FC2ブログ
 
  

ザルツブルク音楽祭:メンヒスベルクの丘の上の散策

2018年8月17日金曜日@ザルツブルク

旅の5日目、ザルツブルクSalzburgの4日目です。ザルツブルク音楽祭で音楽三昧の真っ最中です。

旅の朝、起きてカーテンを開けるとき、かなり緊張します。そーっと開けると、今日も青空です。ヤッター!
配偶者は普通に起きましたが、例のごとく、saraiはまだ寝ています。saraiの起きる前に洗濯をしてしまいましょう。
配偶者がパソコンで遊んでいても、まだまだsaraiが目覚めません。
テラスに出て読書をしていると、ようやくsaraiがお目覚めです。
昨日の残りで朝食にしましょう。テラスで、青空を眺めながら食事をしていると、夏の軽井沢はこんな感じなのかと思います。もっとも、今年は軽井沢も暑かったらしいけど。足元が冷えてくる涼しさです。

朝食後は、孫への絵葉書を出しに行き、その後、ザルツブルクの街中をぶらりと歩いてきましょう。今日のザルツブルク音楽祭のコンサートは夜の一つだけなので、それまではゆっくりと時間を過ごせます。
いつも通り岩山のトンネルを抜けて、旧市街の郵便局へ。郵便局がレジデンツ広場Residenzplatzにあるのは、既によく分かっています。首尾よく、孫への絵葉書を投函。その辺りをブラブラし、カーウントカーレストラン アム ヴァーグプラッツ K+K am Waagplatz - Restaurant & Tagesbarを見つけ、明日のランチは、ちょっと贅沢をして、ここにしようと話します。もう、明日でザルツブルク滞在も終わりですからね。
今日も、旧市街は大勢の人でごった返しています。混雑を避けてメンヒスベルクを散歩し、丘の上からザルツブルクを眺めるのがよさそうですね。レジデンツ広場からアルターマルクト広場Alter Marktに抜けていきます。広場の南側のオープンテラスのザルツブルガーカフェSalburger Caféの横には、お馴染みの金ぴかの気象観測ポイントがあります。謎のような施設です。

2019060401.jpg



オープンテラスのザルツブルガーカフェは多くの人で賑わっています。

2019060402.jpg



もう一度、この不思議な気象観測ポイントを眺めます。湿度計などがあり、それらの観測結果が記録されているようです。

2019060403.jpg



クアフュルスト通りChurfürststraßeの路地を抜けて、ジグムント・ハフナー小路Sigmund-Haffner-Gasseの路地を南に向かいます。路地沿いのギャラリーのショーウィンドウに浮世絵が飾ってあります。

2019060404.jpg



これがジグムント・ハフナー小路の北の方を眺めたところです。路地の先には旧市庁舎Altes Rathausの時計塔が見えています。

2019060405.jpg



ジグムント・ハフナー小路の南の端で、フランツィスカーナー修道院の庭園Garten der Franziskanerにぶつかります。

2019060406.jpg



ジグムント・ハフナー小路の南の端にあるフランツィスカーナー教会Franziskanerkircheの入り口にはモーツァルトの音楽のコンサートの予告が張り出されています。スケジュールさえ合えば、こういうものも聴きたいものです。

2019060407.jpg



ザルツブルク祝祭大劇場Großes Festspielhausの前に出ます。

2019060408.jpg



モーツァルト劇場Haus für Mozartの横手の壁に沿った階段、クレメンス・ホルツマイスター階段Clemens-Holzmeister-Stiegeを上ります。ザルツブルク大聖堂Dom zu Salzburgも見渡せます。

2019060409.jpg



いつ上っても、この階段は急です。途中で下を見下ろすとこんな感じです。でも、一気にメンヒスベルクMönchsbergに上がれるから重宝なんですけどね。

2019060410.jpg



一段一段踏みしめながら、ゆっくりゆっくり登ります。ようやく、シュテファン・ツヴァイク・センターStefan Zweig Centreの前まで登り詰めます。

2019060411.jpg



旧市街の屋根屋根と教会の塔が見下ろせます。

2019060412.jpg



ここからまだ、上りの山道は続きます。と、カラ~ン、コロ~ンとあちこちの教会から鐘の音が響いてきます。ちょど12時のようです。この鐘の音に後押しされて、頑張る力が湧いてきます。祝祭大劇場を右手に見ながら、途中のベンチで休み休み登ります。

2019060413.jpg



木々の間から、旧市街が時折、顔を見せます。

2019060414.jpg



ようやく丘の上に出ます。ザルツァッハ川の対岸がよく見えます。カプツィナーベルクKapuzinerbergの小高い丘が存在感を見せています。

2019060415.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2019060416.jpg



メンヒスベルクの丘の上の散策は続きます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR