FC2ブログ
 
  

メルヘン街道をまっしぐら

2018年8月19日日曜日@ザルツブルク~リューベック/5回目

ザルツブルクSalzburgからリューベックLübeckまで、合計9時間の長時間の鉄道旅の真っ最中です。ミュンヘン中央駅München HbfからハンブルクHamburgまで、ICEで遠距離移動中です。現在、ICEはヴュルツブルクWürzburgを出発しました。

すぐにヴュルツブルクの町なかを抜けて、緑豊かな郊外を走ります。

2019061901.jpg



やがて、マイン川Mainが見えてきます。

2019061902.jpg



広大な大平原の中を走っていきます。ちょうど緑の農地と刈り入れ後の土の農地に分かれています。しかし、この大平原がすべて農地というのは、ドイツ、そして、ヨーロッパの底知れぬ豊かさを感じます。

2019061903.jpg



やがて、周り中、土くれだけの大地が広がります。いずれ、ここも緑が芽吹いて、豊かな農地になるんでしょう。

2019061904.jpg



しばらく走って、マイン川に別れを告げます。マイン川はこの先、フランクフルトに向かいます。この旅の終わりはフランクフルト空港ですから、また、マイン川に再会できるでしょう。

2019061905.jpg



ICEはフルダFuldaの町に入っていきます。

2019061906.jpg



フルダに定刻に到着。

2019061907.jpg



ここでもそれなりの乗降があります。フルダはちょうどフランクフルトとベルリンの中間くらいの位置にあり、8世紀頃にドイツでキリスト教の布教活動をした聖人ボニファティウスの墓がこのフルダの大聖堂の霊廟にあり、宗教都市としての存在感を持っています。ゲーテも故郷のフランクフルトとワイマールの往復の途中によく立ち寄ったそうです。

2019061908.jpg



フルダを出たICEはまた、平原の中を走り抜けます。

2019061909.jpg



次の停車駅、カッセル・ヴィルヘルムスヘーエKassel-Wilhelmshöheに到着。ここはグリム兄弟が長く住んだところ。ドイツ・メルヘン街道Deutsche Märchenstraßeの町の一つです。

2019061910.jpg



この駅を過ぎるあたりで、長旅の疲れでsaraiはぐっすりと寝入ります。

2019061911.jpg



ICEが走る線路の傍らには常にアウトバーン 7(Bundesautobahn 7)が並行して走っています。時折、線路と交差して、右側に出たり、左側に出たりしています。ドイツの中央を縦断する大動脈らしく、多くの車が走っています。

2019061912.jpg



平原の彼方にゲッティンゲンGöttingenらしき町が見えてきます。

2019061913.jpg



定刻より少し遅れて、ゲッティンゲンに到着。メルヘン街道のほぼ中央に位置する町です。グリム兄弟が教鞭をとっていたゲッティンゲン大学Georg-August-Universität Göttingenは30人以上のノーベル賞受賞者を生んだ名門大学です。

2019061914.jpg



ゲッティンゲンを出ると、また、相変わらずの大平原。

2019061915.jpg



ところで、アイスクリーム売りのお兄さんが来たのにはビックリ。初体験です。ぐっすり寝ていたsaraiが耳ざとくその売り声に気づきますが、残念ながら既に完売したようです。時々、クッキーはいかがとサービスで配ってくれます。6時間の長旅も、車窓を眺め、メルヘン街道沿いの駅を確認し、飽きることなく時間は過ぎていきます。

やがて、ハノーファーHannoverの町に入っていきます。

2019061916.jpg



なかなかの大都市です。

2019061917.jpg



ハノーファーには定刻に到着。駅近くのタワーに上には、VWのフォルクスワーゲンのマークが見えます。この近くにはフォルクスワーゲンの本社もあり、このあたりはフォルクスワーゲンの企業城下町のようです。

2019061918.jpg



ここでずい分、ファーストクラスの車両も乗客が少なくなります。

2019061919.jpg



もう、ハンブルクまで1時間ちょっとになります。いよいよ長旅も終盤を迎えますが、この後、また、トラブルに出会います。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR