FC2ブログ
 
  

デュッセルドルフK20州立美術舘:エルンストのシュールな作品群、そして、ミロ、クレーの超傑作

2018年8月14日火曜日@デュッセルドルフ/11回目

デュッセルドルフDüsseldorfのK20州立美術舘K20, Kunstsammlung Nordrhein-Westfalenで20世紀の名画を鑑賞中です。


マックス・エルンストの《愚か者》です。1961年、エルンスト70歳頃に制作された作品です。エルンストは老境に至ってもユーモラスな彫刻作品を創り続けます。作品の意図は己に向けたものか、世間に向けたものか、それともいずれにも該当するのか。何となく、同じ年齢層に達したsaraiには、その屈折したアーティストの気持ちが分かるような気がします。少し、エルンストへの尊敬の念が沸き起こる感じです。

2019052001.jpg



ジョアン・ミロの《夜の女たちと鳥たち》です。1945年、ミロ52歳頃に描かれた作品です。白い背景の上に何とも楽し気な光景が描かれています。ミロの傑作の一枚です。

2019052002.jpg



マックス・エルンストの《愛のカルマニョール》です。1926年、エルンスト35歳頃に描かれた作品です。カルマニョールと言うのは、フランドル風にギャロップで踊られる輪舞のことです。フランス革命 (1789年) のとき,バスティーユが陥落した際にパリで踊られた事実が知られています。黒い男と白い女が踊り狂う様子が表現主義風に描かれています。

2019052003.jpg



マックス・エルンストの《最初の明確な言葉》です。1923年、エルンスト32歳頃に描かれた作品です。シュールレアリスムの作品です。女性の手が右の窓の開口部から手を差し伸べています。彼女は2本の交差した指の間に赤いボールをつまんでいるので、滑り落ちる恐れがあります。ボール自体は、壁の2本の釘の上を通り、壁の左端にある狭い壁の部分から細い「絹」の糸にぶら下がっています。このバッタのような生き物は、手のちょっとの緩みのせいで、指を開いてボールを落とすと、それがバッタを引き裂くことになります。明解なシーンですが、実にシュールです。

2019052004.jpg



マックス・エルンストの《エディプス I》です。1934年、エルンスト43歳頃に制作された作品です。父親を殺し母親と結婚したギリシア神話のエディプス (オイディプス) 王をテーマにしていますが、そんなに深刻なイメージの作品ではありません。むしろ、エディプス・コンプレックスという
精神分析の用語をイメージした、男子が母親に性愛感情をいだき,父親に嫉妬する無意識の葛藤感情を想起させます。あくまでも無邪気なユーモラスな性格の彫像です。

2019052005.jpg



パウル・クレーの再登場です。《黒い領主schwarzer Fürst》です。1927年、クレー48歳頃に描かれた作品です。邪悪な王様(ヒットラー?)を描いたものかもしれませんが、あまりに芸術的に昇華した傑作になっています。漆黒の表現がとても美しいですね。

2019052006.jpg



マックス・エルンストの《揺らぐ女》です。1923年、エルンスト32歳頃に描かれた作品です。シュールレアリスムの作品ですが、表現主義的な傾向もあります。「揺れる女」は人間とオートマトンの間の存在として描かれています。超現実の世界でのみ、存在できる自由な半人間の形態です。おぞましくもあり、超越的でもあります。

2019052007.jpg



マックス・エルンストの《我々の後の母性》です。1927年、エルンスト36歳頃に描かれた作品です。エルンストにとって、芸術創作の初期から、鳥は重要な要素でした。この作品では、鳥と人間の遷移状態、すなわち、鳥人間(ロップロップLoplop)が幻想的な画面に描かれています。これも彼のシュールレアリスムの世界です。鳥人間が抱く子供の姿はある意味、聖母子に通じるのでしょうが、ファンタジックともグロテスクとも言えます。世界が病んでいるのか、画家自身が病んでいるのか、捉えがたい世界です。

2019052008.jpg



K20州立美術館の20世紀美術コレクションでエルンストも重要な存在です。何故ならば、彼もナチスに退廃芸術の烙印を押され、辛酸を味わったからです。退廃芸術のすべからくがこの美術館ではレゾン・デートルの位置を占めます。過去の清算なしには未来がないからです。また、クレーの1点が登場しましたが、いよいよ、クレーの傑作群が最後の輝きを放ちます。ご期待作品ですが、



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR