頭からマックス・エルンストが絵に描いてきたバッタのような生き物の1つです。昆虫の四肢の1つから、人間の手が成長します。動物から人間へ、人間から植物へ、植物から動物へのこの流れの変化は、画面の至る所で観察することができます。画面の最下層はすべての発芽の繁殖地であるようです。この風景画では、なじみのない、予期せぬ存在、植物やフォルムが変容することでエルンストの内面に形成されている形而上の風景を画面上に露わにしています。

2019052201.jpg



サルバドール・ダリの《擬人化された引き出しのあるチェスト》です。1936年、ダリ32歳頃に描かれた作品です。女性の胸は引き出しの開かれたタンスになっていて、彼女自身の内面をさらけだそうとでもしているようです。一方、この作品はまるで過去の時代の大画家の額縁に収められている絵画のような体裁を為しており、実際に描かれた画面とのギャップが際立っています。この作品は次に展示されている彫刻作品と対をなしています。

2019052202.jpg



サルバドール・ダリの《引き出しのあるミロのヴィーナス》です。1936年、ダリ32歳頃に制作された作品です。無論、ルーヴル美術館にあるギリシャ彫刻《ミロのヴィーナス》を元にした作品です。胸や腹部にある引き出しは開けられそうになっており、ミロのヴィーナスの内面の秘密が暴露されようとでもしているかのごとくです。シュールな作品ですが、よく考えてみると、ダリのロマンティシズムも吐露していますね。

2019052203.jpg



ジャン・デュビュッフェの《ジャズバンド・ブラック・シカゴ》です。1944年、デュビュッフェ43歳頃に描かれた作品です。デュビュッフェはある意味、異端の芸術家です。ルネッサンス以降の美しい芸術(Beaux-Arts)に対して反文化的ともいえる、精神の深淵の衝動が生のままでむき出しに表出されているアール・ブリュット(生の芸術)を提唱しました。その芸術はアンフォルメル(非定形の意味。1950年代に盛んになった前衛美術運動)を基礎としています。
この作品は、まるで子供がジャズバンドのメンバーの姿を幼稚に描き出したかのように描かれています。美のイメージを表出しようとする従来の美術の歴史から逸脱しようとした作品です。人が根源的にモノを描きたいという衝動こそが絵画の原点であると訴えているようです。

2019052204.jpg



ジャン・デュビュッフェの《晴れた日曜日》です。1947年、デュビュッフェ46歳頃に描かれた作品です。1947年の冬以来、デュビュッフェはサハラ砂漠のオアシスを頻繁に訪れました。彼の外国文化の集中的な研究の期間は2年以上かかりました。サハラ砂漠の風景は彼に空間の新しい感覚を与えました。その結果、この作品では、感覚的な経験による素朴で子供のような要素が、原始的で、非常識な、または芸術のない壁の落書きの表現と組み合わされています。このようにして、デュビュッフェは彼の芸術に、オリジナルの、洗練されていない、そして自発的の広い要素を取り入れました。これらの要素は彼の手の下で日曜日の詩的な魅惑的な描写に変容します。

2019052205.jpg



アルベルト・ジャコメッティの《立つ裸婦》です。1958年、ジャコメッティ57歳頃に描かれた作品です。ジャコメッティはシュールレアリスムの作家として出発しましたが、第2次世界大戦後は針金のような細い人体彫刻の作品を多く制作します。サルトルはこれを実存的芸術と評しました。この作品でも、ブラシのストロークの下に厳格な軸で正面を向く50代後半の女性の肖像画は実存主義的と評されるものの系列に含まれるものでしょう。女性の凝縮した姿が実存の強い意志を示しているかのごとく、印象的です。

2019052206.jpg



ジャン・デュビュッフェの《ルネ・ドルーアン:開いた手》です。1946年、デュビュッフェ67歳頃に描かれた作品です。ルネ・ドルーアンRené Drouinは、絵を売りたくないというデュビュッフェを説得して、初めて彼の画廊で1944年10月20日から約1か月「ジャン・デュビュッフェの絵画とデッサン」展を開催した画廊経営者です。その結果、数日で展示された全作品が完売しました。この作品はその2年後にルネ・ドルーアンをモデルに描かれた作品です。デュビュッフェを受け入れてくれたドルーアンの受容的な姿を描いたのでしょうか。

2019052207.jpg



ジャン・デュビュッフェの《鉄の風景》です。1952年、デュビュッフェ73歳頃に描かれた作品です。風景は常にデュビュッフェを魅了してきました。大きなパネルの上に厚塗りのこげ茶色の大地は高く盛り上がっていて、白っぽい天国の色調に保たれたもっと小さいゾーンと織り交ぜられています。もちろん、この風景はデュビュッフェの内面に存在する架空の風景です。これも創造への精神的な衝動によって作られた、従来型の美を拒否する作品と言えるでしょう。

2019052208.jpg



ルーチョ・フォンタナの《空間概念 期待》です。1965年、フォンタナ66歳頃に描かれた作品です。イタリアを代表する前衛芸術家、ルチオ・フォンタナの作品です。実は一色に塗られたキャンバスに切れ目を開けた作品は1000点近く制作され、いずれも《空間概念 期待》という同じ題名が付けられています。作品は従来の絵画の限界を突き破り、画面の世界に切れ目を開けることで、閉鎖された絵画平面から、切れ目を通じて、宇宙空間につながることを《期待》するという画家のコンセプトに基づいています。切れ目こそが画家の《期待》なのです。鑑賞する者も切れ目から無限の宇宙への飛躍を念じましょう。

2019052209.jpg



この美術館の常設展示の最後はパブロ・ピカソの《座る裸婦》です。1933年、ピカソ52歳頃に描かれた作品です。シュルレアリスムの時代に描かれた作品です。キュビズムの面影も残しています。モデルは当時の愛人のマリー・テレーズ・ワルテルでしょうか。まるで妊娠しているように丸みを帯びていますが、マリー・テレーズ・ワルテルが妊娠するのは2年後の1935年です。むしろ、聖母子像と捉えたほうがいいのでしょうか。

2019052210.jpg



これで遂にK20州立美術館の常設展示を見終わりました。結局、1時間ほどで鑑賞できました。久しぶりに充実した素晴らしい美術館です。クレーの膨大なコレクションを始め、ベックマン、キルヒナー、マルク、カンディンスキーなどの、ナチスご指定の退廃芸術作品もずらっと並んでいます。これは敗戦後のドイツ人の良心の証しとして、再収集された作品だそうです。ドイツは戦後、色んな意味でみそぎをしてきました。同じ敗戦国として、ドイツを見習うべきことが多いと思っていますが、必ずしも日本がそういう方向に向かっているように思えないのはとても残念だと常々、感じています。
ともあれ、この美術館にはsaraiと配偶者には、とても美味しい作品ばかりが並んでいます。これほど質の高い作品を所蔵する美術館を見たのはアムステルダムの市立美術館以来です。大変、感銘を受ける作品ばかりでした。
さて、美術館の1階ロビーに下りましょう。そこでも何か特別展をやっているようです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

デュッセルドルフK20州立美術舘:ダグラス・ゴードンの特別展 そして、デュッセルドルフを出発

2018年8月14日火曜日@デュッセルドルフ/14回目

デュッセルドルフDüsseldorfのK20州立美術舘K20, Kunstsammlung Nordrhein-Westfalenで20世紀の名画をたっぷりと堪能しました。

常設展を見終えて、美術館の1階ロビーに下りてきました。そこでも何か特別展をやっているようです。入館するときから、美しい音楽が流れていたので気になっていました。
大きな展示室を使った特別展です。映像作家ダグラス・ゴードンDouglas GordonによるK.364という作品です。

2019052301.jpg



K.364というと、モーツァルトの作曲した《ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲 変ホ長調 K.364》ですね。パリへの旅からザルツブルクに戻った23歳のモーツァルトが書いた傑作です。その音楽が静かに流れる展示室の壁に映像が流れています。ポーランド系のイスラエル人ヴァイオリニスト2人(アヴリ・レヴィタンAvri Levitanとロイ・シロアRoi Shiloah)がベルリンからポーランドへ電車で旅行しています。 その旅の様子が展示室の複数のスクリーンに映し出されます。この映像では、二人の旅を通して、悲劇的で暴力的な歴史がほとんど解決されていない国の荒涼とした風景が映し出されます。ナチスの戦争犯罪の場となったユダヤ人収容所の跡です。映像作家ゴードンはミュージシャンたちをこの個人的な旅で撮影し、彼らの熱い音楽への愛が過去の不幸な歴史と重なり合います。彼らの家族は1939年にナチスの手から逃げたユダヤ人家系のポーランド人でした。その家族から聞いたホロコーストの物語の思い出を呼び戻します。 彼らの乗った列車は絶滅収容所に彼らの親戚を輸送するのに使用されたのと同じ線路を走っているので、過去と現在は重なっています。モーツァルトの協奏交響曲を演奏しているのは、彼ら二人のヴァイオリニストのソロとポーランド放送室内管弦楽団です。

退廃芸術のコレクションが中心になっているK20州立美術館にぴったりの特別展でした。重いテーマの芸術作品の殿堂です。

美術館を出ると、近くに美術書が豊富に揃えてある書店があります。このあたりはアート街なんですね。

2019052302.jpg



書店の前で振り返ると、K20州立美術館の建物が通りの先に見えています。

2019052303.jpg



このノイ通りNeustraßeを地下鉄の駅に向かいます。デュッセルドルフ中央駅Düsseldorf Hbfで電車に乗る時間はほぼ1時間後に迫っています。

2019052304.jpg



旧市街の繁華街、ボルカー通りBolkerstraßeにやってきます。もう、お馴染みになった居酒屋さんがあります。

2019052305.jpg



さっと地下に下りて、Uバーンの駅、ハインリッヒ・ハイネ・アレー駅Heinrich-Heine-Alleeへ。チケット販売機がありますが、ホテルで昨日いただいた無料乗り放題券があるので、そのまま、駅のホームに向かいます。

2019052306.jpg



Uバーンで中央駅に出て、そこから、ホテルに戻ります。ホテルの周りは昼の喧騒に包まれています。

2019052307.jpg



ホテルで預けていた荷物を受け取り、デュッセルドルフ中央駅Düsseldorf Hbfへ。おや、ここにもスターバックスがありますね。

2019052308.jpg



ちょうど12時頃ですが、駅の通路は混み合っています。

2019052309.jpg



ホームへ向かう前にまずは昼食用のコーヒーとサンドイッチをさっきのスターバックスで調達。

2019052310.jpg



ホームへは発車15分前に到着。余裕ですね。

2019052311.jpg



この駅は新しいエスカレータが完備しているので、助かります。大きなスーツケースも何のその。楽して、ホームへ上がれます。

2019052312.jpg



既に大きなスーツケースを持った多くの乗客がホームで電車の到着を待っています。

2019052313.jpg



これから乗るのはミュンヘンMünchen行のICEです。

2019052314.jpg



このICEへの乗車は、実は昨日の飛行機からのトランジットです。一般的には、トランジットは飛行機から飛行機ですが、ANAとJALではドイツ到着後、ドイツ国鉄DBの電車にトランジットができます。ドイツ国内は全部無料で行くことができます。あまり知られていないのか、成田のチェックインカウンターで、デュッセルドルフでトランジットになってるけど、荷物はデュッセルドルフでの受け取りになってていいのと訊かれました。もちろんそれでOKと返事をしましたが、電車へのトランジットは空港のスタッフも知らないことなのね。電車で移動できる範囲にオーストリアの国境の街ザルツブルクSalzburgまで含まれるので、今日の移動は本来ならタダです。が、あまりにも時間がかかりすぎて、ザルツブルクでの友人との待ち合わせにも間に合わないので、ミュンヘンからはオーストリア国鉄のレールジェットのチケットを別途購入してあります。また、ANAのエコノミークラスは、ドイツ国鉄のセカンドクラスにしか乗れないので、念の為に座席指定券だけは購入しています。座れなかったら大変ですからね。座席指定券は二人で9ユーロ。電車へのトランジットは利用価値はありますが、いろいろ制限もあるのです。
で、これがDBへのトランジットのチケット。

2019052315.jpg



これが追加で購入した座席指定券。

2019052316.jpg



さて、ミュンヘン行のICEの車両編成表をチェックして、指定席の車両の位置に移動しましょう。

2019052317.jpg



ちょっとICEは遅れ気味ですが、コーヒーとサンドイッチを持って、ホームでスタンバイ。あと5分くらいでICEは到着です。

2019052318.jpg



やがて、スタイリッシュなICEが入線。そんなに定刻から遅れていません。

2019052319.jpg



車両編成を確認して待つ位置を決めたのに、入線してきた電車は、予想とは全く違う位置に停車。

2019052320.jpg



焦って、4両分ほど移動します。重い荷物を持ち上げて、乗り込むと同時にドアが閉まり、発車します。私たちの乗車を待っていたのではと思うほどです。ともかく、無事に乗れてよかったです。予約してあるので、席は大丈夫ですが、荷物がね・・・あいにく荷物置き場は下段にはスーツケース1個分しか空いていません。saraiが頑張って、スーツケース1個を荷物置き場の上段に持ち上げます。後から乗ってくるドイツ人は、何の迷いもなく、網棚の上に持ち上げて乗せています。これは、絶対に日本人には無理です。
ここからミュンヘンまで5時間、ミュンヘンで乗り換えてザルツブルクまで2時間、計7時間の長旅です。のんびり行きましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ザルツブルクへの鉄道旅、スタート

2018年8月14日火曜日@デュッセルドルフ~ザルツブルク/15回目

デュッセルドルフDüsseldorfから、ミュンヘンMünchenを経由してのザルツブルクSalzburgへの7時間ほどの鉄道による長旅が始まりました。
まずはトランジットの無料チケットでミュンヘンまで、ICEのセカンドクラスで5時間の移動です。ドイツの大平原の景色を車窓から楽しみましょう。

デュッセルドルフ中央駅Düsseldorf Hbfを出るとすぐに車掌さんが検札にまわってきます。ドイツ国鉄DBは厳格ですからね。

2019052401.jpg



トランジットの無料チケットを差し出すと、何の問題もなく、検札はパス。ANAやJALはともかく、ルフトハンザ航空も同様のチケットがあるので、車掌さんも慣れているんでしょう。

落ち着いたところで、駅の構内でゲットしたスターバックスのコーヒーをいただきながら、ランチです。飲み慣れたスタバのコーヒーの味です。

2019052402.jpg



郊外の町を通り過ぎていきます。

2019052403.jpg



やがて、ケルン中央駅Köln Hauptbahnhofです。駅前には、ケルン大聖堂Kölner Domがあります。写真に収めるためにカメラの準備をします。ライン川Rheinを渡ったら、すぐに大聖堂が見えてくるはずです。あれっ、ライン川を渡りません。停車した駅はケルン・メッセ駅Köln Messe/Deutzです。結局、ライン川を渡らずにそのままケルンを通過します。肝心のケルン大聖堂は見えず! 残念です。このルートではケルン中央駅には停まらないんですね。
やがて、右手にライン川が見えてきます。もう、ケルンはずっと後方ですから、大聖堂は見えっこありません。

2019052404.jpg



ライン川の河畔には樹木が生い茂っています。

2019052405.jpg



少しだけ、ライン川沿いに走ります。

2019052406.jpg



すぐにライン川を離れて、平原を走り出します。

2019052407.jpg



車内に目を遣ると、荷物置き場の上段にsaraiのスーツケースが見えています。かなり、高いところに持ち上げたと自画自賛。

2019052408.jpg



ICEは小高い山に差し掛かります。なだらかな丘陵が遠くまで続いています。ドイツではあまり見かけない風景です。

2019052409.jpg



やがて、小さな川が流れる渓谷を渡ります。並行して走っている高速道路はアウトバーン 3 Bundesautobahn 3のようです。オランダからドイツ国内を通って、オーストリアまでを貫く国際道路の一部です。ドイツで第2の長さをほこるアウトバーンです。

2019052410.jpg



この渓谷を渡り終えると、また、大平原の中を走ります。

2019052411.jpg



空は雲で覆われています。雨は降っていませんが、あまり天気はよくないですね。

2019052412.jpg



フランクフルトFrankfurtが近づいてくると、青空が顔を見せます。横を走るのはアウトバーン 3です。大動脈らしく、トラックが行き交っています。周りには森が広がっています。

2019052413.jpg



ほぼ定刻にフランクフルト空港駅Frankfurt(M) Flughafen Fernbfに到着。

2019052414.jpg



このフランクフルト空港駅では、さすがに多くの人が乗り込んできて大騒ぎ。ようやく整理がついて、フランクフルト中央駅Frankfurt Hauptbahnhofに向かいます。私たちの席と通路を挟んだ四人掛けの席は、フランクフルトからミュンヘン間の予約が二人分入っています。いったん他の席に落ち着いたカップルが、そこに移動してきます。相席覚悟で4人掛けを選んだようです。仲良くおしゃべりを楽しんでいます。この後、大トラブルになることは彼らもこの時点では知る由もありません。

ICEはマイン川Mainの鉄橋に差し掛かります。

2019052415.jpg



鉄橋を渡っていくと、フランクフルトの高層ビル群が見えてきます。世に言うマインハッタンの景色です。

2019052416.jpg



マイン川を渡り終えると、ゆっくりとフランクフルト中央駅の構内に侵入していきます。

2019052417.jpg



立体交差を抜けて、中央駅の構内に下りていきます。

2019052418.jpg



フランクフルト中央駅に到着です。ホームの向かいには2階建てのSバーンの電車が停車しています。

2019052419.jpg



ここでしばらく停車します。ほかのホームには電車がいなくなります。

2019052420.jpg



フランクフルト中央駅に到着後、それなりに降りる人と乗る人でまた大騒ぎ。ようやく騒動も終了し、そろそろ出発かと思ったとき、通路を挟んだ席にフランクフルト空港駅で移動してきたカップルの女性が、これはシュトゥットガルトには行かないわと慌てだします。相棒の男性は慌ててサポートしだします。あれ、彼らはカップルではなく、旅友なだけなの? 大きな荷物を降ろして、女性に渡し、自分の荷物もまとめます。相席の男性が車両のドアを開けようとしますが、時は既に遅し。無情にもICEは出発してしまいます。もう、何んともしがたいですね。一体、彼らはどうするんでしょう。このまま、ヴュルツブルクまで乗っていって、そこからシュトゥットガルト行きの電車に乗るのかな。対岸の火事を見る感じです。旅にはこういうトラブルが付きものです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

これがショスタコーヴィチの5番か!驚きの演奏・・・ノット&東京交響楽団@サントリーホール 2019.5.25

こんなに立て続けに凄い演奏を聴かせられると、もはや、何の感想も書き得ません。ジョナサン・ノット、それに東京交響楽団の演奏は今、まさに旬の時を迎えているようです。どんなショスタコーヴィチの演奏を聴かせてくれるか、期待していましたが、まさか、これほどとはね・・・(絶句)。ショスタコーヴィチの交響曲第5番と言えば、有名なヴォルコフの「ショスタコーヴィチの証言」以来、その音楽的解釈が問題になってきました。今回もsaraiはその線でどんな解釈での演奏になるのか、いろいろと想像していました。で、実際の演奏と言えば、そんなsaraiの浅知恵を嘲笑うようなもので、そもそも音楽と言うものは、決して文学的解釈の上にたつものではなく、音楽自体が自律性を持って、その芸術的な美を追求するものだということをまざまざと知らしめてくれるようなものでした。ですから、言葉で何を書き連ねても野暮にしかならないということです。音楽それ自体の“美”がすべてだということを思い知らせてくれるような演奏でした。とりわけ、第3楽章の静謐の美、そして、第3楽章の終盤の高潮には耐え切れないほどの緊張と感動を与えられました。息つく間もなく始まった第4楽章の白熱した演奏の連続には身を固くして聴き入るのみ。コーダの高揚感は何にも例えられない素晴らしさ。最後は音楽と一体化した自分がいました。圧巻のショスタコーヴィチでした。

それにしても、ノットが振ると、どうしてこんなに東響が素晴らしい響きで鳴るんでしょう。まるで音楽の神ミューズが舞い降りてきたかのようです。特に弦楽パートの凄絶さは驚異的としか言いようがありません。マーラーのように弦楽パートを細かく分割した、このショスタコーヴィチの交響曲を聴いていると、弦楽奏者、一人一人の力量がどれほど凄いかがよく分かります。東響の弦楽奏者たちは名人揃いだと断じましょう。その名人たちがノットの指揮棒によって、魔法にかかったように驚異の演奏を繰り広げます。金管のささいなミスがありましたが、それが大局に与える影響は皆無。弦楽パートの凄まじさ、そして、フルートを始めとした木管の美しい音色によって、究極のショスタコーヴィチの演奏になりました。

先週のベートーヴェンの交響曲第7番に続くノット&東響の会心の演奏でした。今後、このコンビはさらに精緻を極めた演奏に突き進むでしょうが、現在の勢いは素晴らしく、あえて、旬の時を迎えたと表現しておきましょう。こんな聴き逃せないような演奏が続くのに、満席にならないのは不思議としか言えません。音楽ファンはすべからく、ノット&東響の演奏会場に駆けつけるべし!!

おっと、前半のブリテンのヴァイオリン協奏曲に触れるのを忘れていました。ダニエル・ホープのヴァイオリンはこれまで聴く機会がなくて、初聴きです。素晴らしい音色で安定した演奏でした。ブリテンのスペイン内戦への思いに満ちた美しい音楽を見事に奏でてくれました。彼も要チェックのヴァイオリニストですね。


今日のプログラムは以下です。

  指揮:ジョナサン・ノット
  ヴァイオリン:ダニエル・ホープ
  管弦楽:東京交響楽団  コンサートマスター:水谷晃

  ブリテン:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 op.15
《アンコール》 シュルホフ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタから、第2楽章 

   《休憩》

  ショスタコーヴィチ:交響曲 第5番 ニ短調 op.47


最後に予習について、まとめておきます。

1曲目のブリテンのヴァイオリン協奏曲を予習したCDは以下です。

 フランク・ペーター・ツィンマーマン、マンフレート・ホーネック指揮スウェーデン放送交響楽団 2007年
 
ツィンマーマンの美しいヴァイオリンの響きがすべてです。CDに一緒にはいっているシマノフスキの2曲のヴァイオリン協奏曲も見事な演奏です。そう言えば、最近、ツィンマーマンの実演を聴いていません。そろそろ聴きたいですね。


2曲目のショスタコーヴィチの交響曲第5番を予習したCDは以下です。

 ベルナルト・ハイティンク指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 1981年5月

バーンスタインやムラヴィンスキーの直線的で劇的な演奏の対極にあるような演奏。スローなテンポには驚かされますが、このテンポが重要です。外面的な派手さを避けて、音楽に秘められた作曲家の内面に迫るような知的なアプローチ。とても音楽的に美しい演奏です。コンセルトヘボウ管弦楽団の響きの厚さと美しさも最高です。この曲を聴き込んだ人にお勧めしたい隠れた名盤です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ジョナサン・ノット,  

フランクフルト中央駅でトラブルに合った若いカップルの行方は・・・

2018年8月14日火曜日@デュッセルドルフ~ザルツブルク/16回目

デュッセルドルフDüsseldorfから、ミュンヘンMünchenを経由してのザルツブルクSalzburgへの7時間ほどの鉄道による長旅の真っ最中です。

通路を挟んだ席のカップルのシュトゥットガルトに向かうべき女性がフランクフルト中央駅Frankfurt Hauptbahnhofで降り損ねて、そのまま、無情にもICEは走り出しました。

フランクフルト中央駅はターミナル形式の駅ですから、ICEは折り返す形で方向が逆転して走ります。再び、マイン川Mainの鉄橋を渡り始めます。

2019052601.jpg



通称、マインハッタンと呼ばれる、フランクフルトの高層ビル群に別れを告げます。

2019052602.jpg



さて、フランクフルトで降り損ねた女性は車掌に相談に行ったようですが、その後、スマホで情報を盛んにチェックした挙句、次の駅、アシャッフェンブルク中央駅Aschaffenburg Hbfで(30分後)下りて、フランクフルトに引き返すことになったようです。女性は電話を掛けたりして、事後処理。カップルの片割れのように見えた男性はじっと考え込みます。結局、アシャッフェンブルク中央駅では、女性と一緒に降りていきます。さて、これから、どうなるのでしょうね、あの俄かカップルのような二人。トラブルはロマンスに発展するかも。

ところで、この列車には食堂車がついています。セカンドクラスなので食べに行くには不安があるので、自重します。が、なんと、注文を取りに来ます。持ってきてくれるようです。ファーストクラスには配達してくれるのですが、以前はセカンドクラスはダメだったのですけどね。サービスが良くなったのかしら。売り上げが落ちたのかしら。

2019052603.jpg



その後、ヴュルツブルクWürzburgに向けて、マイン川の広大な流域の中を走っていきます。

2019052604.jpg



やがて、丘の斜面に作られたワイン畑の横を走り抜けていきます。このあたりはsaraiの大好物の白ワイン、フランケンワインの産地です。ここで降りてワイン農家からフランケンワインをゲットしたいくらいです。

2019052605.jpg



広大なワイン畑が続きます。saraiの目には毒です。

2019052606.jpg



ヴュルツブルク中央駅Würzburg Hbfに近づいていくと、マイン川越しの小高い丘の上にマリエンベルク要塞Festung Marienbergが見えてきます。生憎、反対側の右手の車窓にしか見えません。

2019052607.jpg



しかも、マリエンブルク要塞はどんどん見えなくなっていきます。

2019052608.jpg



それでも我々の左手の車窓にもワイン畑の丘が見えています。

2019052609.jpg



で、定刻にヴュルツブルク中央駅Würzburg Hbfに到着。

2019052610.jpg



ここからは前にも乗った路線で、ニュルンベルクなどの懐かしい駅に停まりながら、ミュンヘンに向います。ミュンヘンまで、あと2時間です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ザルツブルクに到着し、音楽祭を祝して豪華ディナー

2018年8月14日火曜日@デュッセルドルフ~ザルツブルク/17回目

デュッセルドルフDüsseldorfから、ミュンヘンMünchenを経由してのザルツブルクSalzburgへの7時間ほどの鉄道による長旅の真っ最中です。

フランクフルトFrankfurtを経由して、ヴュルツブルク中央駅Würzburg Hbfに到着。
そして、順調にヴュルツブルク中央駅を出発し、早くも市街地を抜け出します。

2019052701.jpg



やがて、マイン川Mainを左に見て、走ります。

2019052702.jpg



風力発電ユニットの立ち並ぶ平原の中をニュルンベルクNürnbergを目指して走っていきます。

2019052703.jpg



やがて、ニュルンベルクの街に入り、Sバーンの電車が並ぶ車両基地の横を過ぎていきます。

2019052704.jpg



ニュルンベルク中央駅Nürnberg Hbfに向けて、ニュルンベルクの街の中をゆっくりと進んでいきます。

2019052705.jpg



左手にドイツ鉄道ミュージアム(DBミュージアム)DB Museumが見えてきます。クラシックな車両も見えています。この博物館はドイツで最古の歴史を持つ鉄道博物館です。歴史を遡ると、前身である1899年創立のバイエルン王立鉄道博物館まで辿れます。博物館の目玉はバイエルン王のルートヴィヒ2世のために製造されたお召列車でしょう。

2019052706.jpg



ドイツ鉄道ミュージアムを過ぎて、ニュルンベルク中央駅の構内に入っていきます。

2019052707.jpg



ニュルンベルク中央駅に定刻の到着です。

2019052708.jpg



ここでしばらく停車。少し遅れての出発になります。このニュルンベルク中央駅は計21番線がプラットホームに面している、ヨーロッパでは最大の通過式配線の駅です。ミュンヘンから北に向かう長距離電車はこのニュルンベルク中央駅で振り分けられて、それぞれの目的地に向かいます。通過式配線の駅ですが、ターミナル駅のような機能も併せ持っています。saraiの乗ったICEはミュンヘン - ニュルンベルク - フランクフルト(マイン) - ケルン - デュッセルドルフ - ドルトムントを走るICE25号線(ICE Linie 25)で、ニュルンベルクからミュンヘンへは、ニュルンベルク-インゴルシュタット-ミュンヘン高速線 Schnellfahrstrecke Nürnberg–Ingolstadt–Münchenを走ります。その後、翌年の今年は何故か従来線の西側のルートを走っています。ニュルンベルク中央駅は東西に出入り口の線路がありますが、ヴュルツブルクからの電車は西側から侵入します。ミュンヘン行の高速列車は東側から出ていきます。が、現在は西側のルートを使っているので、西側から出ていきます。そういうわけで、ニュルンベルク中央駅はターミナル形式に駅でもないのに、ヴュルツブルクから来たICEはミュンヘンに向かう場合、現在はこのニュルンベルク中央駅で折り返して、これまでと逆方向に走り出します。saraiが乗ったときは普通に西から駅に侵入し、東に通り抜けていきました。

2019052709.jpg



ニュルンベルクの街をゆっくりと抜けていきます。

2019052710.jpg



そして、ミュンヘン中央駅München Hbfに無事到着。ここまで約5時間。ICEは10分遅れでミュンヘンに到着しましたが、勝手知ったるミュンヘン中央駅ですから、さっとザルツブルクSalzburgに向かうレールジェットに乗り換えるために移動。既に、ザルツブルクへのレールジェットは入線しています。急いで乗り込みます。

2019052711.jpg



このレールジェットは贅沢にファーストクラスに乗りますが、もちろん、ネットで購入した格安チケット。二人で約60ユーロです。

2019052712.jpg



この後は、遅れずにザルツブルクに着くことを期待しながら、車窓を楽しみましょう。何度も通った線路です。いろいろ思い出しながら、通過していきます。食堂車から注文を取りに来ます。ファーストクラスだから普通なのですが、より積極的なサービスになったような気もします。ザルツブルク到着後、ディナーをいただくので、ここでは何も食べません。
ミュンヘンを出て、1時間ほど走ると、美しい緑の風景に包まれます。

2019052713.jpg


さて、ファーストクラスはWIFI経由のインターネットネット接続がフリーです。ザルツブルク音楽祭のチケットのチェックをします。この旅をその気にさせた肝心のチケットが取れないのです。もう、このチケットは諦めていますが、その日の代わりの公演を何か見つけなくてはいけません。次に狙っているのはR.シュトラウスの楽劇《サロメ》なのですが、これが今年の一番人気らしく、買えそうにありません。もう時間的に限界でしょう。ようやく諦めがついて、さらに次に聴きたい公演をチェックすると、2枚のチケットが売りに出ています。ここで決心しないと、このチケットもなくなるでしょう。えい、これを買うぞ! なんとも便利ですね。ザルツブルクへの電車の中で、チケット購入です。このチケットをザルツブルク音楽祭のチケットセンターでうまく受け取れれば万事OKです。

レールジェットは夕暮れの緑の平原の中をザルツブルクに向かっていきます。もうすぐザルツブルクです。

2019052714.jpg



一仕事するうちに、ザルツブルクに到着です。合計7時間の長い鉄道の旅でした。

明日からはザルツブルク音楽祭を楽しみます。ザルツブルク到着後、明日、一緒に音楽祭の公演を聴く大学時代の友人夫婦と合流します。彼らは駅前のホテルで待っていてくれました。合流した友人夫妻と我々のホテルにタクシーで直行です。昨年も泊まったホテル、スター イン ホテル ザルツブルク ツェントルム バイ コンフォートStar Inn Hotel Salzburg Zentrum, by Comfortにチェックインすると、最後まで取れていなかったザルツブルク音楽祭の超人気の公演のチケット(クルレンツィス指揮ムジカ・エテルナ)が収められている封筒を手渡されます。saraiはこれでますます上機嫌です。

四人でディナーに向います。メンヒスベルクMönchsbergの岩山の抜け道のトンネルを案内しながら、既に日本で予約しておいたレストランへ。シュティフツケラー・ザンクト・ペーターSt. Peter Stiftskulinariumです。このレストランはさすがに有名店。お店はごった返しています。予約しておいて、本当に良かったです。旧交を温めつつ、美味しい食事とワインを共にします。彼らがちょうどヨーロッパへ同じ時期に来ることを聞いたので、音楽祭をご一緒するのを誘ったところ、saraiの提案に乗ってくれたんです。ここまでの旅を話題に、美味しくディナーをいただきます。このレストランでは珍しく若いお嬢さんが料理を運んでくれます。アルバイトかな? 一方、観光客に慣れたおじさんスタッフが楽しくサービスしてくれます。写真も撮ってくれます。大満足の食事です。メインはウィーナー・シュニッツェル。

2019052715.jpg



さらにターフェルシュピッツ。定番のオーストリア料理です。

2019052716.jpg



もちろん、しめのデザートはザルツブルガー・ノッケルンです。

2019052717.jpg



食事後は、明日の待ち合わせ場所を確認するためブラブラと祝祭大劇場Großes Festspielhausまで歩き、明日の音楽祭への気持ちを高めあいつつ、そこで別れます。

saraiは明日は午前、午後、夜と3つの公演を聴くという強行軍です。巨匠ムーティ指揮のウィーン・フィル演奏会、名匠クリスティーによるバロックオペラ《ポッペアの戴冠》、そして、今回の超目玉、今をときめくクルレンツィス指揮ムジカ・エテルナのベートーヴェンの交響曲第9番という豪華ラインアップです。

さあ、急いでお風呂に入り、明日の3連荘の公演(コンサート、オペラ、コンサート)にそなえ、早く寝ましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

美しきヴィニツカヤの飛翔・・・リットン&東京都交響楽団@東京文化会館大ホール 2019.5.28

難曲のプロコフィエフのピアノ協奏曲第2番を完璧に弾きこなすヴィニツカヤにとって、ピアノ協奏曲第3番を弾くのはたやすそうにさえ見えてしまいます。切れのよさ、響きの美しさ、ダイナミクス、どれをとっても、そのピアニズムは見事としか言えません。そして、何と彼女は笑みを浮かべて、実に楽しそうに弾いています。超絶的なフレーズを弾いている間中、ずっとそうです。第1楽章の冒頭の早く細かいフレーズの見事な指さばき、そして、中盤以降で低音部をがんがん叩くときの爆発的な推進力、このあたりは他のピアニストでも魅せられるところではありますが、ヴィニツカヤの場合は他のピアニストとは次元が違うとしか言いようがありません。アルゲリッチやユジャ・ワンと比べてもそのレベルの高さは歴然としています。恐るべきピアニズムです。それにピアノを弾いている彼女の横顔の美しいこと! 音楽とは直接は関係ありませんが、美しくて悪いわけありませんね。第2楽章にはいると、抒情的というか、幻想的というか、何とも心に沁みてくるメロディーが流れ始めますが、ここでも彼女は音楽性の高さを示します。彼女は単なる超絶技巧の持ち主に留まらず、深い音楽性も持っています。ピアノのタッチが深く、スケール感のあるピアノも聴かせてくれます。第3楽章は圧巻の盛り上がり。それにオーケストラのトゥッティの上にピアノで旋律を重ねる部分では驚異的に美しい音楽も奏でてくれました。うーん、大満足!

後半のプログラムのチャイコフスキーはなかなか微妙なところ。問題は第1楽章。久しぶりに聴く都響のアンサンブルは以前にも増して、素晴らしい響きです。今日の都響は2枚看板のコンサートマスターの四方恭子と矢部達哉のダブルコンマスですからね。弦が素晴らしいのは当然として、今日は金管が絶好調で鳴り響いています。日本のオーケストラでこれほどの金管の響きを聴いた覚えがないほどです。じゃあ、素晴らしい音楽だったかと言うと、そこが問題。チャイコフスキーの音楽のロシアの憂愁、すなわち、やるせなさが感じられません。それにこの曲ではマーラー的な複数声部が有機的に絡み合った重層的な構造の音楽が聴きたいところですが、各声部は美しくても有機的な結合はあまり感じられません。これって、予習で聴いた天下の大名演とも言えるバーンスタイン指揮の演奏が凄過ぎて、それが耳に残っているせいかもしれませんけどね。それにしても、今日の演奏を聴いて、それは違うだろうと頭のどこかがささやき続けています。繰り返して言いますが、今日の演奏はとても美しかったんです。その上で何かが違うんです。ところが、第2楽章にはいり、楽章の後半になると、音楽が頭にすっとはいってくるようになります。うーん、心に感じるものがあります。なかなか素晴らしいのではないかと感じ方が変わってきます。第3楽章は文句なしに弦のピチカートが素晴らしくて、ますます、音楽的な調和に満ちてきます。第4楽章、これは素晴らしい。冒頭の爆発的な祝祭音楽が響き渡り、なかなかの高揚感です。素晴らしい演奏に聴き入っているうちに、やがて、コーダに突入します。凄い突進力です。アンサンブルも見事で最高の響きです。コーダの最後でぐっと一段テンポを上げて、白熱のフィナーレ。凄い高揚感ですが、やはり、第1楽章のことが頭から離れず、微妙な満足感。終わりよければ、すべて良しの気分には正直なれませんでした。それでも久しぶりに聴いた都響の素晴らしい合奏力には脱帽です。指揮者次第ではやはり、日本最強のオーケストラかもしれませんね。アンドリュー・リットンの指揮もよかったのですが、あのバーンスタインのスコアの深い読み方と比べてしまうと、厳しいところがあります。


今日のプログラムは以下です。

  指揮:アンドリュー・リットン
  ピアノ:アンナ・ヴィニツカヤ
  管弦楽:東京都交響楽団  コンサートマスター:四方恭子

  バーバー:管弦楽のためのエッセイ第2番 Op.17
  プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番 ハ長調 Op.26
《アンコール》 チャイコフスキー: 「四季」より、3月 ひばりの歌 アンダンティーノ・エスプレッシーヴォ ト短調

   《休憩》

  チャイコフスキー:交響曲第4番 ヘ短調 Op.36


最後に予習について、まとめておきます。

1曲目のバーバーの管弦楽のためのエッセイ第2番を予習したCDは以下です。

 マリン・オールソップ指揮ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団 2004年
 
女性指揮者のマリン・オールソップの演奏は初めて聴きましたが、バーバーのあまり演奏されない曲を集めたCDアルバムは貴重であるばかりでなく、美しい演奏を聴かせてくれます。


2曲目のプロコフィエフのピアノ協奏曲第3番を予習したCDは以下です。

 ミハイル・プレトニョフ、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ指揮ロシア・ナショナル管弦楽団 2002年9月 モスクワ、国立音楽院大ホール

プレトニョフにとって、ドイツ・グラモフォンへの初めての協奏曲録音となったアルバムですが、プレトニョフは落ち着いた演奏で実に知的なアプローチをしています。このスリリングな曲にしては、ちょっと物足りないところもあります。


3曲目のチャイコフスキーの交響曲第4番を予習したDVDは以下です。

 レナード・バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィル 1975年4月22~24日、エイヴリー・フィッシャー・ホール(リンカーン・センター) ライヴ収録 DVD

バーンスタインはチャイコフスキーを若い頃から得意としていて、晩年の録音もあります。このDVDを見ると、まだ若々しいバーンスタインの姿で、実に熱い指揮です。まるでマーラーを振っているような感じです。演奏はこれがチャイコフスキーの交響曲第4番の真の姿と思わせるような深い解釈のもと、ニューヨーク・フィルを鼓舞しながら、最高の演奏を聴かせてくれます。これこそ、天下の大名演と言えるでしょう。saraiは子供の頃からバーンスタインのファンでしたが、またまた、バーンスタインに魅了されました。これから、バーンスタインの演奏をまた聴いてみたくなりました。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ヴィニツカヤ,  

素晴らしいバルトーク:アルカディア・クァルテット@鶴見サルビアホール 2019.5.29

前半のベートーヴェン2曲もなかなか聴きごたえがありました。特に第10番《ハープ》の第3楽章、第4楽章は力強い演奏で見事でした。第4楽章の分裂症気味とも思える難しい音楽をさばききったのには感心しました。
しかし、圧巻だったのは後半のプログラムのバルトークです。第4番は第3番と並んで、最もバルトークの真骨頂とも思える傑作ですが、なかなか実演で聴く機会に恵まれません。今日は素晴らしい演奏でした。第3楽章までは今一つの感でしたが、第4楽章の多彩なピチカート奏法の見事なこと! この楽章は聴くだけでなく、見ていても楽しくなります。第5楽章はこのカルテットの持つパワフルさが遺憾なく発揮されて、白熱した演奏になります。これぞ、バルトークっていう感じで気持ちよく終わりました。ところで今回の来日では第1ヴァイオリンが産後の体調不良ということで代役でしたが、本来のメンバーだったら、どんなバルトークになったでしょう。CHANDOSからバルトーク全集を出しているくらいですから、さらに素晴らしい演奏が期待できそうですね。今後の再来日を期待しましょう。


今日のプログラムは以下です。

  弦楽四重奏:アルカディア・クァルテット
    セバスティアン・テグゼジューvn レスヴァン・ドゥミトルvn トライアン・ボアラva ツォルト・トロークvc

  ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第2番 ト長調 Op.18-2
  ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第10番 変ホ長調 Op.74《ハープ》

   《休憩》

  バルトーク:弦楽四重奏曲 第4番 Sz.91

   《アンコール》
    ラズヴァン・メテア:バガテル

最後に予習について触れておきます。

最後に予習について、まとめておきます。

1曲目のベートーヴェンの弦楽四重奏曲 第2番を予習したCDは以下です。

 アマデウス弦楽四重奏団 1961年9月 ハノーファー、ベートーヴェンザール
 
期待通りの美しい演奏で満足して聴きました。


2曲目のベートーヴェンの弦楽四重奏曲 第10番は思い違いで予習し損ねました。もっとも熟知している曲ですから問題ありません。


3曲目のバルトークの弦楽四重奏曲 第4番を予習したのは以下の3枚のLPと1枚のCDです。

 ハンガリー四重奏団(1961年) LP
 ジュリアード四重奏団(2回目録音、1963年) LP
 バルトーク四重奏団(1966年) LP
 エマーソン・カルテット(1988年) CD

LPの3枚は思い入れがあって、最近収集したLPですから、どれも素晴らしい演奏です。とりわけ、ジュリアード四重奏団はこの曲を初めて聴き、馴染んだ演奏なので、懐かしく聴きました。バルトーク四重奏団はジュリアード四重奏団以上に迫力のある演奏に驚かされます。CDのエマーソン・カルテットは完璧な演奏で、その美しい演奏に魅了されました。今のところ、これが最高の演奏です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

 

ザルツブルク音楽祭:皮切りはウィーン・フィル

2018年8月15日水曜日@ザルツブルク

旅の3日目、ザルツブルクSalzburgの2日目です。今日から4日間、ザルツブルク音楽祭で音楽三昧です。

今日はお天気も良さそうです。配偶者が起床すると、saraiはもちろん、まだ寝ています。saraiが寝ているうちに 配偶者が食料を調達してきましょう ということで、一人でお買い物に出かけます。この後は配偶者のお買い物体験記です。
このホテルは昨年も宿泊しました。滞在が2度目というのは勝手知ったる我が家という感じで便利です。ホテルの先にスーパーがあったはずです。ぶらぶらと散歩しながらスーパーを目指します。あれ、スーパーの中が暗い。今日は休みなのかしらと思いますが、よくよく考えてみると、まだ朝の9時前です。開店前ですね。どうも、旅に出ると、曜日や時間の感覚がおかしくなります。これは困ったと周りを見渡すと、100mほど先に何軒かお店が固まっているようで、車が停まっています。きっとパン屋さんでしょう。パン屋さんだけは、朝早くからやっていますからね。行ってみると、ケーキ屋さんです。カフェになっているようで、お客さんも何組か入っています。お店の中に入りケースをのぞくと、素敵なケーキと並んで、クロワッサンや甘いパンも並んでいます。

2019053001.jpg



クロワッサンはとっても美味しそうです。でも、飲み物は並んでいません。カッコよい若いお兄さんが二人でお店を仕切っています。何か持って帰れる飲み物はあるかしらと訊くと、コーヒーがいいの、紅茶がいいのと訊いてくれます。よかった! ついでに、水はあるかしらと訊くと、もちろんと、水のボトルをどこからか持ってきてくれます。クロワッサンとアプリコットのパンをお願いして待っていると、孫を連れた老夫婦のところに注文の品が運ばれて行きます。そのトレイを見ると、シャンパンとオレンジジュースでした。やはり、朝はシャンパンですよね。これがそのお店の外観です。なかなかお洒落でしょう。店先のテラス席のテーブルの上にあるのが購入したコーヒーです。

2019053002.jpg



お買い物ができ、配偶者がホテルに戻ると、saraiは既に起きています。さあ、朝食にしましょう。

実は、今回宿泊している部屋はホテルの最上階(4階)でテラスが付いています(料金が少々高い!のです)。せっかくですから、テラスで朝食を頂きましょう。爽やかな空気の中の朝食です。

2019053003.jpg



メンヒスベルクMönchsbergの岩山を間近に眺めながらの食事です。

2019053004.jpg



saraiはだらしなく、寝間着を着たままで食事をいただきます。我が家での朝食と同じでリラックス。

2019053005.jpg



これが今日の朝食。シンプルなものです。

2019053006.jpg



緑に包まれたメンヒスベルクを眺めながら、美味しく頂きました。

2019053007.jpg



さて、ぐずぐずはしていられません。11時からのコンサートが迫っています。ちゃっちゃっと用意をして出かけます。ホテルで出会う人達も、コンサートに出かける服装をした人が多いですね。それなりにお洒落をした人も自転車にまたがり、コンサート会場に向かっています。
メンヒスベルクの岩山のトンネルを通って、会場に到着。友人夫妻とも無事に合流します。祝祭大劇場Großes Festspielhausのロビーは着飾った人たちが静かに開演を待っています。

2019053008.jpg



朝1番のコンサートは、巨匠ムーティ指揮のウィーン・フィル演奏会です。昨年と同様に最前列中央のチケットをゲットしました。

2019053009.jpg



開演時間が迫り、ホール内に入り、最前列の席に着きます。

2019053010.jpg



最前列から見たホール内の様子です。

2019053011.jpg



やがて、ウィーン・フィルの面々がステージに並び、指揮者のムーティがステージに顔を現わします。久しぶりに見るムーティは少しお歳をめされた印象です。
シューマンの交響曲第2番はとても素晴らしい演奏でした。このコンサートの詳細な記事はここに既にアップ済みです。


これで1つ目のコンサート終了。

今日はまだ、オペラとコンサートの2つが残っています。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ザルツブルク音楽祭:衝撃のクリスティの《ポッペアの戴冠》、話題沸騰のクルレンツィスのベートーヴェンの交響曲第9番

2018年8月15日水曜日@ザルツブルク/2回目

saraiのザルツブルク音楽祭の初日の3公演、まずは午前11時からのムーティ指揮のウィーン・フィルの演奏を聴き終えたところです。素晴らしいシューマンでした。
次のオペラの開演までに、約2時間あります。軽く食事をしましょう。一番近そうなレストランへ。祝祭大劇場Großes Festspielhausのすぐ横手にあるレストラン・トリーアンゲルrestaurant triangelです。皆考えることは同じで混んでいます。もう満席と言われますが、室内でよいならと案内されます。室内の席はガラガラです。こちらの人はテラス席が大好きですね。注文はすぐに完了。当然のことながら、飲み物は出てきますが、食べ物はなかなか出てきません。友人夫妻とおしゃべりして待っていると、横をウィーン・フィルのコンミスのダナイローヴァがヴァイオリンを背負って、通っていきます。なんだかカッコいい! 先ほどのウィーン・フィルのコンサートで聴いたばかりです。オペラの開演まで1時間を切ります。お店の人も目が合うと、あと2分待ってねとのこと。20分後かなと思って待っていると、本当に数分で出てきました。
ささっと食べられるようにイタリアンを選びました。
リゾットです。

2019053101.jpg



モッツァレラチーズとトマトの平打ち麺のパスタです。

2019053102.jpg



美味しいです。が、もう若くない我々にとっては量が多いです。頑張って食べているうちに、オペラの開演まで30分を切ります。お店も席が空いてきます。ここからが大変。お会計をしようとしても、お店のスタッフは分かっているといいながら、お皿の片づけなどしてて、なかなか来てくれません。もうオペラが始まってしまうと叫んで、ようやくお会計をしてもらえました。

さあ、急いでオペラの公演の会場に駆け付けましょう。と言っても、会場のモーツァルト劇場Haus für Mozartはすぐ目の前。余裕で間に合います。
これから聴くオペラはバロックオペラ。モンテヴェルディの歌劇《ポッペアの戴冠》です。古楽のレジェンド、ウィリアム・クリスティの率いる古楽オーケストラのレザール・フロリサンの演奏。タイトルロールのポッペアを歌うのは世界で活躍するソプラノのソーニャ・ヨンチェバです。絶対に日本では聴けない豪華キャストのバロックオペラです。期待に胸がわくわく。
このオペラももちろん、最前列中央の席のチケットをゲット。

2019053103.jpg



オペラは、本当に素晴らしかった! 名匠クリスティの畢生の演奏のあまりの凄さに口あんぐり状態で笑ってしまうほどの衝撃を受けました。saraiのザルツブルク音楽祭初日から、これほどの音楽を聴けるとは恐れ入りました。手練れの演奏家、歌手を集めて、クリスティが練りに練った音楽はこれぞ究極と思えるほどの素晴らしい音楽で、一瞬も気が抜けない緊張感を持って拝聴しました。
ご一緒した友人ご夫妻も相当感激したようで、初体験にして、リピーターになりそうな勢いでした。
このオペラの詳細な記事はここに既にアップ済みです。

このオペラの後、友人夫妻とはお別れ。彼らは夕方のザルツブルクの街を楽しみ、それから、ミュンヘンに移動し、明日は日本に帰ります。また、日本で再会しましょう。

我々は、いよいよ今日最後のコンサートです。今回のザルツブルク音楽祭訪問の動機ともなったメインのコンサートです。今年のザルツブルク音楽祭の最大の話題の公演、異才クルレンツィス率いるムジカエテルナによるベートーヴェンの交響曲第9番です。この公演を皮切りにベートーヴェンの全9曲の交響曲ティクルスが始まります。さすがにそのティクルス全部はスケジュール的に聴けないと思い、今日の交響曲第9番と2回目のコンサートの2回だけを聴くつもりでしたが、彼らの人気を甘くみていました。まったくチケットが入手できないんです。仕方なく、今日の公演のチケットだけは法外のプレミア料金を払って、何とか入手しました。そのチケットを昨夜、ホテルで受け取ったんです。そのプラチナチケットがこれ。

2019053104.jpg



公演は夜8時からですから、開演まで、まだ1時間以上あります。カフェ・トマッセリCafé Tomaselliで何かいただき、ちょっと休憩して、気持ちを切り替えましょう。
カフェ・トマッセリは相変わらず混んでいますが、意外にも人気の2階席が空いています。テラス端のテーブルを片付けてもらい、アルターマルクト広場Alter Marktを行き交う人々を眺めながら、ゆったりとした気持ちになります。澄み切った青空の下、ザルツブルク大聖堂Dom zu Salzburgの尖塔とホーエンザルツブルク城estungHohensalzburgの雄姿も見えています。

2019053105.jpg



このカフェご自慢のアイスクリームをいただきます。美味しく味わいます。

2019053106.jpg



さて、いよいよ、本日3回目の出陣です。祝祭大劇場前のホーフシュタールガッセHofstallgasseにタキシードを着こんだsaraiが立ちます。気合は十分。

2019053107.jpg



さあ、コンサート会場のフェルゼンライトシューレFelsenreitschuleに入りましょう。開演10分前に席に着きます。岩壁の前のステージが見えています。少し左のほうの席ですが、まあまあの席です。

2019053108.jpg



どんな演奏になるか、予想もつかないと思いましたが、結局はほぼ予想通りの演奏でした。オリジナル楽器(コピーも含む)オーケストラによる演奏は歯切れがよい高速演奏で、従来型のモダン楽器による演奏はロマン過多に思えてしまいます。楽器だけの違いではなく、作曲当時に立ち返った歴史的スタイルの演奏になります。もちろん、ベートーヴェンの時代の演奏が正確にどうだったのかは知る由もありませんが、要はそうだったのかと信じさせる力が演奏者にあるかどうかです。天才の呼び声高いクルレンツィスは実に説得力のある演奏をしました。
でも、結局、saraiは古い人間です。ベートーヴェンに関する限り、フルトヴェングラーから足を洗うことはあるまいと確信したのも事実です。

このコンサートの詳細な記事はここに既にアップ済みです。

コンサートを終え、飲み物を買って、メンヒスベルクMönchsbergの岩山のトンネルを抜けてホテルへ。そのままベッドに倒れ込んで、長い優雅な1日は終了です。

明日も音楽三昧。名メゾ・ソプラノのチェチーリア・バルトリがタイトルロールを歌うロッシーニのオペラ《アルジェリアのイタリア女》と巨匠アンドラーシュ・シフのピアノによるバッハの平均律クラヴィーア曲集第2巻の豪華2本立てです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

天野さん

saraiです。初めまして。コメントありがとうございます。ブログを書く励みになります。当日は快晴で素晴らしい日でしたが、夏の陽光がまぶしいほどで暑さに悩ま

09/27 14:15 sarai

充実した心豊かなご様子に励まされます.
情報、有り難うございました.
いつか、ふらっと訪ねてみたいです.

09/27 09:23 天野哲也

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR