FC2ブログ
 
  

夕景のリューベック:大聖堂を過ぎて、ザンクト・アンネン通りへ

2018年8月19日日曜日@リューベック/8回目

夕暮れのリューベックLübeckを散策しています。トラヴェ川Traveの畔から聖ペトリ教会St. Petri Kircheまで歩いてきて、美しい聖ペトリ教会の姿に魅了されました。
その聖ペトリ教会を過ぎて、何本もの通りが交差するクリンゲンベルクKlingenbergにやってきます。この広場には涼しそうな噴水が上がっています。

2019062201.jpg



ここから続くプフェーデマルクト通りPferdemarktの先には教会の塔が見えています。大聖堂Dom zu Lübeckですね。

2019062202.jpg



大聖堂に向かって、プフェーデマルクト通りを歩きます。通りの両側の建物のファサードは立派ですね。

2019062203.jpg



あれっ、教会の塔が2つありますね。どうやら、左側の塔が大聖堂のようです。

2019062204.jpg



さらに近づきます。右の教会の塔は聖心教会Propsteikirche Herz Jesuです。

2019062205.jpg



大聖堂の塔に近づきます。何と大聖堂の尖塔は2本あります。真横から見ていたので、2本の尖塔が重なって見えていたんですね。

2019062206.jpg



大聖堂の前には、大聖堂を守るようにライオン像が設置されています。

2019062207.jpg



このライオン像はリューベックの町を再建したザクセン大公、ハインリッヒ獅子公に因んだものだそうです。ハインリッヒ獅子公は12世紀を生きた人物です。彼は1157年に大火に見舞われたリューベックの町を1159年に再建しました。

2019062208.jpg



大聖堂の2本の尖塔を下から見上げます。もともとはロマネスク様式だったようですが、その後、現在のゴシック様式に改修されました。とても美しいですね。

2019062209.jpg



少し離れて尖塔を眺めます。とても印象的です。

2019062210.jpg



北側の側面から教会を眺めます。重厚な煉瓦造りの建物です。

2019062211.jpg



大聖堂の内部は見学せずにフェーゲフォイアー通りFegefeuerを抜けて、ミューレン通りMühlenstraßeに出ます。

2019062212.jpg



ミューレン通りを横断して、そのまま直進して、ザンクト・アンネン通りSt.-Annen-Straßeに入ります。美しい建物が建ち並んでいます。右手の立派な建物はギリシャ料理店です。

2019062213.jpg



通りを進むと、右手に煉瓦造りの立派な建物、ムゼウムシュクヴァルティアー・ザンクト・アンネンMuseumsquartier St. Annenがあります。ここには聖アンネン博物館と聖アンネン・アートギャラリーの二つがあります。

2019062214.jpg



ここも外から見るだけで通過。もっとも開館時間はとっくに過ぎています。リューベックの歴史を知るにはよいところのようです。

2019062215.jpg



また、教会です。聖エギディエン教会Ägidienkircheです。実に教会の多い町ですが、この教会はその中では比較的こぶりですね。

2019062216.jpg



もっとも近くに寄ると、煉瓦造りの素晴らしい建物です。ここも前を通過するのみ。

2019062217.jpg



教会を過ぎても、さらにまっすぐ進みます。通りの名前はバライアーフォール通りBalauerfohrに変わります。

ここまでの散策ルートを地図で確認しましょう。

2019062218.jpg



夕暮れの散策はまだまだ続きます。それにしても、このリューベックは1942年に大空襲で大きく破壊されたそうですが、とてもそうとは思えない美しい町です。戦後のドイツ人の再建への努力のあとがうかがわれます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR