FC2ブログ
 
  

新常任指揮者ヴァイグレ、見事なブルックナー 読売日本交響楽団@サントリーホール 2019.5.14

第9代常任指揮者のカンブルランが去り、とても残念に思っていました。今でも戻ってくれたらと思っています。で、読響の新しい第10代常任指揮者のセバスティアン・ヴァイグレがいよいよサントリーホールのステージに登場。期待半分、不安半分の気持ちでその指揮する演奏を聴きます。曲はブルックナーの交響曲第9番。いきなり、大曲での登場ですね。その意欲を買いたいところです。そもそも、このブルックナーの交響曲第9番を演奏する場合、指揮者もオーケストラもその威信にかけて、十分なリハーサルを積んで、最高のパフォーマンスを発揮するのが常です。今日はどうでしょう。

素晴らしいブルックナーでした! まずは新常任指揮者ヴァイグレはどの声部も驚くほどよく鳴らせます。今までこの曲で気が付かなかったようなフレーズが浮かび上がってきます。とても新鮮で鮮やかな響きに魅了されます。それでも第1楽章は硬かったような印象がありました。第2楽章に入ると、さらにオーケストラの響きの切れが素晴らしくなります。第3楽章は桃源郷のような美しい響きに満ち溢れます。とても見事な演奏でした。欲を言えば、少し音楽的な感動が欲しかったところですが、この美しい演奏を聴ければ満足です。

ヴァイグレと読響は今後、さらに関係を深めていくことで、より高い演奏を目指せると確信しました。期待しています。


今日のプログラムは以下です。

  指揮:セバスティアン・ヴァイグレ
  管弦楽:読売日本交響楽団 長原 幸太(コンサートマスター)

  ヘンツェ:7つのボレロ

   《休憩》

  ブルックナー:交響曲第9番 ニ短調 WAB.109

最後に予習について、まとめておきます。

1曲目のヘンツェはCDが入手できず、予習はしていません。


2曲目のブルックナーの交響曲第9番を予習したCDは以下です。

 カール・シューリヒト指揮ウィーン・フィル 1961年11月20-22日、ウィーン、ムジークフェライン
 
決定盤の誉れ高い演奏ですが、以前、LPで聴いたときの印象が悪くて、そのままになっていましたが、音質のよいCDで聴き直すとその素晴しさが納得できました。今回はハイレゾで聴いてみましたが、さらに素晴らしさが分かります。音楽の本質を聴きとるのって、なかなか難しいものです。ともあれ、素晴らしいブルックナーの交響曲第9番を聴けて、幸せです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR