FC2ブログ
 
  

デュッセルドルフK20州立美術舘訪問:公園散策を終え、美術館に参上

2018年8月14日火曜日@デュッセルドルフ/2回目

デュッセルドルフDüsseldorfのK20州立美術舘K20, Kunstsammlung Nordrhein-Westfalenでの美術鑑賞の前に時間調整がてら、通りの向かいにある公園、ホーフ ガルテン Hofgartenを散歩しているところです。

ロベルト・シューマンの頭部だけの彫像の近くに、ヘンリー・ムーアの彫刻が置いてあります。《二つに分かれた横たわる人体》「Two Piece Reclining Figure」です。いかにもムーアらしい作品です。

2019050801.jpg



公園には隣接して、奇妙な外観のビル、高級ショッピングモールのケー・ボーゲンKö-Bogenが見えています。

2019050802.jpg



その奇妙な建物を背景にして、ホーフガルテンの戦争記念碑Kriegerdenkmal im Hofgartenがあります。ドイツ統一戦争(1864-66)と普仏戦争(1870/71)を戦ったデュッセルドルフの兵士たちに捧げられたものです。傷ついて横たわる若い戦士にライオンが寄り添っています。

2019050803.jpg



この静かな公園の池の向こうには近代的なビルがあり、奇妙な対照を見せています。

2019050804.jpg



池の周りには水鳥がたくさん群れています。都会の中心にこういう自然が共生しているのは素晴らしいですね。

2019050805.jpg



さて、池にかかるゴルデーネ橋(黄金の橋)Goldene Brückeを渡って、池の向こう側に行ってみましょう。

2019050806.jpg



橋を渡ると、綺麗な緑の丘が続いています。saraiの到来に驚いた鳥が飛び立ちます。

2019050807.jpg



ここには変わった泉があります。メルヘンの泉Märchenbrunnenです。

2019050808.jpg



3人の子供たちの彫像が見下ろす先には、カエルたちが妙に絡み合った姿で控えています。カエルたちも3匹かな。

2019050809.jpg



公園の野原では鳥たちが遊んでいます。

2019050810.jpg



白鳥の飼育小屋Schwanenhaus Im Hofgartenの前にはたくさんの鳥たちが水面を賑わしています。飼育員のかたが青いビニールを振っています。なんでしょうね。

2019050811.jpg



いやはや、鳥たちが大騒ぎです。飼育員のかたの鳥たちの世話も大変でしょう。

2019050812.jpg



しばらく、鳥たちの様子を眺めていますが、とても近づける状態ではありません。不意にアルフレッド・ヒチコックの映画《鳥》のシーンを思い出して、ぞっとします。

2019050813.jpg



要らぬことを想像してしまいました。いかん、いかん・・・。

野鳥の絵入りの説明板がありますが、これを見てもどの鳥が何なのかはよく分かりません。

2019050814.jpg



のんびり公園の散歩を楽しみましたが、そろそろ退散しましょう。美術館の開館時間も迫ってきます。
公園を出て、大通り、ハインリッヒ・ハイネ・アレーHeinrich-Heine-Alleeを渡って、K20州立美術舘に向かいます。

2019050815.jpg



美術館の前に出ます。

2019050816.jpg



全面、ガラスに覆われた美しいデザインの美術館です。

2019050817.jpg



ところが、どこが入り口か、分かりません。ガラス越しに中のロビーは見えているんですけどね。

2019050818.jpg



ちょっとうろうろします。

2019050819.jpg



結局はまだ開館時間になっていなかったので、入り口がオープンしていなかっただけです。人の流れを追い、美術館へはオープンと同時に入場です。お昼にはミュンヘン行のICEに乗らなければならないので、ちゃっちゃっと名画を鑑賞しましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR