FC2ブログ
 
  

ザルツブルク音楽祭:皮切りはウィーン・フィル

2018年8月15日水曜日@ザルツブルク

旅の3日目、ザルツブルクSalzburgの2日目です。今日から4日間、ザルツブルク音楽祭で音楽三昧です。

今日はお天気も良さそうです。配偶者が起床すると、saraiはもちろん、まだ寝ています。saraiが寝ているうちに 配偶者が食料を調達してきましょう ということで、一人でお買い物に出かけます。この後は配偶者のお買い物体験記です。
このホテルは昨年も宿泊しました。滞在が2度目というのは勝手知ったる我が家という感じで便利です。ホテルの先にスーパーがあったはずです。ぶらぶらと散歩しながらスーパーを目指します。あれ、スーパーの中が暗い。今日は休みなのかしらと思いますが、よくよく考えてみると、まだ朝の9時前です。開店前ですね。どうも、旅に出ると、曜日や時間の感覚がおかしくなります。これは困ったと周りを見渡すと、100mほど先に何軒かお店が固まっているようで、車が停まっています。きっとパン屋さんでしょう。パン屋さんだけは、朝早くからやっていますからね。行ってみると、ケーキ屋さんです。カフェになっているようで、お客さんも何組か入っています。お店の中に入りケースをのぞくと、素敵なケーキと並んで、クロワッサンや甘いパンも並んでいます。

2019053001.jpg



クロワッサンはとっても美味しそうです。でも、飲み物は並んでいません。カッコよい若いお兄さんが二人でお店を仕切っています。何か持って帰れる飲み物はあるかしらと訊くと、コーヒーがいいの、紅茶がいいのと訊いてくれます。よかった! ついでに、水はあるかしらと訊くと、もちろんと、水のボトルをどこからか持ってきてくれます。クロワッサンとアプリコットのパンをお願いして待っていると、孫を連れた老夫婦のところに注文の品が運ばれて行きます。そのトレイを見ると、シャンパンとオレンジジュースでした。やはり、朝はシャンパンですよね。これがそのお店の外観です。なかなかお洒落でしょう。店先のテラス席のテーブルの上にあるのが購入したコーヒーです。

2019053002.jpg



お買い物ができ、配偶者がホテルに戻ると、saraiは既に起きています。さあ、朝食にしましょう。

実は、今回宿泊している部屋はホテルの最上階(4階)でテラスが付いています(料金が少々高い!のです)。せっかくですから、テラスで朝食を頂きましょう。爽やかな空気の中の朝食です。

2019053003.jpg



メンヒスベルクMönchsbergの岩山を間近に眺めながらの食事です。

2019053004.jpg



saraiはだらしなく、寝間着を着たままで食事をいただきます。我が家での朝食と同じでリラックス。

2019053005.jpg



これが今日の朝食。シンプルなものです。

2019053006.jpg



緑に包まれたメンヒスベルクを眺めながら、美味しく頂きました。

2019053007.jpg



さて、ぐずぐずはしていられません。11時からのコンサートが迫っています。ちゃっちゃっと用意をして出かけます。ホテルで出会う人達も、コンサートに出かける服装をした人が多いですね。それなりにお洒落をした人も自転車にまたがり、コンサート会場に向かっています。
メンヒスベルクの岩山のトンネルを通って、会場に到着。友人夫妻とも無事に合流します。祝祭大劇場Großes Festspielhausのロビーは着飾った人たちが静かに開演を待っています。

2019053008.jpg



朝1番のコンサートは、巨匠ムーティ指揮のウィーン・フィル演奏会です。昨年と同様に最前列中央のチケットをゲットしました。

2019053009.jpg



開演時間が迫り、ホール内に入り、最前列の席に着きます。

2019053010.jpg



最前列から見たホール内の様子です。

2019053011.jpg



やがて、ウィーン・フィルの面々がステージに並び、指揮者のムーティがステージに顔を現わします。久しぶりに見るムーティは少しお歳をめされた印象です。
シューマンの交響曲第2番はとても素晴らしい演奏でした。このコンサートの詳細な記事はここに既にアップ済みです。


これで1つ目のコンサート終了。

今日はまだ、オペラとコンサートの2つが残っています。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR