FC2ブログ
 
  

デュッセルドルフK20州立美術舘訪問:公園散策を終え、美術館に参上

2018年8月14日火曜日@デュッセルドルフ/2回目

デュッセルドルフDüsseldorfのK20州立美術舘K20, Kunstsammlung Nordrhein-Westfalenでの美術鑑賞の前に時間調整がてら、通りの向かいにある公園、ホーフ ガルテン Hofgartenを散歩しているところです。

ロベルト・シューマンの頭部だけの彫像の近くに、ヘンリー・ムーアの彫刻が置いてあります。《二つに分かれた横たわる人体》「Two Piece Reclining Figure」です。いかにもムーアらしい作品です。

2019050801.jpg



公園には隣接して、奇妙な外観のビル、高級ショッピングモールのケー・ボーゲンKö-Bogenが見えています。

2019050802.jpg



その奇妙な建物を背景にして、ホーフガルテンの戦争記念碑Kriegerdenkmal im Hofgartenがあります。ドイツ統一戦争(1864-66)と普仏戦争(1870/71)を戦ったデュッセルドルフの兵士たちに捧げられたものです。傷ついて横たわる若い戦士にライオンが寄り添っています。

2019050803.jpg



この静かな公園の池の向こうには近代的なビルがあり、奇妙な対照を見せています。

2019050804.jpg



池の周りには水鳥がたくさん群れています。都会の中心にこういう自然が共生しているのは素晴らしいですね。

2019050805.jpg



さて、池にかかるゴルデーネ橋(黄金の橋)Goldene Brückeを渡って、池の向こう側に行ってみましょう。

2019050806.jpg



橋を渡ると、綺麗な緑の丘が続いています。saraiの到来に驚いた鳥が飛び立ちます。

2019050807.jpg



ここには変わった泉があります。メルヘンの泉Märchenbrunnenです。

2019050808.jpg



3人の子供たちの彫像が見下ろす先には、カエルたちが妙に絡み合った姿で控えています。カエルたちも3匹かな。

2019050809.jpg



公園の野原では鳥たちが遊んでいます。

2019050810.jpg



白鳥の飼育小屋Schwanenhaus Im Hofgartenの前にはたくさんの鳥たちが水面を賑わしています。飼育員のかたが青いビニールを振っています。なんでしょうね。

2019050811.jpg



いやはや、鳥たちが大騒ぎです。飼育員のかたの鳥たちの世話も大変でしょう。

2019050812.jpg



しばらく、鳥たちの様子を眺めていますが、とても近づける状態ではありません。不意にアルフレッド・ヒチコックの映画《鳥》のシーンを思い出して、ぞっとします。

2019050813.jpg



要らぬことを想像してしまいました。いかん、いかん・・・。

野鳥の絵入りの説明板がありますが、これを見てもどの鳥が何なのかはよく分かりません。

2019050814.jpg



のんびり公園の散歩を楽しみましたが、そろそろ退散しましょう。美術館の開館時間も迫ってきます。
公園を出て、大通り、ハインリッヒ・ハイネ・アレーHeinrich-Heine-Alleeを渡って、K20州立美術舘に向かいます。

2019050815.jpg



美術館の前に出ます。

2019050816.jpg



全面、ガラスに覆われた美しいデザインの美術館です。

2019050817.jpg



ところが、どこが入り口か、分かりません。ガラス越しに中のロビーは見えているんですけどね。

2019050818.jpg



ちょっとうろうろします。

2019050819.jpg



結局はまだ開館時間になっていなかったので、入り口がオープンしていなかっただけです。人の流れを追い、美術館へはオープンと同時に入場です。お昼にはミュンヘン行のICEに乗らなければならないので、ちゃっちゃっと名画を鑑賞しましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR