FC2ブログ
 
  

デュッセルドルフ散策:ケーニッヒスアレーとハイネの家

2018年8月13日月曜日@デュッセルドルフ

初のデュッセルドルフDüsseldorfの町歩きに出かけます。一番の目的は作曲家ロベルト・シューマンと妻クララ・シューマンの暮らした最後の家を見ることです。
まずはホテルを出て、デュッセルドルフ中央駅Düsseldorf Hbfの前に出ます。

2019050301.jpg



旧市街の中心へは、Uバーン(地下鉄)で3駅です。Uバーン乗り場はデュッセルドルフ中央駅の地下にあります。

2019050302.jpg



Uバーンに乗るためには空港で購入した1日券もつかえますが、宿のお姉さんからサービスでいただいた今日と明日の1日乗車券もあります。万全です。

2019050303.jpg



Uバーンのホームで電車を待ちます。

2019050304.jpg



やってきたUバーンの電車で旧市街に移動。ハインリッヒ・ハイネ・アレー駅Heinrich-Heine-Alleeで下車。旧市街のこの地下駅はデパートの地下と直結しています。デパートを通って地上へ出ます。緑の多い大きな通りがあります。初めての町なので、どこなのか、さっぱり分かりません。

2019050305.jpg



まるで公園のような大通りです。どうやら、ケーニッヒスアレーKönigsalleeのようです。旧市街の繁華街とは反対側に出たようです。

2019050306.jpg



ケーニッヒスアレーの中には綺麗な噴水も見えます。

2019050307.jpg



綺麗な公園通りなので、少し歩いてみましょう。噴水のある広場の反対方向には濠のような水路(運河?)が伸びています。

2019050308.jpg



中央の緑の公園の両横が車道になっています。

2019050309.jpg



中央の緑の広場の中に立ちます。目の前には今出てきた大きなデパート、ガレリア・カウフホ-フ・ケーニッヒスアレー店Galeria Kaufhof Königsallee Dusseldorfがあります。

2019050310.jpg



大通りには、立派な石造りの建物が並んでいます。デュッセルドルフは凄く大きな街ですね。

2019050311.jpg



ケーニッヒスアレーの緑の公園、コルネリウスプラッツCorneliusplatzをぶらぶら歩いていきます。

2019050312.jpg



公園の中央にある噴水です。

2019050313.jpg



ケーニッヒスアレーに面する奇妙な外観のビルが目を惹きます。ケー・ボーゲンKö-Bogenという高級ショッピングモールです。

2019050314.jpg



デパートのお隣にある古色蒼然とした建物は5つ星ホテルのシュタイゲンベルガー パークホテル デュッセルドルフSteigenberger Parkhotel Düsseldorf。

2019050315.jpg



ケーニッヒスアレーを離れて、デパートとホテルの間の通り、エルバーフェルダー通りElberfelder Straßeを歩いていくと、ケーニッヒスアレーと並行する大通り、ハインリッヒ・ハイネ・アレーHeinrich-Heine-Alleeに出ます。この通りの先に明日訪問予定のK20州立美術館K20, Kunstsammlung Nordrhein-Westfalenがある筈ですが、豊かな緑に遮られて見えませんね。

2019050316.jpg



大通りを渡ると、旧市街の繁華街への道、ボルカー通りBolkerstraßeに入ります。

2019050317.jpg



このボルカー通りも緑が多いですね。雰囲気のよい通りです。このデュッセルドルフには日本の企業が多く進出していて、日本人が多い街と聞きます。でも、日本人は見かけません。観光客らしき人もいません。

2019050318.jpg



ズラーっと居酒屋(ビヤハウス?)さんが軒を連ね、ハッピーアワーが始まった時間のせいか、お店の前のスタンドは客で溢れています。ビジネスマンのような若い人が多いです。テーブルの上は、ビールのみ。

2019050319.jpg



その通りをどんどん奥に進みます。目指すは、詩人ハインリッヒ・ハイネの家Heine Hausで、今は本屋さんになっているそうです。すぐに発見。白を基調とした爽やかなお店。

2019050320.jpg



なかなか立派なお店です。ちょっと中に入ってみましょう。

2019050321.jpg



奥にずっと伸びた細長いお店で、突き当りがカフェになっています。クッションもあり、リビングでくつろぐ感じになっています。日本では見たこともないような大型のお洒落な犬が、クッションで寝ています。

2019050322.jpg



講演会でもありそうな椅子を並べたエリアもあります。

2019050323.jpg



ハイネの詩集(ドイツ語は読めないけど)でも片手にお茶したいところですが、カフェの営業時間を過ぎています。残念。

ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2019050324.jpg



シューマンの家を目指して、さらに通りを進みます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR